2019年8月1日木曜日

ヘッドホン

梅雨も明け、暑くなってきました。これぞ夏。

いや~最近、長年使っていたヘッドホンがとうとう断線。悲しい。
壊れる時は続くもんで…。

ずいぶん長い間使ってきて 本当は同じもの、メーカーが良かったのですが
そのときは、、、

どうせなら、違うメーカーを探してみようと。

新しいヘッドホン到着。さっそく音を聴いてみました。

いや、もう、メーカーや用途によって特徴が違うのは
当たり前っちゃ当たり前なんですが
音が違いすぎて最初音聞いた時はびっくりしました。しかも音、最悪すぎ。

なんつーか
中音域~高音域ばかりが持ち上げられた、あの特有の音でした。
えっ なんで!?
…って感じで。もういろんなサウンドファイル聴きまくりましたけども。

夜寝られないくらいショッキングでした(苦笑)
我慢するか、、、いや、やっぱ我慢できない!!!!って感じでもんもん状態。。

コノヤロー、レビューもメーカーも当てにならねーじゃねーか くそったれ (失礼)
とか思いつつ

(一応フォローすると
 その某有名メーカーのヘッドホン、音質はそんな感じでしたけど
 音の分離がめちゃくちゃ良くて、細かい音などそれぞれ本当にきれいに聞こえます)


レビューもね、ヘッドホンなんだから装着感とか、外見の感想とかいらないんですよ
まず音質が知りたいのです。
自分は合理的な考え方なのでそゆうのは二の次でいい。

もうこうなったらいろんなヤツ比べてやる!!…とかひとり夜中怒りながら(笑)
いろんなヘッドホンを見てたんです。

ちなみに
自分が欲しいのは、フラットな特性でモニターできるものなら何でもいいんです。
特別なものが欲しいわけじゃない。
(それを選んだつもりだったのに)

おのおの録音された音の通り聴こえるものが欲しいだけなんですよ

Bluetoothとか、ハイレゾとか 別に今はいらないんです。
ちゃんとCDなりDVD、ライブなり
録音されたものが普通に再生される音のヘッドホンが欲しいだけ。

それで夜中、とても素晴らしいキャッチコピーのものがあって
ほんとかよ、とか思いつつ。 ←もう何も信じられない

(いや、最初に買ったヘッドホンだってまあまあの品質のものだったですよ)


もはや、何も信じられなくなってたので
本当なんだな、こんなコピーつけるんだったらちゃんとしてるんだろーな!!…と
半ば逆ギレ状態でもありつつ

(たかがヘッドホンでこんなにアツくなるなよってわかってるんですけども)

もうこれでまたダメなら、元のメーカーのものに戻そうと
あきらめ半分、期待はまったくせず。
ダメだったら、レビューで正直に「あのキャッチコピーは嘘の理由」とかって
事細かく書くぞとか思ってたんですが

実際今日届いて、試してみたら
思いのほかちゃんとしていて。一安心。問題解決。良かったようううう


今まで使っていたヘッドホン(2種類)と比べて実感として思ったのは
昔は数万していた音質のものが今は数千円から1万台でも買える、っていうすごさ。

ハイレゾがもう結構当たり前になりつつあって
音の分離も素晴らしくて、奥行きとか臨場感もすごいなあって思いました。

でも、購入の最後の決め手は直感。ひとつめ失敗したんで。
良かったヘッドホンは私には縁がないメーカーでしたが、結果選んで良かった。



0 コメント:

コメントを投稿