2020年9月30日水曜日

高尾さーん

 今日は天気が良いという予報を昨日見て、高尾山に行ってきた。


もう13,4年ぶりくらい。20代の頃はほんとしょっちゅう、遊びにいってました。

入口は変わってない。この写真を撮ったあと

足はケーブルカーではなく登山口に向かっていた。


なんて無謀。。


体力も自信がなくて、1~2年前には強く捻挫して

ゾウのように腫れ上がった両足首はまだ不安がある中…。

どうしようかずっと悩んでたくせに

「緑の中がいい」 反射的に登るほうへ歩いてました。


20代以来なのです、初めから登るの。歩き始めて30分も経たずに後悔。

もう歩くペースも休憩もきちんと考えないとマジでヤバイと思って

自分のペースで休みながら。

幼稚園の小さい子たちが登っていて、差をつけられ

私よりも目上の方々にどんどん追い抜かされ。

久々に体力の限界的なものを感じつつ、緑を見ながら登りました。

でも少し息を整えて足を休ませるだけでまた普通のペースに戻れたので

我ながらスゴイなーと思いつつ。


こんな自然の中にいたのは久しぶりです

平日なのに人が多かった。20代の頃はこんなパワースポットとか

なんだーかんだー言われてなかった高尾山。

今ではお店や自販機がたくさん。


でも、しばらく歩いて思ったのは、昔と基本変わってないこと。

新しくできたものはあるんだけど、山道の感じは当時と同じ。それもすごい。



今日久々にヒーヒーいいつつ 登って思ったのは
ケーブルカー発着の前あたりまでが一番キツイ。
こ、こんな急な坂ばっかだったっけ? て思ったもの。。

だからケーブルカー乗り場過ぎてからは、とても楽に感じて
わりとサクサク歩けました。私でも。

次回行くときは最初から素直にリフト乗ろう、って思った。


私はケーブルカーよりリフトが好きで
ケーブルカーは乗ったことなし。いつもリフトで眺めを満喫しながら
降りていくのが好きなので
帰りは今回もリフトで。


高所恐怖症の人はダメだと思うけど 久々気持ちよかった。


帰って来て 足の付け根がもう筋肉痛。足首も両方痛い~~~~

歩けなくなることが怖かったので 早々に帰宅しました。

(これは両足首捻挫したときに経験した。ほんとにコワイです)

でもあらかじめ、こんな体力のない私なので

準備とか、いろんな想定とか考えて。


楽しめたこと、緑を見ながら歩ける余裕もあったことで良し、です。


高尾山って確かに気軽に登れる山だと思うんですけど


今日、山頂付近、もう少しで頂上っていうところで人が倒れていて

心臓マッサージ受けてるところを見ました。心肺停止状態。

辺りは一定の電子音が響いてました。

そんな年配の方ではなかった。


私も同じくでしたが、、周りの人たちも助かるように不安げに見つめて

通り過ぎていきました。

自分が下山のときは「がんばれ!がんばれ!」っていう声を聞きつつ降りたので

助かりますようにと思いながら。


山なんで救急バイクは2台、到着してたんですが

救急車とパトカーが来たのは随分あと。下山中すれ違いました。


いろいろ気を付けましょう。自分も無理しないよう気を付けます。


それは脇へ置いて。


爽やかに晴れて、すごく気持ち良かったんです。

なにか気分転換したかった。

先週からなんか高尾山が気になり始め、でもなんだか予定が入ってしまい

ようやく行けました。