2016年5月14日土曜日

結果とか結果とか結果とか


つ、疲れた。

今日、やっと検査結果聞きに行きました。13日の金曜日だよ...

メモってなかったし、忘れそうなので
ギターと関係ないんですけど

(やる気には大いに関係あるけども)

見てくださっている数少ない方へと、自分のメモとしても
ざっと書いておきます。

えーっと 大病ではありませんのでご心配なく、気軽な感じで(笑)



まず自分がずっと思っていた通り、やっぱり貧血でした。
ただ、予想外だったのが重度の貧血ということで。

血液が普通の人の半分かそれ以下しかないので、身体に血液がまわってないようで
いつ倒れてもおかしくないので、輸血するレベルと言われました。

(今日は頼みこみ、鉄剤の注射も毎日するから、と帰らせてもらいました。。。)

なので、今日から月末まで
毎日雨の日も風の日も。。。鉄剤の注射を打ちにいくハメになりました。

身体が動かなくなる、とよくここでも書いていましたが
それも酸素が身体や臓器に行き渡っていないから起こる現象で
動悸や息切れも 典型的な特徴で

(動悸や息切れは循環器系の疑いもありますけれど、自分の場合は違います)

外出中、そういう事がおきて、しんどくて歩くのが遅くなったり
歩けなくなったりするのも、そういう訳だったと。
しゃがむとずいぶん楽になるんですけどね。

調べて自分なりに判っていたので
特に驚くことはなかったんですが

自分より、周りの医者や看護師さんのほうが
その数値の低さにずっと驚いてました。



貧血の原因はわかっていて、その治療も今月からです。

自分の場合は本来なら手術レベルらしいんですが (絶対嫌)
まずは治療から、ということで。
半年、治療を行って、経過観察です。

本当は検査結果聞きにクリニックにいくだけだったんですけど

ついでに、と薬が切れそうだったので
いつも処方せん貰っている個人病院へいっていつものお薬もらおうとしたんですけど

その話をしたら
データ結果持ってる?見せてって
長い付き合いのおじいちゃん先生に言われ

(これがまた本当に良い感じのおじいちゃん先生なんだあ)

見せたらすんごく驚かれて。こりゃ輸血しなきゃダメなレベルじゃないのと。

いつもはさっと世間話で終わるのに
たまには言うこと聞いて!って真剣に頼まれ

( すみません、いつも言うこと聞かなくて )

あまりにも目がマジだったので、おとなしく紹介状持って
近くの大病院へ行くことに。

まあ、そこで病院3軒目っていう、生まれて初めてこんなにハシゴしました。

3軒目でも、同じ事いわれましたけど
もう疲れてたし、買い物あるし、輸血は時間がかかるので
今回はなしで、と お願いしまして帰らせてもらいました。



いろいろと面倒くさくなりそうです。

でもこれを機に 周囲の人たちには優しくして貰おうとか
こすい考えを思いつきました (笑)


ギターは、ここ数日ほとんど仕事してて 弾いてないですが
まあ一区切りと言うとこで
また少しずつ、がんばろうと思います。




0 コメント:

コメントを投稿