2015年3月25日水曜日

バッキング


みんなが普通にやっていることが自分はなかなかできません

(あー否定形から入ってるって良くないな)

どうも4ビートに慣れなくて
慣れないっていうのは バッキングでのベースライン。
練習してくれているお相手には迷惑かけています

う~~~ん (苦笑) 難しい。。

今頃バッキングで苦しむなんて自分くらいだと思います。。。

慣れるしかないので結局のところ練習しかないんですが
なかなか進みが遅いのがなんともかんとも。

4ビートのイメージがしっくりくる曲もあったりして
そういう時は自然とそういうリズムになっていくんですが

そうじゃない自分の中のイメージの曲では意識しても4ビートのベースラインには
なかなかならなくてうーん、という。


それとは別に

最近、時々なのですがレッスンでバッキングのことを習ったりして
ものすごく勉強になってます。

ここのギター教室では、たぶんすごく珍しいかも。
ギターや歌とのデュオのとき、こういうコードでの進め方もあるよと
方法を教えてくれます。

もともとジャズをやっている人からすると普通のことでも
自分のようにゼロからはじめる人にとって
こんな有難いことはないんです、実際。

だってやり方なんか知らないもの!(笑)

(ちょー開き直り)


アドリブの方法論やテーマメロディ、コードソロなんかは
レッスンではどこのクラスもやるんですが

バッキングはあまり、というか今までまったくなかったので
やり方が具体的にわかって嬉しい。実際実践にも役立っています。

今までは
生徒さんに教えてって自分から言って
ベースラインの基本の動きから教えてもらったりしていました。

身につくのはもう少し先だと思うんですが
バッキングもアドリブとまったく同じように向上していけたら
いいなあと思います

しつこいようですが自分はバッキングが基本的にとても好きなので
本当に上手く相手に合わせることが出来て
相手が弾きやすいように、相手を乗せられるようになりたいのです。
相手あっての自分だから、です

いろんな変化やアクセントがつけられるくらい余裕で弾ける日が来るよう
がんばろうと思います

ってあらためて思ったのも

先日デュオ練習したとき、録画してみたんですが
予想通り、リアルタイムで感じてた通り
自分のバッキングはどうにも危なっかしくてもうなんだかがっくりでした ーー;

(バッキングだけじゃないんだけども)

急に上手くはなりませんが コツコツ頑張ろうと思いました

デュオ練習の時は 性格上ゆる~っとしてるため
ゆるゆるダラダラなのですがそんななか一部だけ。
自分ばっかミスってますがこれも実力。痕跡だけ残します
しかも試しに4ビートでって言われても
j自分は4ビートにはなってないし(苦笑)

このリズムは一歩間違うとズンドコリズムになるんで
ある意味難しいっちゃ
難しいかもと後から思いました。。。

ちなみにこの曲はバラード調でやったりボサノバで相手が弾いてくれたり
いろいろリズムパターンやってみました

録画してみてここのバッキングはこうした方が良いかも、というのが
どれも結構あったりもして
何にも考えてなかったので(余裕がなかったから)いろいろ考えてみようと思いました

がんばります






0 コメント:

コメントを投稿