2014年2月24日月曜日

焦ってもしょうがないけれど


あ~~~~~~

なんだか気持ちばかり焦っていた今日一日、です。
2月、ギターレッスンは久々の皆勤賞。 
すばらしい。

やっぱり連続で出席すると、前回からのこと、次回のことが明確で
良いなーと思いますが
どうしても体調不良、バンドと重なる日、なんかがあって
出たくてもでられない時があります。

そして
春に向けての課題曲が・・・・
前回までは、これをやりましょう、といってたのに
突如変更に。

その変更になった曲は
因縁、、、おっと(笑) 様々な思い出がある曲で ^^;
も~~~~
思い出しちゃったよ、当時のレッスンのこととか。。。

先生にとっては、なんともなくても
当時言われた自分にとっては すんごく鮮明に残ってるんだもんね!
( 当時も今も同じ先生 )

格好良くいえば り、リベンジってことになります ーー;
前回は落とされたから
今回は、やってやると気持ちだけ。^^;
気持ちは、ですよ、気持ちだけ。。。


難しいんですよー まだ自分には。
はあ。。。
でも、こつこつと がんばります。

・・・・と この課題曲だけではなくて

今は他にも弾きたい曲、練習しないといけないこと、
理解したい内容とか
いろいろと他にも わんさかあって
なんだか 気持ちばっかりが焦ってる感じです。

昨日、レッスン後にさくっと行った飲みで
偶然、違う先生のクラスの生徒さんと話す機会があったんですが
21歳でまだまだ若いのに
いろいろとすごかったです。

見習わないとなと思いつつ
今の自分には、まだまだ先のことで
今やるべきことをきちんと段階を踏んでやらないと、という気持ちも同時にわいて
ヒジョーに複雑な気持ちでした。

その21歳の若い生徒さんから
発表会のときのかな、、、
バッキングを褒めていただきました。素直に嬉しかったです。

自分はバッキングで特別なコードとか難しいことは
正直、何もしていないし、できないんですが

以前のセッションで、自分の中で意識があらためて変わったのがありました。
直接習っている先生ではない、別の先生とのセッション時。
これが自分の中では今も とても大きいです。

自分がたどたどしくソロを弾いているときの
あの背中を押してくれる感、とか
安心感、とか

バッキングって相手に合わせる、邪魔をしないというのは
もちろんだけど

相手を励ましたり、乗せたり、そういうことも実際できるんだと
自分が体感したことで

( あのときは、
  もうこの際思いっきり弾け!、とバッキングで言われたように感じた )(笑)

それ以来
誰かがアドリブを取るときは
誰とか上手い下手なんて関係なく 全身で合わせようと思うようになりました。

もちろん入れどころ、抜きどころを悩むことはたくさんあって
自分が上手いとは正直、さらさら思ってないんだけど

邪魔をしない、という当時言われてたので
最初の頃は、そういうものなんだ、弾かないものなのか、と
そういう意識だったんですけど

( そう誰もが言っていたので )

今は
邪魔しない、ということより
相手の音に上手く混ざることができるよう
どんどんのってソロを取ってもらえるよう、、

そういう意識に変わったかなという感じです。

もともとバッキングやカットは大好きなので
こういうことも、本当に上手くなりたい。

アドリブは、、、とにかく今は基本をきっちり。
それに尽きると思います^^;







がんばります・・・・。


そして
初めて公開するんですが、今やってるバンドの練習風景。
まだまだ、まだまだ
バンドの課題はたくさんありますが・・・・・
お暇があるかたはよろしければ聴いてやってくださいませ。




0 コメント:

コメントを投稿