2014年1月25日土曜日

ペンタトニック


最近、というか ここ数日ですが

よく聴いて 覚えたいなって思っている曲。



こういうの、やっぱり好きだ、と再確認。

前回のライブでこれを演奏していらして、すごく良かったなというのがありまして。

Sugar とかにも同じような雰囲気を自分は感じてるんですけど
自分はこういうタイプの曲が

ジャズ、とかジャンル関係なく
弾く、弾かないにかかわらず 好きなんだなあと思いました。
すごーく惹かれます。

ペンタトニックも、こういう使い方があるんだ、とか
思ったり。

ペンタトニック、っていうと
ジャズのイメージは 薄いと思うんですけど

使いどころとかによって もの凄く格好良いと
自分は思っているのですが
まだまだ、上手くは使えません、、

最近はまたペンタトニックの位置をあらためて確認したりしていますーー;

それから ここ数日のことなんですが

サムクックを何気に思い出し
曲を聴いていたら
ソウルのあるサイトで、A Change Is Gonna Come の記事を拝見して。

無性に弾きたくなって
聴きながらコードを拾って、テロテロと弾いていました。

これも歌のメロディが、ペンタトニックが多くて
コードに合わせて弾いていると、すごく夢中に。

まだベースラインを入れながらとか、コードメロとか
難しいことは弾けないですけど
この曲も、やっぱり自然に入り込んでしまう感じになります、、、

弾いていると
自分の場合は あの唾が飛んできそうなライブ盤、、のを思い出すんですが
あの迫力は、、、と思います、。

A Change Is Gonna Come http://www.youtube.com/watch?v=gbO2_077ixs


これはライブバージョンではありませんが
( ざっと探したけれど見つからなかったもので )

この曲にまつわる話は、いろんなところに書いてあるので割愛しますが
音楽だけでなく、様々な方面へ飛び火していることは有名です、。


あれ、、、なんでこんな話に ^^;

そうそう、最近は だから ペンタトニックって
あらためて使うと すごーく格好良いな、と思ったのでした。

一時は、本当に使わないままだったので
( とにかくジャズに慣れるため )

特にここ最近は そう思えるようになりました。











0 コメント:

コメントを投稿