2013年11月25日月曜日

路上見てきました


こんな時期に風邪ひいてしまいました ーー;
でも もう治りかけているので 大丈夫!

ずいぶん前から 一度演奏を観てみたい、と思っていたかたの
路上ライブに行ってきました。

本当に半年以上(笑) 観るタイミングが合わず。
路上なので
都合が付いて 見に行こうかなーと思っても

雨天中止とか 諸事情により中止、とか 留学、とか


仕方がないですね ^^;


もちろん いろいろなお店でも演奏されている方なので
お店に行って聴きに行けば良かったのですけど
どうしても 路上が観たかった。

演奏は やっぱり想像していたとおり とても良くて
最後まで 楽しく観ることができました。

路上の場所は
商業施設の前で 道も広く 人通りも多いところなのですが

それでも
人の足を止めて 聴かせるっていうのは
本当に難しいのだな、と思いながら。

今回の(いつも、かなー)
ライブの編成はギター、ドラム、ベースのトリオ編成。

数分聴いていて

ドラムにしても ベースにしても ギターにしても

ひとりでも
存分にグルーヴを出せる人たちだなー、っていうのはすぐわかり、、

全体のリズムのうねりとか、波とか
そういう大きなグルーヴが出てくると

あっといまに 大勢の人が立ち止まって 聴いていく、という感じでした。

MC、とか 曲の合間、曲の始まり なんかだと
やっぱり どこもそうなのかな、と思うんですが
立ち去る人があって。

でも、全体的にはたくさんの人が足を止めて 聴いていっていました。

リズムがうねって、ゴムが伸びたり縮んだりするような
グルーヴを出して演奏する、って
やっぱり大事なことなんだな、と思いながら、。

もちろん それだけじゃなくて・・・ ということも 
じゅうぶん解っているんですけれど

足を止めさせる何か、っていうことでいえば

それは やはりまずリズム、なのかな、と
個人的には感じながら聴いていました。


さあ 自分も練習しよー ^^;












0 コメント:

コメントを投稿