2012年12月18日火曜日

持っているリズム


こんな深夜に起きてる自分、ってば、、。
…というか、チョイお酒も入っているので(笑)
書き留めておこうかな、って~~

最近久しぶりに飲んだワインが思いのほか美味しくて
ワインを堪能中~~
ビールより、お腹いっぱいにならない、っていうのもある。 るらら~~~♪

( 酔っぱーです 若干 )

最近、リズムで考えること、音階で考えることが多し、、。


特にリズムとか、アクセントは、、、矯正って、自分にとっても、すごく難しい、、、

時間がかかる、ことかもしれない。


先日のレッスンでも、先生からも生徒さんからも言われたんだけれど
自分のアクセントは、どうやら、裏に入ってないようだ、、。

悲しいことに、、自分で、それが、、、どこがどうなのか今ひとつ、わからないので
どうしたらいいものか、途方に暮れたりしている、。

そう、、、

自覚、っていうのが、自分の中で いまひとつ、ないから
どうすればいいのか、さえ、っていうのが正直なところ、。

自分のリズムは、、、
すごく、好きな部分もあり、すごく嫌いな部分もある、。

先生は、ドレミファソラシド、を  「 ど  み ふぁ そ  し ど 」 、って
練習するといい、って アドバイスしてくれた、。
これが、なかなか 難しい、。
裏の練習、、。

音階的なことは、、、まだちゃんとできない、にしても
きっと、、時間をかけて、でも
きちんと理解することができれば
ジャズの音、音階、になっていくと思うのだけれど

リズムは、、、
その人がもともと持っているもの+後天的な、聴いて馴染んだ音楽、
みたいなものがあったりする気がして

矯正は、、頭では判っていても
現実として、一朝一夕には いかない、、、。

きっちり直すのは、、、リズムに関しては、自分が思うに
音階的なことよりも
相当時間がかかる気がする、。

、、、で 自分で考えてみたんですが

ちょっと アクセントを消してみようかな、って 思った、。
表にアクセントがきてるようなので

それをなくして

できるだけ 自分のイメージだと 平坦にできるだけ
一定のタッチで 弾いてみようかな、って。
リズムは、そのままで、、。

それで、どういう感じになるのか、試してみようと思う、、。


あるデュオの演奏をYou Tube で聴いていて
ああ、これがジャズのアクセントなのかも、って ちょうど 思っていたりしたところに、って
感じだった、。

これこれ。 ちょうど、たまたま見かけて、いいなあ、って思ってた。↓

THE DAYS OF WINE AND ROSES • FLORIAN POSER (vibes) & MARTIN FLINDT (guitar)


確かに、このギターの人と アクセントやリズム、、比べると
自分のは、ジャズじゃなーい、って 思った、、。



、、、っていうか、、、ちゃんと 自分のギター、、、自覚できるようになりたいよ、、。


いまだに 何のギターか、も 判らないし
ジャズのリズムになってきてるか、も わからないし
自分のギターを聴いた人が 実際どう思ってるのかも、正直、よくわからん、、、。

ただ、下手、っていうことは 自分でよーくよーくわかってる、。


せめて、、、自覚ができるようになりたい、、、。
人から言われて、じゃなくて、。

自分のギターがどういうのかわからない、なんて
本当に 人生初、だと思う、。

まあ、、、それくらい 苦しんでますー(苦笑)

でも、きっと この先 練習していくと わかってくるんだろう、って
楽観的な希望も、持ってます、、。 ーー;

残りの人生も限られてるし
いつ ギターが弾けなくなるやもしれないし ーー;

若い人に比べると、時間もないから(笑) がんばらなければ。


持っているリズムやアクセントを変えることは 困難かもしれないけど
できるだけ、いろんな人のをよく聴いて
勉強していければ、って 思う、。


がんばろう。


そういえば、、、最近、はなちゃんが
夜の遊ぶ時間になると

おもむろに自分のところに、ステステ…と来るんですけど
たいがい、そういうときは自分はギター弾いていて

はなちゃんいわく、

「 そろそろ、じゃないの? 」、っていう顔つきで 真正面に来て立ち上がり

私の右手(ピック持ってる手)の甲に、手をパシッ、
もう片手で、弦を押さえるように、パシッ、っと

( 頭良すぎ… )

要するに、私がこれ以上弾けないよう、両手を使って、手と弦を押さえてきます、、(笑)

弾くの やめなさいよ、って 感じ? ^^;

あまりにもカワイイのと(笑)

手と弦、押さえられると 実際、弾けないんで ーー;
はなちゃんのストップ、に 素直に応じます、、。


か、かわいすぎる、、、。

  ↑ 親バカ。











0 コメント:

コメントを投稿