2012年10月31日水曜日

デュオ

もう、今日で10月は終わり、
明日から11月、、、 早い、、早すぎる、、。


先週末、またテナーさん、と スタジオ入ってきました。

お互いが続けたい、と思う限りは
今後も出来るペースで続けて行きましょう、となり、。
どこまで続くかはわからないけど
やる以上は がんばろう、と思う。

前回は、なんとなく 曲をやり 
相手がどんなふうな音で どんな感じで来るのか、みたいな
ある意味 やりたい放題のセッション、みたいな感じだったんですが

今回は、曲の中身の構成、とか 曲の入り、とか選曲、とか
事前にやりとりしたり スタジオで話しながら、。


デュオは、今の自分にとって ものすごく勉強になる、。

リズム隊がいるときとは違って

バッキングもソロも、、、

ちゃんとここは 拍の頭を弾かなければいけない、っていう所もあるし
アルペジオが似合ってる部分や、そういう曲もあったり、。
流れるように、とか 逆に音を切ってメリハリ、とか相手の音を引き立てるように、とか

ちょっとしたオブリやベースも、入れどころ、みたいなのがあったり、。

ソロも、ここはちゃんとコードを鳴らしたほうが締まる、とか

曲の入りなんかも、、、
既存の曲のアレンジ通りじゃなくて

ギターから、、ギターだけ、、のほうが雰囲気がある曲、
テナーからのほうがしっくりくる曲、、

もう、あげたら、きりがない、くらいだ、、。


そういうのも、、その場の雰囲気で変わったりもするから
結局、そういういろんなところの
曲の中にある、それぞれの「 キモ 」、みたいなものを押さえながら、、
相手の音を聴きながら、弾かないとダメで

結局は、いろんな技術が向上してこないと、あっ、と思っても
瞬間に対応は出来ず、。 か、かなしい、、、。


最近は
ベースライン、とか、コード弾きながらソロも流れるように
弾けるように、とか 以前よりいっそう、練習してて、。

うう~~~ でも 先日のスタジオでも
ソロで突っかかって あああっ!!!悔しい、もうっっ!!!、、、ってなり (苦笑)

すぐに技術は向上しないけど 未来に期待してください、と
サックスさんにはお願いしておきました、、。ーー;


流れるように、ゆったり、軽やかに 弾けるようになりたいよ、、、。


曲、、テナーさんも ソウル詳しいし、大好きみたい、なので
ソウルの曲、なんかも少し、やっていて

ジャズの曲は、、自分が知ってて弾ける、もの、を、、

( 数えるほどなんですけどね、、 ) ーー;

なんとなく弾き出すと
たいてい、あわせて吹いてくれます、。


技術的には まだまだだけど
リズムを出す、テンポを消す・出す、また消す、みたいのは
お互い、わりと自然に、、することができるので
音的、な相性、みたいなものはいいのかな、、、と 感じてます、。


ソウルの曲は、、、好きな曲、が
デュオ、でやるのに合ってる曲、とはならないので
いろいろ想像しながら、聞き返したりしてます、。

コードも、聞きながら 拾っていくと
思いのほか、習った理屈に はまるような発見があったりして
面白いです、。

理屈、自分はまだまだ中途半端だけれど
これ、ちゃんとわかってたら
コード拾うの、数倍ラク、かも、と痛感した、。


そうだ、、、

自分は、管楽器に対しての知識がほぼ、ないに等しいので
いろいろな話を伺いました、。

やりやすいキー、なんかも教えてもらって、。
ジャズの曲は問題ないんですけど

ソウルの曲は、そのままのキーではやりづらいのも出てきたので
これからは ちゃんと移調して、コード譜を渡さないと。

( うう ごめんなさい~~~ )



がんばろう。







0 コメント:

コメントを投稿