2012年9月8日土曜日

萎縮も緊張もほどほどに


も~~~~~
他人事なのに、、

なんでわたしがムカムカきてんだかっ!!!…って、。


昨日、本当に久しぶりにライブを見に行ってきた、。
考えてみたら
8月は、、ライブもセッションも 行くことなく、。


昨日は朝っぱらから用事が立て込んで
ただでさえ、体調がいまひとつで、、、

用事を一気にすませたら疲れ果て、、
気がついたら座りながらうたた寝してて

ハッ、と起きたら もうこんな時間、て あわてて支度をして
久しぶりの生演奏だ、って 楽しみに思ってたのに。

お店、入り口前の、階段を下りたときから 
演奏の音が聞こえてきて

すこし階段で 足をとめて 聞いていたんですけど
、、、やっぱりか、と ため息でちゃった、。


ライブはデュオ演奏、大ベテランのベースと 若手のギターの組み合わせ、。

もう階段で 音だけ聞いて いつもと違う音、。

ベースのかたは、もう何年も前から拝見してて。
ギターのかたは、昨年あたり、かな、一度拝見させていただいてて。

完全に ギターの音が 萎縮してて、。
ベースのかたは、そんなギターのかたを気遣ってて、。

そんな演奏が 下から聞こえてきてた、、。


いろんな状況や いろんな、、その場の雰囲気があるので
一概には言えないけれど

昨日のは、、、

そんなに怖いのなら この仕事断れば良かったのに、です。
最初は、違うギターのかたのお名前が出ていたから、。

自分のことは、棚という棚に ぜーんぶ上げておくのだけれども ーー;


萎縮しちゃうと、本来の実力の半分も出せなくなっちゃうし
ギターのかたは 一度以前にも 演奏も見ているので
本当に、それがよく判ってしまい、。

ていうか 観てる人全員に、そういう空気、って 伝わる、、。

もっともっと弾ける人なのに、って、。
演奏中、、そのひとは 萎縮しっぱなしで、、
ずっと イライラ、ムカムカ、しながら 聞いてた、。


そういう雰囲気のまま、、、ワンセット目が終わり、、

ギターのご本人に

もっと弾くでしょう、男なら覚悟決めなさいな、って 言っちゃったよ

( 本当なら演奏する時点で覚悟して欲しいけれども )

( ホント、余計なお世話だよね )


こんなシロート客が何いってんだ、って思うでしょうねー

でも、怒りはエネルギーになるから
それでムカついてくれても 良かったんだけど

ぼくなんて こんなもんですよ、って。

ヘーキで平静を装って 言うもんだから

、、、本当に 頭にきた、。


演奏見てて 自分が何より 頭に来るのは

「 オレ、って上手いだろう 」 的な演奏、、、

昨日みたいな、、
何したいんだか よくわかんない中途半端な演奏、、、

( これは本来の実力が 萎縮とか、極度の緊張のせいで消えてるんだと思う、、。 )


あと、、 オレはカンケーねー みたいな 人を突き放した演奏、。



覚悟、っていうのは

先輩の胸を借りる、っていうか 失敗してもともと、っていうか
思いっきり どう思われようと 自分の演奏をする、っていうか。

昨日の場合必要だったのは 覚悟と 開き直り、だった、。


だって 何週間も前から 決まってる仕事なんだからね、。


いざ弾き始めたら、年齢も性別も関係ない、ってよくいうけど

もし、技術や経験の差があるのなら
相手は、きっとカバーしてくれるだろうし、励ましてもくれると思う、。

少なくとも、昨日のベースの人は、いろんな状況で
そうしてくれてた、。

だから、思い切り、弾けばいいのに、って 見てるほう からは、、思った。

( 中には突き放す人もいるけれどね でも昨日はそうじゃなかった。 )



、、、もう、このギターの人の演奏を見ることはないな、、、


やっぱり 人間なので 
演奏側にも いろいろ 言いたいことは あると思うけれど

聞くほう、も やっぱ 人間なので

一生懸命、とか 思いっきり、とか
自分らしく演奏してくれることが 一番 聞いていて 良い気持ちになります、、。


演奏する側は 簡単に ぜひ見に来て、って いうけど

この不景気の中、、、

みんな、、 身銭をきって

時間をさいて 聞きに来てくれてるんだ、っていうことを 自覚して欲しいっす、、。


あああ ホントは もっと言いたいことが 山のようにあるんだけど
一応 公共の場、なんで
もう やめときます、、、


昨日は、、

イライラは さらにイライラを呼ぶのか

飲み物のコースターがカビだらけで マスターに
こんな不潔なもの、お客に出しちゃダメだよ、飲食業なんだから!…って
注意したり

となりに途中から座ったお客さんが
自分の自慢話ばっか、し始めたので

早々に 店をあとにしました、、、。









0 コメント:

コメントを投稿