2012年6月13日水曜日

今頃になってⅡ-Ⅴ

あいたたた、、、 ><  !!!

最近、、コードならして コードトーンもしくは そのスケール弾いて
クロマチックアプローチ、とか コツコツ、やってて、。

さっき、気づいた。

Ⅱ-Ⅴフレーズ、って
クロマチックアプローチの組み合わせ、だったのね、、?

先生がわかりやすく よく説明してくれてた

「 通り過ぎパターン 」、とか


「 パンのあいだに 肉、野菜、 」、、、とか

↑ この意味は イマイチ わかりにくい、、、先生には内緒だけども ーー;


なんか、テロテロ 根気強く やってて
はじめて 気づいた。

2度5度の、、、、
そ、そうなのね、、そういうことだったのね、、、 ーー;


あの、、自分は形として、音として 覚えてたので
そのまま 今まで 通り過ぎていて

形として、しか 覚えてなかったので
よく、音を弾き間違えたりしてた、、。

にゃるほどー そっかー

( 1年半にして これだ )


ここ最近、あー、弱いなあ、って思うのは

特に1~3弦、音がどこにあるか、とっさにだと すごく迷う、こと、。

フラットがつくと コードはまだいいけど
単音は、やっぱり一瞬、迷う。

せめて、、よく出てくる A♭ B♭ D♭ E♭ 、、は 覚えないと、。

コードを鳴らして コードトーン弾いて、を 繰り返し、繰り返し。

たまたま 聴いた曲だったのですけど
とっても、いいなあ、って 思ったのが
Everything Happens To Me 。

見たら 黒本にも載っていて スローなジャズらしい曲。

Thelonious Monk - Everything Happens to Me

今日は、コレばっかり 弾いてました、(笑)

この曲も、今までみたいに ならしっぱなしにして
ただ、合わせて弾くんじゃなくて

曲は止めて
コードを鳴らして、コードトーンやあうフレーズやら、、
そういう練習に 変えてます、。

テーマは毎度毎度、ほったらかし、なんだけども、、ーー;

スローテンポでも ゆっくり、というより 
ゆったりと 音符ギリギリまで広がって弾けるように、。

で、、煮詰まる、、というか 
そういうの、が 窮屈、になったら

最近は コンファメーション、がんがんにかけて
ただただ 弾きまくります、、。

( ダメじゃんっ!!!! )


これ、、、よく行くお店のマスターが
チャーリーパーカーは 必須アイテム、みたいなことをよく言ってて(笑)

根気強く 自分がお店にいったときに よくかけて下さって
あるとき、フッ、と(笑)

、、、、、やっと チャーリーパーカーが聴けるように、、(笑)

( マスター ありがとう )


、、、なんでコンファメーションなのか、というと

以前聴いた、大御所先生のアルバムの中にこれと同じ?
タイトルは違うけど
そういう曲が入っていて 一発で好きになって。
大元は、チャーリーパーカーのコンファメーション、って書いてあって。

この曲の雰囲気が大好きだったのと
今やっているクロマチックフレーズに たまたま合わせてみたら
よく合ってて、いい練習になったから、。

これもテーマ すっ飛ばしてるけど、、、ーー;



まだまだ、、今更気がつくパターンが ありそうな、、、 ーー;

、、、がんばろう、、、。







0 コメント:

コメントを投稿