2011年9月30日金曜日

最近ジャズばっかなので

ここ最近、ジャズしか聴いていないことに はた、と気がついて

無性に泥臭いソウルが聴きたくなり、、

O.V.ライトさんとか、ダニーハサウェイさんとか
ボビーさんとか、、
本当に久しぶりに聞き返していました。

やっぱり、、ソウル、大好きだ、。

なんか そう実感した。

いつか、グルーヴたっぷりのバンドができたらいいな、と思いました。

先日、1年前のメンバー募集記事を見て
コンタクトしてくださった方がいました。

考え方がとっても似ていて
今後やろう、やりたいなあ、、と漠然と思っていたことが
そのまんまその方の考え、として書いてあって

同じような考え方をする人がいるんだー、と 少々驚いた。

すごい、かも。

まだ、自分はジャズギター自体わかってないし
自由に弾けないし
今までのギターと混ぜ合わせることもできないし、で

もう少し、時間が経って
ギターがこなれてこないと、たぶん、、
何の曲も、弾けない、。

泣く泣く、あきらめた、。

最近のギターは、、

先週から、風邪ひいてしまって、あまり長い時間弾けなかったので
指が、またニブくなってきた、。

やっぱり、毎日聴いて、毎日弾かないと
どんどん、忘れる ーー:

前からやっているスケールは、少しずつ覚えてきている。
素直にうれしい。

やっぱり練習した分だけは、進んでいく感じだなあ、、

練習、練習。


最近のYou Tube フレンドさんや、アマチュアバンドでのカバー、
いくつか、いいなあ、と思えるものを
思い出した、ごく一部なんですけど
3つ、ピックアップしてみました。

アマチュアだけど どのバンドの方々も、とても良い演奏しています。



David Ary I'm In Love 2
ボビー・ウーマックさんでお馴染み。本当にボビーさんは名曲たくさんです。

このバンドも、ギターのおふたりのカラーがそれぞれで
ソロも個性が出ますネ




Freaky Velvet - Bad Girls (cover)
 


ドナ・サマーさんのカバー。

原曲はすごくカッチリしたディスコ、ですけど
こちらの演奏は、もっと揺れてる感じで、これもとっても好きです。


Give Me Back My Wig, written by Hound Dog Taylor

こちらは、ブルース。ブギー、疾走感があって演奏上手いなあ、と。


こうやって見てると
バンド、って 誰かひとりだけ上手くても、ダメな気がする。

全員がそのグルーヴに乗っかっていけるか、
まとまり、っつうんでしょか(笑)
そういうのがあると、やっぱり、耳がその動画に止まります。

そして、、

むこうの人々は、みんなリズムがちゃんとしているので
とても聞きやすいです。

どの動画も、リズムが立体的で、素晴らしいです。



わたしも、がんばろう。

0 コメント:

コメントを投稿