2011年8月13日土曜日

落ち込んでるヒマはない

今の自分を ありのまま直視して、認める、って

意外と難しい。


セッションした翌日は

がっくり落ち込んで、ギター弾く気力もなかったけど

もう切り替わった。


弾けない、ってことを自分の中で完全に認めることができた。

弾けないんだから、しかたない。

要するに、ヘタクソ、ということだ。


でも、自分次第で、未来もヘタクソなままか そうじゃない日が来るか

今はヘタでも、先はわからないから

あきらめずにがんばろうと思った。



コードが弱い、

ソロとコードがちゃんと結びついてないから

キーだけで弾いてしまうクセがある、

せっかく覚えたスタンダードのコード進行をすぐ忘れる、

他にも 正直、欠点は、満載だ、、、ーー;


これでセッション、なんて、無謀すぎる、、、。


自分を必要以上に卑下する気もないので

今の、、今現在、の 自分の良さを唯一 あげるなら

リズム、だろうか。


特にここ最近、ある曲のある部分に限って特に感じるけど

まるでそこにいるような錯覚みたいな一体感を感じたり。


ここ最近、良く弾いて指も動くようになってきたこともあって

若い頃とは、また違った感覚を体感できるようになった気がする、。


だけど

メイシオグルーヴ、には ほど遠い(笑)


メトロノーム、使った方が良いよ、と言われたこともあるけれど

今の自分は

自分のリズムを確認するために

音楽ソフトで録音したりすることはあるけれど

ほとんど今はメトロノームは使ってなく。


良い、悪いは別として

今は、これでいいのだろうと思う、。

また、この先、規則的なテンポでの練習が必要になるときがくれば使うと思う、。


発表会、、そして、先日のジャズセッション、、

どちらも、ベース&ドラムはプロ。


プロに相手してもらえるなんて、そうそうない。

ありがたい経験でした。


落ち込むより、ラッキーだと、感謝すべきだ、と いまさら、。


プロのリズムに対しての反応は、本当に早い。

初めてご一緒させていただくにもかかわらず、本当に凄いな、と。


ドラムの人から「音、よく聴いてるね」、と言われたことが

何より自分にとっては嬉しく。

それを励みに、もっと、がんばる。



ジャズだと、スイング?

…でも なんか自分らしくないので(笑)


もっとドライブ、もっとグルーヴだ。








0 コメント:

コメントを投稿