2011年7月3日日曜日

感謝とありがたさ

先日、ギターとベースのデュオを見に行ってきました。


素朴に、ギターとベースだと、

ギターはどんななのだろう、という 好奇心と

( デュオは見たことないので )


あとは、今通っているレッスンの、、

直接教わっている訳ではないのですが


レッスンを主宰されている、元締め大先生のギター、と

先日発表会でお世話になった、ベースの方と

おふたりとも、見たかったから。

( 4月の発表会は、プロのドラムとベースさんを呼んで行いまして

  そのとき弾いてくださったベースの方、です )


場所も、めずらしく池袋、ということもあって近かったので

ひとりで聴きに行っちゃいました。

( ひとりなら、予約無くてもねじ込めるだろう、と思って )


演奏は、さすが、で 見に行ってホント良かった。


ギターの先生は、技術の素晴らしさは当然、ながら、、


一音、一音、に とても深みがあって

これは、人生経験の浅い若造には 絶対出せない音だな、と

素直に感じ、、


自分も、もっと歳取って、こんな音がだせたらいいな、って。

それから、コードワークも素晴らしかった。

演奏の緩急の付け方、、



でも、何より、最初の挨拶では

「 今日は気楽に行きましょう 」…なーんて言ってたのに

結局、始まってみれば 全力パワー全開で演奏していて(笑)


こういうところが、何より自分は好き。

大ベテランの心意気、っていうのでしょうか、。


ベースの方も、途中 目を閉じて演奏されていて

曲に深く入り込んでいる姿を何度も見ました。


ベースの方、まだ若いのですけど

すごく可能性を感じました。

個人的には、とっても好きなベースのタイプです。


それは、発表会でご一緒させていただいたときにも

リアルタイムで感じながら ご一緒させていただきました。


演奏聞くだけ、と、

一緒に演奏するのと、では また感じ方、少し違うのですよね



発表会の時、、


こんなヤケッパチの気持ちで弾いていても

やっぱり自分は無意識でベースとドラムを聞いていて

わたし、ちゃんとリズム合わせるから、こっち見て!

、、っていう気持ちで ソロ弾いたの覚えてます。


( ソロ初めになったら、テンポが少し上がって、私が遅れ気味だったの )



さすがプロ、やっぱりちゃんと反応してくれるのが判って

すごくありがたかった、。


特にベースの方は、余裕のない自分に合わせてくれてるのが

ひしひし伝わってきて

こんな初心者にあわせてくれて、優しいなあ、って 思いながら

演奏してたのをいまだに覚えてまして。



以前、友人が

大ベテランで素晴らしい演奏家ほど、フレンドリーで

誰にでも気さくなんだよね、と

言っていたのを思い出したんですけど


ギターの先生もベースの方も、本当に気さくで話していて楽しかったです。


あっ、ベースの方には、先日(発表会で)は お世話になりました、と

お礼が言えて良かったです。

演奏後、次々他の演奏が続いていて

ろくろくご挨拶できなかったので(笑)



そして、この池袋のお店の名前は、モンゴメリーランド、というジャズバー。


私も知らなくて、今回初めて伺ったお店だったのですけど

その名の通り、ウェス・モンゴメリーが大好きだという

超ジャズに詳しい(当然か…)

マスターがいらっしゃって


また、そのマスターさんも

ジャズはまだわからない、という自分にも、、親切で優しかった。


自分は、ジャズは本当に知らなくて、ジャズギターも始めたばかり、という

話はあらかじめ していたのですけど


少し前のブログでも書きましたが

偶然見つけた、モンゴメリーさんの「 No Blues 」、


ちょうど、今レッスンでブルースやってて キーも同じで

リズムが素晴らしくてずーっと聞いてて、

結局その曲が入ってるアルバムも買っちゃいました、、

という話をしたら


これでしょ?、と アルバムジャケットを見せてくれて


「 そうそう、それです、でもブルースだけじゃなくて全曲素晴らしかった 」

…と言ったら


これはねえ、名盤のひとつなんだよー、と教えてくれました、、。


、、、全然知らなかったけど、、素直に納得。


だって、本当に全曲、良かったもの!


いまだに毎日、一曲ずつリピートさせては、それにあわせて

ギター弾いてるもの。


一緒に弾くと、聞いてるよりもっと、リズムの凄さがわかる感じ、。


そして、、、


適度に酔っぱらってる自分に

ハイ、これ、と

マスターさんから フルアコ渡されまして。

ゼイタクにも、アンプにつなげてくださって。


ええー、こんなに高そうなの、私なんかがいいんですかー、と

さりげなく断ろうとも思ったのですが

気がついたら、じぶんの家、感覚で弾いてた、、 ← 記憶が飛んでいる箇所がある。


ただ、自分は習い始めたばっかですー 何にも知らないんですー、って

ちゃんと最初に断りは入れたんだけど、、、


そして、覚えてるのは、、


フルアコ…

ボディが厚いので、抱えるだけでも、タイヘン。

指板が遠い、、。

そして、何より、身体にボディがゴツゴツ当たってイタイ… ーー;

( 私、ガリなんで… )


しかも、弦高がえらい高くて、弾きにくい!


マスターにも言ったんですけど、、


女性は、胸が邪魔で、抱え込んで弾きにくいのです、、

( 女性なら、わかりますよね~ )


たとえ、平らな胸でも、、(笑) けっこうイタイんです…(笑)


でも、高い位置で弾かないと、きちんと弾ききれないので

ボディが斜めに、、、。


それでも 弾いてたら

けっこう弾くじゃなーい、と言われ、、


マイナスワン、かな、なんか、カラオケの曲をかけられて

この曲には、テーマがあってね!、って

テーマを一音ずつ教えてもらい、、

レッスン状態へ、、。(笑)


ハイ、2回繰り返して、あとは自由だから、って。

じゃあ、いくよ、と曲かけていただいて。


そして、ちょっと気を抜くと ついついマイナーペンタ突入、

するとマスター、

「 ハイ、マイナー弾かない! メジャースケールで! 」とご指摘受け。


本当に、翌日、よくよく思い出してみたら

ちゃんとギターレッスン受けてました。  ふふっ


なんだか、ありがたかったなあ、って 本当に思いました。


いろんな人が、いろんなことを教えてくれるありがたさ、っていうのは

本当に嬉しくてありがたくて 感謝しきれない、、。


ジャズ判らないけど、なんか、ジャズやってる自分の周りの人、

みんないいひとばっかりだ、。

幸せです、。



先生、ベースの方、マスターさん、ママさん、知らないお客さん(笑)、、

本当にありがとうございました。


ギター、自由に弾けるよう がんばります。

0 コメント:

コメントを投稿