2011年5月28日土曜日

今はコレ!

この間のレッスンのとき、、

何気にリズムバッキングの話になり。

自分が何も知らないことも、先生は知っているので、

先生が、マイルスと一緒にやっているウィントン・ケリーを
聴いてみたら良いですよー、と言われ、。

数日後、録音にその言葉が入っていたので
さっそく、You Tube で検索。

winton kerry で検索すると
マイルスデイビスさん、じゃなくて
ウェス・モンゴメリーさんとの映像ばかりトップに出てきまして。

まーいっかー、と 動画タイトル見ていたら
「 Blues 」 の文字が。

今、ちょうどブルースをやっていることもあって
興味を惹かれ、、
聴いてみたら、すんごくヨイ、。

何より、今自分が勉強してるおかげで馴染みもあり。

ライブアルバムからの音源みたいなのですけど
このアルバム欲しくなった、、。

聴いて、うわー、ってなって

ちゃんと弾けないくせに なんなんですけど(笑)

それに合わせて弾いてみたら

キーもF、で同じブルース。
なにより、ウェスモンゴメリーさんのギターのリズムの
素晴らしいこと!

( いや、ギターだけじゃなく皆さんすごいんですけど )


自分はふだん、あんまりギターには耳は行かないんですが

ギター音がやっぱり大きくて
否が応でも耳に付く、のと

リズムが素晴らしいので、こう、弾けなくても
一緒にリズムを合わせて弾いていたりして

たまーに、偶然、映像のリズムと自分のリズムが合ったりして
キャーーーー!!、とか ^^;


  ↑ 偶然のさらに偶然。   それでも嬉しいのー


こう、、なんていうんでしょか。


わたしは、やっぱり リズムに大きく魅力を感じるようで
楽器は関係なく

リズムで遊べるような、、

「間」や「タイミング」を

利用して、さらにリズムとか、ノリを出していけるひとに
とても、惹かれるよう、。

弾かない、って とっても大事だと思う、。

自分は、勉強不足で
ジャズのひと、本当によく知らないし、

いまだに聴いても、理解出来ないものなんかもたくさん、
あるんですが

有名無名やネームバリューに関係なく

惹かれる、というか、好み、みたいなものは 知らないジャズであっても
自分の中で、ハッキリあるらしい、。


今、自分がどうしてもここは決めたい、っていうのが
12小節あるうちの、7,8小節、、。

F(or Am7)からD7のところ、、

少ない音でもいいから、6~8小節をつながって自然に弾けるように
参考にしてます、。

がんばろう。


これが、ウィントン・ケリーを聴くつもりが
いつのまにかピアノより、ギターにすり替わっちゃったブルース動画。

今の自分のリピート曲です。
No Blues By Wes Montgomery Quartet.



うう、、先生、ごみんなさい、、。

0 コメント:

コメントを投稿