2011年5月10日火曜日

つながりそう

ギターの発表会が終わりまして、GWも終わってしまった…。

今週はギターレッスンをお休みしてしまったので
今後は何の課題をやるのか
イマイチよくわかってないんですが ーー;

とりあえずレッスンでは途中になっている
キーがFのブルースを勝手に練習しています。

これ、、、

先日の発表会で、生徒たちの発表会の終わりに
先生方が弾いて下さったのも
同じ F のブルースで
すごく、聴き応えがありました。

先生方も、本当にそれぞれ個性があって
聞いていて
とても楽しくて

同じジャズギターでも、これだけ違うのか~、と
そういう意味でも面白いなあ、って思いながら
ただ、ただ、聞き込んでいて。


先生方の F のブルース、
最初はスローテンポ、途中からアップテンポになって

同じコード進行なのに
雰囲気がまったく違ったものになっていて

それがまた、いま勉強してるフレーズもちょこちょこと
出てくるもので

あっ、コレ!!、とか
い、いまの、巻き戻し~~~!!、とか(笑)

実際にこうやって弾いて下さると
すごく、わかりやすい。

なので、先生方の演奏を今はエンドレスで聞き込んでいまして。


それに合わせて

…というか、、

当然ながら あわせて気ままには弾けないけれど
なんか、自分の中で

いま何かが、こう つながりそうになってて、
この感覚、忘れたくない、という感じで

時間構わず、ちょいちょい聞いてはギターで場所探したり
自分なりに
ここは、この音、みたいなのが
浮かんだりするようになってきていて

音を思いつく、。
それが、ものすごく嬉しい。

パッ、と思いついたもの、
慌てて、ギターの指板で探すも、わからなかったりして
もどかしかったりするんですが

ホント、少し前のような

弾いてみても、コード聞いても
何も思い浮かばない、っていう
最悪の時期を越えたのか

( これは…、ホント悲しいというか、落ち込む、。 )

音が浮かぶ、って
ものすごくうれしいことだ、、、。


ブルース、とはいっても
Ⅱ-Ⅴ、オルタードを入れながらの音探しなので

あえて、マイナーペンタは使わず。

ついつい、行きたくなるけど
それでは意味がなくなってしまうから

メジャースケール、で合ってるんでしょか、、
そういうのと
オルタード、ツーファイブフレーズをつなげたり
自分なりのポジションとフレーズを探したり、。


先述のこの先生方の演奏を聴いていると
音の並びを、何か、、覚えそうなので
本当に、聞きっぱなし、です、。

でも、、

「 音が浮かぶ 」、って なんてありがたくてうれしいことなんだ。

もっと、早く緩急つけて弾けるようになりたい。
軽いタッチで、サラッ、と。



がんばろう。

0 コメント:

コメントを投稿