2011年4月26日火曜日

しんどかった発表会

人生初の(笑)、発表会なるもの…に参加、してきました。

( やっぱりかなり照れる、、 )


日頃のギターレッスンでの成果を
全ての先生と生徒さんたちの前で、披露する会、。

ここは、特に音楽系列会社とか楽器屋さん系列ではなく
あくまで個人が主催してるのですけど

先生は、5人、それぞれにクラスがいくつもありまして
生徒さんは、たくさん。

今回の発表会は、クラスの再編成も行われるので
評価もシビア、なのだそうで。

私は、まだ半年程度で
特に大きくクラスが変わることはないと思ってるんですが

とりあえずは、一緒に演奏する同じクラスの生徒さんたちに
迷惑がかからないよう、、
それなりに、覚えて、弾いてきました。

、、、というのも

正直言うと

やっぱり、今はまだ、楽しめるような段階ではなくって
我ながら本当に残念なのですけど

自由に自分で思いついたことや
気分赴くままに弾けない、ということが
最大の原因だと、自覚してます。

だから、自分たちの演奏を録画して
あとから見たのですが

自分の演奏、、
フレーズが、リズムが、コードが、という云々以前に
わたしのギターの演奏、、

生気がない、っていうのが
正直で客観的な感想、でした。

でも、これは誰のせいでもなくて、あくまで自分の問題で。
自分自身が一番、残念に思ってることでもあり。

いつも教えて下さる先生は
先回りしたかのように

前もって生徒に
いろんなフレーズをたくさん、用意してくださってて
たくさんのヒントを与えて下さって

かろうじてソロを組み立てて、それなりに弾けたのは
先生のおかげ、だと思っています。

それから、同じクラスの生徒さんも
わからないことを聞けば
本当に惜しみなく、いろいろと教えてくれて
とても、ありがたい存在です。


思えば、、、

楽しんで弾けなかったこと、って
今まで、あんまりなかったかもしれない。

音楽始めた時、ロックだったけど、、

見よう見まねで、適当に弾いたら、それなりに弾けて。
上手下手は関係なく
楽しくて嬉しくて。

それが、バンドやギターのやる気の原動力になってたと思います。

そしてその後、ソウルミュージック、、

この頃、少し先生についていたので
コード、スケール、、

基礎の基礎を教わって、、理解できるようになったら
本当に面白くなってきて
練習が苦でもなんでもなくって

ああ、練習って
すればするほど、上手くなる、と気がつき。

世界が広がって、今考えても
すごく伸びていた時期で。


今回は、、いつまでこの「わからなさ」が続くのか、。

ジャズをやってる人の感覚も、時々、?、って
わからない時があり、。

時々、褒められたりしても、正直、どこが?、、って。

( だって、先生のフレーズを延々弾いてるだけで
  自分で考えたものじゃないのに、すごくいいです、って
  先生や生徒さんたちから言われたことがあるんだけれども、、

  そんなの、タブ譜付きであるんだから練習すれば誰でも弾けるでしょう? )

自分にとって 課題をいくら上手に弾けても、しょうがないのです、。

わからないので
まずは、先生のフレーズを繰り返し覚えて
そこから考えよう、って思って そのときは練習してたんですけど

結局は、自分で思いついて弾けなければ
進歩ではないわけで。


逆に、私、先生曰く

ギターを弾く際、、本当に無意識で言われるまで
真面目に気がつかなかったのですけど

一音弾く前のブラッシングとかスライドが
ロックっぽい、と言われたりして、???、、って思ったり。

手癖になってるんですよね。
これ、直せ、って言われても、すぐには直らなさそう、、。

それに、、こんな未熟な自分が言うのもなんだけど

これでタイム感とか、アクセントをつけたりしてたようなので

( 自分で分析してみた、、 )

なかなか無意識とも合わさって、難しい…。


そもそもジャズやってる人、って
いろんなコード、しかも、どんなポジションからでも
弾けちゃうでしょう?

ジャズやってる人って、すんごくコードの知識に明るいと思いますが
自分も、いろんなテンションコードが知りたくて、弾きたくて。

それは自分の中で、すごく大きな目標でもあって
まあ~、それは長い期間かかると思うんですが

なるほど~~、っていうのも
今までの短い期間の中でも、たくさんありまして。

まだまだ、たくさんのコード使いがあると思うので
まず、今は
ソロの中には、必ずコードを入れよう、と
自分の中で決めています。

少しでも、身につけたいから。


早く、楽しい!、これはこう弾きたい!、みたいな
練習の原動力になるような
感情が持てたらな、って思います、。

なんせ、特に発表会前の一週間、、、

無理矢理の練習、、極端に言えば
嫌々、課題を弾いていたもんで

もう、それは苦しかった。ーー;


嫌々、弾くことほど、しんどいことはないですネ。


次回、発表会の時には精気溢れる演奏ができたらいいな。
何より、楽しく弾けたらな、。

( いやー こんなこと口が裂けても先生や生徒さんには言えない… )(笑)

0 コメント:

コメントを投稿