2011年1月27日木曜日

疑問をひとつずつ

ギターレッスン時には、ひとつも頭に入ってこないもので ーー;
いろいろとその場で、メモを取ったりしてるんですが
たいていは、家に持ち帰って

録音を聞き返し、確認したり、一緒に弾いてみたり。
ひとりでじっくりと確認作業が多いわたくしです。

その中で、、、
どうやっても、理解不能なところがありまして、、。

レッスン時の説明で・・・・

このコードだとこのスケール、だと思いがちだけど
実際はこのスケールになる、云々。
裏コードがこうだから、このスケールが使える云々。

なるほど、と その場で思える事柄は、少ない、、。ーー;

やっぱり、こうなんだ、へえ、と自分で納得するためには
ひとり、自分で弾いてみて

こうだから、こうなのか、と
ちゃんと納得できないと、先に進まない、今日この頃、。

今も、ここはGオルタードで弾けますよ、というところが
なんか、Gじゃない気がする、、、

実際弾いてみると
合うオルタードのキーが、違うです、、、

スタートが違うと聞こえも分かりにくくなっちゃうので
そのせいか、と
いろいろと、Gのキーを探してみたものの

ついに今日も、わからんかった、です、、(泣)

ただ、苦しんでいたフレーズ、
さすがに何ヶ月もやってるので
音は覚えまして

どこに移っても、すぐ弾ける訳じゃないけれど
コードから、探せるようになってきています。
( コード弾かないとダメなんだけれども… )ーー;

あとは、コードとフレーズの連動を考えて
ちゃんとコードをみて、フレーズ確認するように
クセをつけてるところです。

自分の場合、レッスンでやることを練習して
レッスンの時にちゃんと弾けるように、、というための
練習ではなく

あくまで、コードと連動したフレーズを弾く、
そのためには、どうしたらいいのか、、

ということが、だいぶ頭の中を占めているので

家で練習している内容は
レッスンの時、先生の課題を上手に弾けるように、ではなくって

( 他の生徒さんの足を引っ張らない程度には
  もちろんがんばって覚えるんですけど、、 )

コードに沿ったスケールを習ったり、
他にも、もろもろ…教えていただくことで
いかに、コードとソロ、一緒に弾けるようになるか
ということを考えながら、課題をやっていて
かなり、必死です、、、。

習ったことを土台にして、自分なりに練習方法も
考えたり。

難しい日々は、相変わらず続いています… ーー;


レッスンの時って、注意受けたり、指摘されると
複数の人数がいたりすると

自分だけ、、、恥ずかしい、ってなったりしがちなのですけど
バンバン指摘される方がありがたいですよネ

だって、それだけ見ていてくれている、ってことだもの。

わたしは落ちこぼれで、けっこう指摘されるので
ありがたや、ありがたや、です、、、(笑)

他にも、ちょっと疑問が解決してないけど…
がんばろう。


今日のお天気は晴れ!
良いお天気でした~~
昼間は、チョイ暖かめ、でしたけど
夕方~夜は、やっぱ寒いー… ><


それでは、また!

0 コメント:

コメントを投稿