2011年1月27日木曜日

疑問をひとつずつ

ギターレッスン時には、ひとつも頭に入ってこないもので ーー;
いろいろとその場で、メモを取ったりしてるんですが
たいていは、家に持ち帰って

録音を聞き返し、確認したり、一緒に弾いてみたり。
ひとりでじっくりと確認作業が多いわたくしです。

その中で、、、
どうやっても、理解不能なところがありまして、、。

レッスン時の説明で・・・・

このコードだとこのスケール、だと思いがちだけど
実際はこのスケールになる、云々。
裏コードがこうだから、このスケールが使える云々。

なるほど、と その場で思える事柄は、少ない、、。ーー;

やっぱり、こうなんだ、へえ、と自分で納得するためには
ひとり、自分で弾いてみて

こうだから、こうなのか、と
ちゃんと納得できないと、先に進まない、今日この頃、。

今も、ここはGオルタードで弾けますよ、というところが
なんか、Gじゃない気がする、、、

実際弾いてみると
合うオルタードのキーが、違うです、、、

スタートが違うと聞こえも分かりにくくなっちゃうので
そのせいか、と
いろいろと、Gのキーを探してみたものの

ついに今日も、わからんかった、です、、(泣)

ただ、苦しんでいたフレーズ、
さすがに何ヶ月もやってるので
音は覚えまして

どこに移っても、すぐ弾ける訳じゃないけれど
コードから、探せるようになってきています。
( コード弾かないとダメなんだけれども… )ーー;

あとは、コードとフレーズの連動を考えて
ちゃんとコードをみて、フレーズ確認するように
クセをつけてるところです。

自分の場合、レッスンでやることを練習して
レッスンの時にちゃんと弾けるように、、というための
練習ではなく

あくまで、コードと連動したフレーズを弾く、
そのためには、どうしたらいいのか、、

ということが、だいぶ頭の中を占めているので

家で練習している内容は
レッスンの時、先生の課題を上手に弾けるように、ではなくって

( 他の生徒さんの足を引っ張らない程度には
  もちろんがんばって覚えるんですけど、、 )

コードに沿ったスケールを習ったり、
他にも、もろもろ…教えていただくことで
いかに、コードとソロ、一緒に弾けるようになるか
ということを考えながら、課題をやっていて
かなり、必死です、、、。

習ったことを土台にして、自分なりに練習方法も
考えたり。

難しい日々は、相変わらず続いています… ーー;


レッスンの時って、注意受けたり、指摘されると
複数の人数がいたりすると

自分だけ、、、恥ずかしい、ってなったりしがちなのですけど
バンバン指摘される方がありがたいですよネ

だって、それだけ見ていてくれている、ってことだもの。

わたしは落ちこぼれで、けっこう指摘されるので
ありがたや、ありがたや、です、、、(笑)

他にも、ちょっと疑問が解決してないけど…
がんばろう。


今日のお天気は晴れ!
良いお天気でした~~
昼間は、チョイ暖かめ、でしたけど
夕方~夜は、やっぱ寒いー… ><


それでは、また!

2011年1月20日木曜日

ふりじあーん

…って、、、

レッスンのテープを聞き返していたら
新しいスケールが。
そういや、なんかほんのり、記憶が、、、

( …そうなんです、こうやって
   すぐ忘れるので…録音するんです )(泣)

フリジアンスケールだとか。

なんだか、いっぱい出てきすぎて
覚えきれないよ、、、と
レッスン時には、当然ながら まったく頭に入ってこなくて。

あらためて、聞き返しながら
音を一音、一音、探してみまして。

うーん、、、
なかなか、頭に入ってこず。ーー;

レ、ミ、ラ、シ、が ♭、なのですって。

もう、自分みたいに
理論もクソも、(おっと、失礼)
わからないタイプの人間には

頭で考えれば、考えるほど
他のスケールと混じってしまう。

それでも、これから使うスケールなのだから、と
根気強く、繰り返していたら、、

ふと、気づいた。

「 おりょ? !!! 」


テレビはちゃんと見たことないけれど
これは、もしや、、、

時代劇ドラマ、必殺シリーズ?のテーマ、、と
弾いてみたら、

このスケールの音だけで、ピッタリ当てはまった(笑)
おもしろいー
バラエティ番組なんかの効果音にも
使われていたりする、アレ、です、。

ちゃらら~~、
ちゃ、ちゃ、ちゃ ちゃちゃらら、ちゃらら~~、ってヤツです…^^;

( トランペット、だった? )

それから、フィギュアスケートでよく使われるような
音楽のフレーズなんかも当てはまったり、、、(笑)

ついでに言うと
闘牛士の映像が出てくるときに使われてる音楽も。

ちゃんちゃか ちゃんちゃか、ちゃんちゃか ちゃかちゃか
ちゃんちゃか ちゃかちゃか、、、、オーレー!

…って、、わかりにくですネ、、、(笑)

弾いてみると、分かります(笑)
スパニッシュ、っぽい感じ?
自分みたいな人間には、フリジアン、とか言われるより

闘牛士とか、必殺仕事人?、のヤツ、って考える方が
わかりやすい、、。

自分で弾いててコレに気がついて、思わず吹いて笑ってしまった、、
こんなスケールが、あったんだ、、、。
面白い~~。

テープは、ここで止めて
こればっか、弾いてました、、、。

いや、これ、闘牛士の雰囲気で弾くと
自然に、スケールの場所、覚えられそう、かも。
指も、迷わない、というか。

このときのレッスンの趣旨は、、、
ジャズの曲の中の
コードに当てはまるスケールのひとつ、、ということで
教わっていたのですが

これがまた、、、
このフリジアンスケール、っていうのが、妙に目新しいわりに、
聴き馴染みあるフレーズが
いっぱい頭に浮かぶもので ^^;

このスケールで
ジャズから、思いっきり離れたもの、弾いてました、、、
こりゃ、面白い(笑)


知ってる人からすれば、
別に何てことない、
ただのスケールのひとつ、かも知れないんですけど ^^;

「必殺スケール」とかって(笑)覚えると
けっこう、どこのフレットや弦に移っても
音がハズれると、意外とすぐに分かるので
自分には、こういう覚え方、良いみたい。

特徴があるスケールなんですね~、、
へえ、って感じでした。

…とは言いつつ、、

わたしがそうだったんですけど

自分みたいなタイプの場合、
レ・ミ・ラ・シが♭、と言われたところで

どこが「 ド 」、なんだよ!、って いつも思ってたりして…^^;

わたしのような人間がいるかも知れないので、、

実音のド( C )、でも良いし
(6弦からなら、8フレット、5弦からなら3フレット)
実音じゃなくても、弾きたいコードの起点をド、って考えて、、。

どこから始めるとしても
まず、始めの音はド~~、って思って
そこから 普通のドレミファソラシド、を弾いて
位置を確認して

それから、一音ずつ、レミラシを♭、
半音ずつ下げてってみると
わかりやすい、かもしれないです、、


わたしのように、知らないなら わりと楽しいかも、、
思いっきりタメて、クサ~く弾いても
とっても楽しいです(笑)

リズムも、闘牛士のテーマ、みたいに
タッタカ、タッタカ、…っていう感じで(笑)

あー、、しかし
ジャズでは、どういう感じで使うんだろか、、。
わっかんなーい、、、

まあ、いっか(笑)

しかし、スケールの名前って
なんで、なんとか「アン」、って つくんでしょか、、。
リディアン、ミクソリディアン、ドリアン、フリジアン、もろもろ…。ーー;
ややこしい、ったら!(苦笑)

…見つけました、、必殺テーマ。
こんなに長かったのね、、
わたしが弾いてたのは、頭のところでした、、^^; ↓

必殺仕事人 テーマソング



それでは、また!

2011年1月17日月曜日

少し楽しくなってきた

…て、我ながら なんだかなあ、と思う今日この頃 ^^;

ギターの話、なのですけど、、。

つい、この間まで
もう、いやだ~~~~!! 、、っと思っていて
ギターの練習さえ、嫌々 仕方なく触ってた数週間、、。

特に、、年末から年始、にかけて
ずっと、わからないだらけ、、

練習が、楽しくない、
わからなくて、もやもやしてる、、ということを
一緒に習っている生徒さんに
チョロっと話してみたら

バッキングのコード弾いて
それ流しながら弾いてみたら? …と言われたが
それも、やってるんだけど、どうも、なあ、、、。
…という有様。

・・・・だったのが

一転、ミョーに楽しくなってきたキッカケは

前々回の、レッスンの中で
先生が何気なーく、弾いていた
バッキングとソロが混じったもの、でした。

ほんの、数十秒、程度だったし、
レッスン内容のものではなかったんですけど

弾いているのを見てた時から
なんか、釘付けになって。

先生にとっては
どうってことない、とっても短いものだったんですけど
わたしにとって
他のレッスン内容は全部忘れていたけど

( いや、ちゃあんとテープで復習しておりますヨ、ハイ… )ーー;

この1分にも満たない、10数秒くらいか?
短い何気なく弾いた
先生のギターが、頭から離れなくて

家に帰って、その部分を何度も何度もテープ聞いていて。
自分でも、弾いてみて。

…そしたら

ああ、そうか、、と
自分の頭の中で、何かと何かが?
つながったような感覚、でした。

しかも、その短いバッキングリズムを真似して
同じようなリズムで弾いてみたら

ああ、だからコードとスケールは連動してるんだ、ということや
ここのポジションを使う理由とか、運指、、、

今まで、さんざん何度も言われていたことが
すぅー、っと。
理屈ではなくて、ちゃんと自分の中に、収まる感じ?

それに 真似して弾いてみても、とっても、楽しい。


…それ以来、今やってるフレーズなんかが楽しくなってきて。

コードを感じながら、スケールを弾く、っていうのも
何度も言われていて
言われなくても、わかりきってるくらいだ、と思っていたのに

自分で、何かが、どうしてもつながらなかった。

慣れない音並びの運指とポジション、
なぜ、こんなに複雑に指を動かすのか、とか、
この音は、なんでこのコードのときに使うんだ、とか

初めてだらけのコードとフレーズ、運指、ポジションに
あっぷ、あっぷ、していて
実はなんにも、気がついていなかった、、
…というより、気がつく余裕すら、なかった、か、、。


そんな中、先生の弾いていた、ちょっとしたギターのおかげで
なんか、自分の中で道が開けてきた。

昨日のレッスンで、そのことを
先生に、言ってみたけど

案の定、覚えてないようでした、、(笑)

( 当たり前だ~~ 先生にとったら、チョイ気ままに、って感じだったもん )


でも、何気ない先生のギターのおかげで、
なんか、またギター弾くの、楽しくなってきたんですよおお!…って
どーしても、言いたかった(笑)

まあ、先生は「 ????? 」って感じで、
ニコニコして
不思議そうに、わたしを見てましたが…。

実は、この他にも

先生がレッスンの合間に、何気なく弾くフレーズやコード、
とっても、参考になったりして

自分からしてみたら

本筋である、レッスン内容のものよりも
( …というと語弊がありますが… ーー; )

先生が、全然 無意識・気ままに弾いてる
コード、バッキングリズム、ソロフレーズ、、、

こういうものを間近で見たり聞いたり
している方が、お勉強に、というか
刺激になる、というか。

なんか、今回は突破口開けたかもっ!、という感じで
すごく、嬉しかったです。

ひとつ、トンネルを抜けた、かも。
うれしい。


ああ~~、ギター、がんばろう!(笑)

なんだか、ちょっとしたことで
ギター弾くのが、楽しくなったり、嫌になったり。

これでも、嫌になってるとき、、
なんとか楽しくなるような練習を
考えては、いろいろ試しているんですけどネ。


オンナ心と秋の空、、とはよく言ったもので…(笑)

それでは、また!

2011年1月11日火曜日

わからないが、わからない。

…って、タイトルは さらに判りにくいんですが、、、(笑)

あらためて、自分の音楽の決まり事に関しての
無知度に気がつき

さらに、いまだ本能的に
激しく拒否している自分に、気がついたのでした、。

(今更、だよなあ、、、) ^^;


こういう理由で、この音を使っている、とか
こういうポジションだから、この運指、とか

先生は、とっても丁寧に根気よく教えてくださるんですが
自分の理解力が、低すぎまして
追いつかない!

最近は、自分にイラつくことも多くなりました ><
情けなさすぎる、、、

わからないことがあれば、何でも聞いてくださいね~、って
言われるんですけど
あまりにも、分からなさすぎて

わからないことを、言葉にまとめることも難しく…
聞くことさえ、
出来ない有様なのですよ~~~~


他の生徒さんは、説明を受けて
ああ、なるほど、と
説明されて、ストン、と腑に落ちるところがあるようですが
自分には、「・・・・・・・」。

( 何気に先生もそれに気づいてると思われるが… )ーー;


そんでもって

そういう自分みたいなタイプは、
ちゃんと、譜面をいただいてるにも関わらず
音符読めないもので ーー;

弾くポジションを指板で覚えて、フレーズを覚えていくので
他の応用がまったく利かないのです、、

フレーズの、並んでる音の羅列になじみがないこともあって
ひとフレーズの音の並びを覚えるだけでも
すんごく、タイヘン。

ここはオルタードで、、、
これは、ミクソリディアンなんちゃら、、
3度の音が、うんたら、、

帰宅後、テープで聞き返して、ゆっくり理解しようと
やってみたけど
まだまだ、時間がかかると思われます、、はぁ~、、

何年かやっていたら、少しは理論、とまで行かなくても
感覚として、わかってくるものなのだろうか?(謎)


わたしが、ジャズギターをやってみたいな、って
思った理由のひとつは
前々から書いている通り、ソウルミュージックがやりたいから、
というのもあるんですけど

なんていうか、憧れ、というか
コードを弾きながら、ソロも取れたらいいなあ、というのも
ありまして、。

ひとりでも、完結できる演奏ができたらなあ、と
いうのが、なんとなく 昔からあった憧れのひとつ、でもありました。

20代だったか、、

きっかけは、サッパリ…?ですが
なぜ、こんなCD買ったのか、今でもよくわかってないけど
ジョー・パスさん、何枚か買ってるんですよネ

初めて聴いたときは、どんな人かも知らないので
( いや、今でも ほとんど知らないが )

ギターだけでバンドじゃなかったので、ビックリしたんですけど
この演奏が、ギターだけでコード展開して
ソロを弾いてる、というものでして。

そのときの感想は
ジャズはよくわかんないけど、
ギターの音が暖かくて良い感じだなあ、と

知らないながらも、素直にこういうの、好きだなあ、と
思った次第です、、。

それから、10数年経ち、、
あらためて、今、聴き直しています、。

まだまだ、何をどうやって弾いてるのか、なーんて
もちろん、サッパリですが(笑)
ギターの雰囲気は、やっぱり当時感じたとおり
いいなあ、って思いながら。

まあ、自分には すでにいろんな壁が立ちふさがってて(笑)
それ以前に、
ピーンチ!!! って感じですが、、ーー;

楽譜も読めない、理論も判らない、そんな人間が
ジャズギター、続けられるのだろーか!?(笑)

数年後も、続いてたらいいんだけどなあ、って
習い始めで なんですが
すでに、こんなふうに感じてるところです。

人より、練習しないとなあ。
がんばろう。


そういや、全然関係ないんですけど
ここ最近、、、

うちのワンコ、タロなんですけど
私の耳の後ろを、よく嗅ぐようになりました、、

耳の後ろって、加齢臭が出るところのひとつ、ですよね、、、
( テレビで見た… )

うっ、、自分もついに 加齢臭!? ・・・・・と
ちょっとショックを受けました…(笑)


 
おっと、今日はこーんな天気!















最高気温は7度でしたが、風がなかったぶん、
暖かく感じました。
風邪には、どうぞ、気をつけてくださいませ。




それでは、また!