2010年12月13日月曜日

親指と小指

前回、書き忘れちゃったのですけど
はなちゃん、どうやら、大丈夫みたいです、良かったよ~~~~

かいつまんで書くと
先週の月曜日朝、いきなり、上から、下から いっぱい出ちゃいまして

原因は、不明で、何事なのか、と
すんごい不安な一週間を過ごしておりました、、。ーー;

その後はずっと観察し続けましたが、異常行動もなく、、、
いまのところは、ひと安心。


そして

今回は、2週、連続でレッスンに行ってきましたー。

自分は、ジャズにも、ジャズギターにも うといので
レッスンの後の雑談で出てきた話で

「  へぇ~~~  」、って 思ったことを。


今回は、フレージングの続きで
フレーズの頭が、小指から…、という指定つきのフレーズ数種類を
習っていたのですが

「 小指からフレーズを弾くこと、って 今までありませんでした 」

…ということを話したら、先生、ちょっと驚いてたんですけど

( だって、今までのソロで、小指を使うことはあっても
  小指始まり、なんて、自分の場合、ありえなかったから )

そうしたら、他の生徒さんが

「 でも、○○先生は、ほとんど小指、使いませんよね 」、と。
( 同じギター教室の他の先生 )

一同、へえ~~~~~、でした。(笑)


そして、教えていただいてる先生も

音を出すとき、やっぱり 中指とか、薬指のほうが力強さ、とか
音の太さ、みたいなものが
出やすいかも、しれませんねー、と。
( もちろん、小指で弾き慣れてないから、という理由ではありませぬヨ )

小指を使う使わないは、人それぞれだけど
小指を使わなくても、全然、弾けちゃいますよー、ともおっしゃってました。

でも、初心者は、やっぱり小指をたくさん使って
コードやフレーズを練習しなければならないのでしょうネ

ホント、小指、いっぱーい 使うようになってます。
個人的に、とても良いことだと思います。

まだ、自分の小指はヨレヨレしてるけど(笑)
がんばろう。 ーー;


そして雑談は、親指にも飛び。


親指、実は、ここのお教室では、ネックを持つ左手の親指、
ネックから、出ないように弾かなくてはならない
ルールがあります(笑)

親指で、6弦押さえるなんて、論外だとか、、、

( 少なくとも、先生のトップの人には、見られないようにしなければならない )^^;

まあ、わたしは、いわゆる、ジャズギターの常識とか
基本を知らないので
それが、どうなのか、すら、わからないけどネー


自分たちの先生は
さして、細かいこと、、親指出ていても 気にしないのですけど
( 運指は、きっちり注意される )


自分たちの先生も、親指を出す、、、というか
フルアコのハウリングを押さえるために
親指で、弦を触るのが、クセになっていたことがあるんだそうで
ときどき、親指が軽く出るんだそうですが

やっぱり、早いフレーズを弾いたりすることが多いと
左手は、クラシックのスタイルの方が
弾きやすいんだそうです。

そして、前述の ○○先生は
バリバリ、親指が出て弾いてるんだそうです(笑)

( トップの先生の前では、親指隠しているんですって ) ^^;

それでも、自然に演奏できるそうなので
親指出ても、小指あんまり使わなくても、
弾ける人は弾けるんだなあ、、

基本のスタイルは、初心者はきちんと覚える必要があると
自分は思っているので

今の自分には、関係のない、
遠い話、なんですけど(笑)

そういうのも、アリ、なんだ~~、へえ~~~、、と 思いまして。


最近のわたしは、、
特に、先週から、日曜にかけて
なんの曲も聴かず

ただ、ただ、
前回のレッスンでやったブルースのコードと たくさんのフレーズ、、
めいっぱい、練習しておりまして

実際、コードが弾けるようになってきて
今度は、習ったフレーズを
そのコードに合わせて弾く、という。

弾いてるウチに、
習ったフレーズ、、、

音は覚えても、リズムが飛んでしまって
リズムが変わると、雰囲気が変わって、自分流になってしまうため
何度も何度も、聞き返し。
覚え。

そこで、Cubase が大活躍しています(苦笑)
( 曲作らず、だけど 練習に、便利なのー )

レッスン時に録音したテープを トラックに入れて
他のトラックに、複数のフレーズを聞き返して、あらためて録音して
印つけといて すぐ、聞き返せるようにして。
( すぐ忘れるので )

自分で、コードのバッキング入れたり
それに沿って、複数の習ったフレーズを弾いて録音して
ここはイマイチ、とか、ここダメだ-、とか。

そんなふうに、最近は使ってます、、、
( Cubase さん、ゴメンナサイ… )


それから、、、

よく、初心者に言う、F コードが、押さえられない現象。

今、わたしがソレ、です ーー;

F のセブンスが、音、鳴ってくれましぇん、、、><

ホントに、ギターの位置を上げて
ネックを立たせて、
左手をクラシックスタイルのように 立てて弾かないと
( いや、そうやっても、音出てないけど )

ダメ、みたい~~~

なんか、長年のクセで
ネックを立たせて弾く、というのを ついつい忘れてしまうので
それも、直してみた方が いいのか、、、。

セミアコや、フルアコなら、ネックを立て気味にしても
バランスも取りやすいのだろうけれど、。

うーん。 悩みはつきませぬ。

そして、今回やったフレーズは
今までのものより、さらに
自分の中には、まったくない、未知のフレーズだらけで
運指も注意をたくさん受け。

大丈夫なのか、自分!? ・・・・・・・・という状況、、、 ーー;


がんばろう、。


それでは、また!

0 コメント:

コメントを投稿