2010年10月20日水曜日

酔ってます

あ~~、、お散歩、出ようかと思ったら
小雨が、ぱらぱら…。
ちょっと、時間をずらしてる合間に、コレ、書いてます~~


ここ ずーっと、、、
ブルースばかり、聞いておりまして、ちょっと酔ってます ーー;

酔っている、というのは
「 酔いしれている 」、というわけではなく

どちらか、というと 乗り物酔い、ならぬ、、ブルース酔い、、(苦笑) ーー;

それでも、自分の意志で
不思議なことに、動画を見ているうちに ずるずると 芋づる式、というか

あっ! …コレ!!、とか
これ、セッションでやってた、とか

どんどん、いろんなものが、ずるずると つながっていってしまうので
聞くの、そろそろ やめたいんだけど… やめられない、状態、に、、。

本当に、偶然、というか、
求めれば、与えられる、とでも言うのか、、、

ちょっと、Stormy Monday の流れから、、

いろんなバージョンの、ストーミーマンデーの曲を探したり、
他のいろんな方々のブルースを
You Tube で、探し、探し、聞いていたりしていたんですけれど

探したい曲のタイトル名も知らず、誰の曲か、も 知らぬまま
( だから、当然、検索さえ、できず… )

膨大な数の動画の海を
気がついたら、さまよってたんですけど

探したかった曲、
誰の、なんて曲か 知らないまま、見つけた!


我ながら、すごーいっっ!!(笑) …なーんて 思っちゃったんですけど(笑)



セッションのときの リフが、印象的だったし、
録画したものも、何度も何度も見て、弾いていたので、
コレだーー!!!、って。

それが、コレ、でした。 ↓
Junior Wells - Messin' With The Kid (1978)


もう、コレ見つけたときには、ホント、驚いた!

(たくさんの曲の中から、見つけられると思ってなかったもので)


歌も、ハープも、ソリッドで、リズムも刺激的。
ファンキーな感じ、ですが

個人的には、実際に、一緒に弾いてみたら
ファンクのノリ、の、それとは、また違うリズムのノリ、に感じましたが
それでも、燃えるような、自分好みの曲、です。
かっちょいい~~~ 好きだ~~~

他の同じ曲の動画では、歌い方が、
ジェームスブラウンさんに なんとなく、似ているように感じました。

それから、これ、、、。

3コード、なんですけど、ちょっとだけ変則のもの、なんですが
この曲か、ちょっと定かではないんですけど
たぶん、、こういうのも、演奏していた、と思います。
( このコードの流れは、同じ、だと思う )↓

Howlin' Wolf - Sitting On Top Of The World


セッションのメインで弾いていた方は、スライドも使っていて
ピックは使わず、全部、指だけで 普通のピッキングとスライドを併用して弾いていました。
また、それがすんごく、上手いんです!



それから、初めてのセッション、のときに
ボーカルのかたが、指示して演奏していた曲も、見つけました。
たぶん、これ、だと思う、、、↓
HOWLIN' WOLF - Rockin' Daddy


ボーカルのかたが、ハウリン・ウルフさんが好き、と言ってまして
こんなノリノリの感じなら、聞いてみたい、って思ってたんですけど
そのまま、探したいなあ、と思いつつも、忘れかけていて

忘れかけるたびに
ネットで、この人の名前が出てくる、、。
それが、2度、も あったので ^^;

こりゃ、この人を聞け!、ってことなのかなあ、、って いうことで
アルバム、購入しました、。

動画サイトでも いろいろ見ていて、カセットテープで持っていた名前のヒト、
ああ、この人も、この人も、、、聞いてたよなあ、、なんて思いながら
改めて、名前思い出したりして、聞き直していたんですけど
(覚えてないから、、、)ーー;

ハウリン・ウルフさん、は、恥ずかしながら 聞いたことがありませんでした…。
なので、動画でいろいろ聞いています。


そして、流れ、流れ、、さまよい、さまよい、、


たまたま、変則もので、大定番、誰もが知っている
( わたしでさえも、知っている )

Geogia On My Mind、これ、今、コードを探したり、たぐりたぐり、しているところ、です。

あまりに、有名すぎて

ちゃんと、曲やコードを意識したことがなかったので
せっかく、の この流れなもので 何度も何度も聞いています。
Ray Charles - Georgia On My Mind - Live [1976]


ブルースが土台となって、いろんな音楽の流れに枝分かれしていて
自分にとって、ブルースを知る 良い機会、というか

今の、この流れ… 自然にできた流れ、でもあるので
この自然の流れに沿って、いってみようか、とも思います。

( どこまで続くかは、不明… )

偶然、ってものは、ない、とも感じているので
こりゃ、ギターをまた弾き始めたんなら
ブルースをちゃんとやれ、って ことなのか、、と 言われんばかりの流れ、、。

本当に、不思議だ、、。

とにかく、今をがんばろう。




それでは、また!

1 コメント:

匿名 さんのコメント...

For example, shooting stars are linked to life changing events, nautical stars are generally a symbol of protection and guidance, a
pentagram is symbol of protection and balance (unless upside-down, which
signifies the Devil or Darkness), whilst the
Shield of David is really a strong symbol of Judaism.
You should research no matter whether a tattoo in this kind could
be well-suited for your personal style and personality. The two parts
complete the essential five elements with the Universe-water,
fire, earth, metal and wood therefore brings forth the harmony in contrasting beings.
This won't hoverer imply that they may get stocked which has a high-pitched voice. Of course it's possible to purchase a tattoo-related book.



Visit my blog: tattoo gallery

コメントを投稿