2010年5月26日水曜日

夏に向けて、BREEZIN' ( George Benson )

久しぶりに、アルバム紹介を、と思いまして。

今の爽やかな気候、これからの夏にピッタリんこ!…と 思い出して
このアルバムを取り出してみました。

そして、今回はジョージ・ベンソンさんのアルバム&知識、、
まったくないまま、自分なりの意見とか、感想を書こうと思います。

このアルバムは、自分にとって お気に入りでもあるのですが、
興味深い部分もたくさんあります。
( しかしホント、彼のことは知らないんですよね、恥ずかしながら… )

実は、現役でバンド活動していたときには、
ほとんど聴く機会がなかったジョージ・ベンソンさん。
当時、ジャズのイメージが強すぎて、、、実際に聴いてみたら、やっぱり…という(笑)

当時は、もちろん…You Tube やら
こういった動画サイトなぞなかったもので、たまたま聴かせてもらったのが
バリバリのジャズギター、しかもジャズなんて知らないし分からない。
それは、今現在も同じ、なのですけど ^^;

そういった訳で あまり聴かないまま、疎遠になっていました。

この「 Breezin' 」(1976年)のアルバムを購入したのは
実は本当に最近のことで 昨年か一昨年か、、、
また、音楽を聴くようになってから、なんでした

きっかけは、You Tube (笑)
たまたま見たライブ動画の中で、ジョージ・ベンソンさんが出てきて
その中の一曲に、夢中になりまして。

その1曲が聴きたくて、このアルバムを購入したようなものです

以前にも、書いたかもしれないのですけど、とにかく個人的には、
「 Affirmation 」…という曲に、たまらなく惹かれてしまいました。

この曲のためだけに、このアルバムを購入、、、。^^;

この中に入っている数曲は、動画がたくさんあったので
もしかしたら、、ですけど 有名なアルバムの気配も感じますが、、、。^^;
( 実際はどうなのでしょうネ、、? わからにゃい… )

アルバム自体は、涼しげで爽やか。
なので、音楽をやっている人じゃなくっても
ギターや楽器などに興味が無くても
じゅうぶん、オトナの音楽として聴けるのではないでしょうか。

雰囲気としては、ジャズ、フュージョンの色が 少し…強いのかなあ、、

それでも、ギターが主旋律をきれいに奏でているので
家でとか、ドライブなどで聴くのも いいかなあ、なんて思います

このアルバム…
わたし個人的には、なのですけど ギターも耳に入ってきますけど
とにかく、リズム… ドラムのノリやリズムに耳がいってしまって
それが、もう、まず第一…という感じでした

動画で見たライブ映像も、まず、ドラムに耳と目がいって。

キューバっぽい帽子をかぶったドラムの人、、名前はまったく判らないんですが
あの人のリズムのノリがとても、好きで好きで
何度、動画を見たことか、、(笑)

今回紹介するスタジオ盤も、同じ人なのかな、、?
ノリ的には、とても動画と似た感じ、なのですけど…。

スタジオ盤は、動画に比べて
せっかくのノリなのにベース音が小さいのが残念、、、。
( まあ ギターアルバムだから しょうがないのか、、 )

動画を見ていると、ジョージ・ベンソンさんは、ファンクものをやったり
歌を自分で歌っていたり、、アルバムによって
かなりイメージが違っちゃうのかもしれないのかなあ、、? なーんてことも感じました。

ファンク曲でも、イイじゃーん!…っていうのが いくつかあったりして
多才な人だなあ、と感じました

わたしが昔聴いたのは、ジャズものだったので
こんなにいろいろやってるとは、知らなくて。

このアルバムを購入した 去年か、その前か…

まだ、ギターは弾き始めてない頃で 聴いてただけの頃は、
とにかく、リズムばっかり耳に入っていまして。
ギターを弾き始めてから、これらの曲に合わせて弾いてみたら
やっぱり、ドラムのリズムが良くって

( 単純に好みなのだ )

一緒に弾いているとリズムのおかげで ノリノリになれます(笑)
ジャズギターは弾けないけどネ~~~

それからジョージ・ベンソンさんのギターも、ああいう、キャッチーなリフは
自然と耳に入ってくるので、
ああ、こういうメロディを弾くんだ~~…と あらためて、感じたり。

ただ、ギターのリズムの取り方なんかは、自分とは全然違ってました。
わたしなんぞが、ではありますけれど
自分とは、また持っているリズムが全然違うんだな、、と
すごく感じたりもして、いろんなリズムを持った人がいるのだなあ、、と勉強にもなりまして。

キーボードは、結構、グルーブがファンキーだったりして
キーボードソロのところで、合わせて弾いてると、またまたノリノリに、、(笑)

このアルバム、パッ…と聴いた感じは 確かにジャズ・フュージョンなんだけれど
ソウル・ファンク、そういった要素が
意外にも多く詰まった印象を受ける、、そんなアルバムでした
( だから、惹かれたのかもしれない )

もちろん、メインのギターは、ジャズギター、なのですけれどネ


…という、世間はどう評価しているアルバムか、まったく知らないわたしが
勝手に思ったことを書きまくりましたが ^^;

さっそく、曲を。 ライブ映像も混じっていますが
スタジオ盤との印象は、大きくは 変わらないと思います。

01. Breezin' ( Bobby Womack )


まったくもって、爽やかさ全開!!…(笑) という曲です。
ギターのメインリフや、フレーズが頭に残るし、
何よりも、このドラムさんが好き~~~~!!!

この曲は、もしかしたら、いろいろなところで流れてるかも、、。
ボビーさんの曲なのですよね



02. This Masquerade ( Leon Russell )
George Benson - Masquerade - HQ


ジョージ・ベンソンさん自身が歌っている、このアルバムの中で 唯一の曲。
甘~い雰囲気が漂っております、、
歌も上手いんですよね。

ギターソロとユニゾンして、歌も口ずさんでいたりしてますが
ギターの音と一緒に同じ音を歌うのは、意外と難しいんですよね~~



03. Six To Four ( Phil Upchurch )

こちらは、ノリの良いリズムで ずんずんと進んでいくような雰囲気。
キーボード、活躍です。
このアルバム全体に感じる、爽やかさも失ってはおりませぬ。
ギターは、後半から。 カッティングの練習にもいいかも。


04. Affirmation ( Jose Feliciano )
George Benson - Affirmation


個人的に、この曲、大好きです! たまらない~~~~~

これも、ギターのリフフレーズも良く、何よりもリズムのノリがとても好みで、
ドラムがとってもいいグルーヴ感を生み出してます
曲の流れ、雰囲気なんかもすべてが好き。 そんな曲です(笑)

                           ( どんな曲だ… )


05. So This is Love? ( George Benson )

個人的には、こういった揺れるようなゆる~い流れるリズムは大好きです
全体には、ソウルやR&Bの香りが。
ギターはベンソン節、ですけどネ ^^;


06. Lady ( Ronnie Foster )

ストリングスから入っていきます。
雰囲気としては、フュージョン色が強い感じでしょか。


以上、全6曲でした。

とにかく、このアルバムは ドラムやリズムがとっても気になるアルバムでした。
好みだった、ということですネ(笑)
ギターは、こんなに早く弾ければ、表現も多彩になるなあ、いいなあ、と。

全曲、さわりだけでも聴いていただいて、購入の参考にでもしていただければ、
それから、聴いて涼んでいっていただくだけでも、よろしければ ぜひ~~~

昨日のお天気などには、最高にピッタリとハマる アルバムでもあります。

それでは、また!

2 コメント:

ゴトー さんのコメント...

HP雰囲気変わりましたね♪

Tackerne さんのコメント...

こんばんは~~ 雨ばっかりですね~~~
ブログのテンプレを、また変えてみました。
ちょっと黒ばっかりで、新緑の季節なのに暗く感じまして ^^;
また、気に入ったデザインがあったら、夏にむけて変えるかもしれません、、
見にくいところがあれば、遠慮無く書き込んでくださいね
たぶん、他の方もそう感じているかとも 思いますので、
よろしくお願いいたします ^-^

コメントを投稿