2010年4月9日金曜日

エフェクトがかからない (Cubase)

ええ~~~っと、実はコレ、
先週からずっとずっとずっと悩んでいたことでして ^^;
つい先日、解決したことなんですけど、、

わたしのよーな 音楽ソフト初心者にありがちなトラブルを書き残しておこうと思います、、
原因がわかったので、こうして書けるわけですが(笑)

いや~~~ ホント、コレが解決してくれないと打ち込みや曲作り…
ギターも弾けない…
もう、、先には絶対に進めない!!…って思ってました、、

わたしみたいに、あまり知らない人のために、なるべくわかりやすく書こうとおもいます
今回は、ギターの音に関してなのですが
どういうことか、というと


前回、録音してた曲のときには、ギターにモニターエフェクトをかけて
録ったり、生音のままで録ったりしていまして

オーディオトラックでの録音(今回はギター)には、

モニターエフェクト…という
聞こえて来る音は、エフェクトがかかった音ですけど
実際に録音されているギター音は、生音で録音されているので
あとからエフェクトの変更が可能、、
( 生音がCubaseを通って、アウトでエフェクトがかかるため )
というのと

掛け録り…という
あらかじめギターにエフェクトをかけた状態で録音するやりかたがあって
こちらの場合は、録音した音、すでにエフェクトがかかった状態なので
あとから音の変更は効かない、、  

というのがあるのですけど

自分の場合、今現在のところでは、かけ録りに興味はなく。
ギターを録音するときには、自分の好きな音、もしくは生音で弾いていて
それで、ミックスダウンの際、バックの音に合うギター音を選んでいました。

そういう背景ですけど

次にまた 打ち込みの練習曲として、また曲を打ち込んでいたんですけど
途中まで打ち込んで、ギターのバッキングとか、ソロとか、
ニュアンスとか、曲とのバランスとか見たいなあ、って
まだ打ち込み途中だったけど、ギターを入れてみたくなったんですよね

それで、いつものように ギターを弾いてみたら
あれれ、、、プラグイン( わたしの場合は ZFX ね )が効いてない、、ってなりまして。
おっかしいなあ… と
そこから、調べたり、原因を探すために費やした時間、どれくらだろう、、(泣)

そいで、これは 最初の音の流れから見ていかないと、、ってことになって

オーディオデバイス設定などなど、最初から見直していったりして 確認…
わたしの場合、こういうことをやってる課程で
横道に反れることが多く ついでに、という考えで
ついつい、オーディオインターフェイスのドライバの更新とか
Cubase のマイナーバージョンアップとか、余計なことを見つけたりして
とにかく時間がかかるわけですが

きちんと、オーディオ入出力ポートの音や信号の流れを確認して、
オーディオトラックのインスペクター内( 左の方 )にある入出力を確認、

音を出してみたら、音は実際鳴っているし、フェーダーも反応してる…。
なので、デバイス設定は、合っているはずだ、と確認…。

インスペクターに表示されている入出力も、設定通り。
( わたしの場合は、Stereo In、Stereo Out という名前で VST コネクションに設定 )

その上で、同じくインスペクター部分の「インサート」から、ZFX を選択、
すると、インサートしているのに ZFX の音が来ない…。
ZFX を開いて(「 e 」マークを押す)のInput Output も、音が来ていない、、、
(この時点で、音自体は入ってきています)

じゃあ、ZFX だけなのか?? …と思って
インサートに、他のプラグインエフェクトを選択してみたら、これまた反応ナシ。

ただ、生音ですけど音はちゃんと入ってきているし
実際、録音して、再生してみると
ちゃあんと インサートエフェクトが効いてるわけです、、、

録音のときだけ インサートエフェクトが効かなくなった…
わたしとしては、録音のときにもエフェクトを効いた状態で録りたいことがあって
なんでだ?? コレ、困るよ…って 感じでした

結局、何日もかけて うんうん唸りながら、頭抱えながら(苦笑)
取説本とか、ネットとか、調べまくって読みまくってました…

だって、音の流れは正常のはず、デバイス設定自体 間違ってない。
( 音が入って来ているから )
録音した音も、再生時には、エフェクトがかかってる、、ということは
インサートエフェクトとか、ソフトとかの問題ではなく
どこぞにかある、オーディオ録音に関しての設定が、そういう設定になっているのか…?

・・・・という結論に自分の中では 達しまして
分厚い取説本、隅から読み直して、やっとみつけた…!

原因は、ここでした ↓
わかると、な~~~んだよ~~!!!! …ってこと、多くないですか? #(- - ;


もう… ここのチェックマークつけただけで
エフェクト音、出なくなっちゃうんでした…。

それで、考えた。
なんで、以前の録音では、ちゃんとエフェクトかかった状態で録れたのに
ここのチェックが ついていたんだろうか。

わたしのような初心者にありがちな、心当たりはまったくないけど
「いつのまにか設定を変えてしまう」状態、だったようです…^^;

ちなみに…
ここのチェックを外すと、レイテンシーが発生してくるので
ダイレクトモニタリング機能を外したあとは、
同じウインドウ内の「コントロールパネル」のボタンで、レイテンシーを最小限まで調節します、、

素の音で録りたいとき、あとは音の遅れが気になるときには
ダイレクトモニタリングのチェックをつけてあげる、、

エフェクトがかかった状態で録音したいときには
ダイレクトモニタリングのチェックは、外す…。

なんか、分かってしまうと こんな些細なことで、、、と つくづく思いますねええ…
知ってる人からすれば
こんなことで、何日も悩んでたの…って思うでしょうが

こんな不具合とか、わからないことだらけの自分にとっては
けっこう日常茶飯事でして
ただ、原因をきちんと突き止められたときは、疲れとスッキリ感が…(笑)

今回は、ダイレクトモニタリングの意味をあらかじめ理解していれば
デバイス設定のところなんか、何十回と見たり確認してたわけですから
気がつくはず、なのですけど
意味がわからなかったために、見逃していて、こんなに考え込んでいたのでした ^^;

ただ、これだけ悩んで考えて ここかあっ!! …ってわかったことは
これから、忘れないと思うので イイ勉強になりました(笑)

う~~~ん、、、良かったあ、、、
これで、やっと通常の日々に戻れそうです… ← けっこう寝ない日々が続いたのだ
( …というか、気になって気になって、仕方なかったのネ… )

あーこれで、打ち込みの続きと、ギター練習が出来るぞーー!!!(笑)

それから、ついでで、たまたま読んでいて見つけたんですが

ギターなんかを録音してるとき
取り終わって、再生すると、音が聞こえなくて、
あ~もう…って
モニターボタン(オレンジのスピーカーマーク)をオフにすること、多くないですか?

そのオンオフをどうするか、っていう設定ができるところがありまして
「ファイル」→「環境設定」を開いて
大きなくくりの「 VST 」というところをクリック、
下の方に、自動モニタリングと書いてあって
ポップアップウィンドウには、4つほど選べる項目があります、、


ここは、オーディオ入力の時のモニタリングを設定するところでして

「手動」
すべて、モニタリングボタンをクリックすることでオンオフを切り替える。

「録音待機時」
トラックが録音状態可能になると、モニタリングが自動的にオン。

「録音中」
オーディオレコーディングが行われているときのみ、モニタリングが自動でオン。

「テープマシンスタイル」
停止・録音中は、モニタリングが自動的にオン、再生中は自動的にオフ。

…で、わたしは、モニタリングボタンのオンオフがめんどくさかったので
「テープマシンスタイル」の設定に変えたら
わざわざ、ボタンを押す手間が省けましたです、、


スッキリ状態で(笑) それでは、また!

2 コメント:

ゴトー さんのコメント...

こんにちは!
お久しぶりです、ゴトーです。

PCでの録音作業は自由度が高いですが、
設定するところが多くて大変なのかもしれませんね。
がんばってくださいね!
私も2~3ヶ月前にデジタルマルチレコーダ買いました。
目下、操作に慣れるべく訓練中です。

Tackerne さんのコメント...

ゴトーさま

わたしの知っているゴトーさんって、ふたりしか知らないのですけど(そのうち元々ゴトーさん、っていうのは、一人だけ)
もしかして、そのゴトーさんかしらっ???
そのゴトーさんだとしたら、、、
本当に、お久しぶりりんこ!!!(笑)
お元気でしたか?
まきちゃんとは、たま~に、でしたけど ゴトーさんとはほとんど接触もなく。
ついに、デジタル製品に手を出したのですね(笑)
お互い、がんばりましょうね、とはいっても
ゴトーさんなら、すぐ慣れちゃうと思うんですけどネ

お返事が遅れたのは、週末、ずっと寝込んでいて ^^;
パソコンだけではなく、寝通しでしたので
あんなにイイ天気だったのに、ただただ、具合がよくなるよう願いつつ
寝ておりました、、
あ~~、でも、お元気そうで、安心しました!
また、気軽に書き込んでくださいネ
まきちゃんにもよろしく!

コメントを投稿