2010年3月31日水曜日

落差の激しさでブランクを感じる

今日もなんとか、晴れ間が見えている東京地方です~~

最近、自分のブログながら、何のジャンルだか分からなくなってきていますが、、、^^;
スケートシーズンは、終わりなので
そろそろ、音楽とか、ギターとか、のことに戻りたいと思います~~…

以前から書いているように、音楽も含めギターを弾かなかったブランクが
相当年数、あるわけですが
昨日は、ここ数日に比べてよく動いてひらめいた日。
ここ数日は、もう弾く気力が失せてしまうくらい、指や手首が動かなかった上
音も、ひらめかなくて、探せなくて
も~~~ん、としていました(笑)

よくよく考えてみたら
音楽をやっていた当時は、調子の善し悪しがあっても
こんなにコンディションの落差がある、ということはなかった気がする、、。
こういうときに、ああ、ブランクは本当に長かったんだ、と思ったりします

弾かない日があったりすると
左手の指が動かない日もあって、たま~~に動いてくれる時もあるんですけど
たいがいは、動かない、、、。

それから、左手のみならず、右手まで、おかしくなってきて
手首からひじのあたりまで、筋肉痛みたいになったり。
明らかに、弾いてないからそうなるんだろうなあ、、、とも。

以前にも書いたように
もう、最近では、曲に合わせてコードを探すんではなくって
音があうところをただ、ただ、弾く、という イイとこ取りのことをやってるせいで
コードを意識したとたん、ポジションがわからなくなったり、、、!! ^^;

ダメだなあ、、とか、思ったりすること、しばし…。

リアルタイムでコードを意識すると、ぐちゃぐちゃになっちゃうんですが
( 頭悪いの… )
たぶん、単音で弾いている、音が合うところは、自然とスケールを弾いてると思うんですけど
( 何のスケールかは、知らない )
そのポジションと、コードに一瞬で、つながらないからなんだと。
あとから、ゆっくりポジション見てみれば
ちゃんとコードが見つかったりするんですけど

どうも、わたしは、昔からなんですけど
何かと何かがつながるまでが、長いらしく、、、、
まあ、あせっても仕方がないものと、諦めています、、

でも、昔はわからなかったコードが、ここかあ…って理解できたり
嬉しいこともあるので、それはそれで楽しいんですけど
日によって、落差が激しく、見つかったコードもすぐ忘れちゃったりして、、

やっぱり、数年はきちんと弾き続けて行かないとダメだなあ、と。
あまりに弾けなくて、ガクッと来ることもあるんですが
それもアリ、なのだ、と 自分に言い聞かせながら ^^;
ゆっくり弾いていこう、と
ダニー・ハサウェイさんや、デヴィッド・ラフィンさんなんかを聞きながら
思う今日この頃、です

デヴィッド・ラフィンさんのアルバムは、ベスト盤のような形のものしか
持っていないんですけれど
本当に、彼の声や歌、いいです
DAVID RUFFIN - Statue Of A Fool (LIVE)

こちらは、後年のデヴィッドさん。
私が持っているものは、もっと声の張りがあってサウンドも古いものなので
昔のものです。

この曲は、CD で聴いていて、歌詞も知らないし、いちいちタイトルも見ないので
どんなことが歌われているのかは知らないですが
聴いていると、なんて素直なんだろう、って思わせるような雰囲気を感じます
毎日、感謝、というところで、曲の雰囲気と今の自分の気分が一致してたので
数多い曲から、今日はコレを選びました

彼は暴君だった(?)(笑)、なんて思えないような、素直な感情、ソウル溢れる歌声。
ベスト盤、2つあるんですけど、片方の方がとっても好みで
そちらしか聴いていません、、
アルバム紹介で、是非、聴いて欲しいなあ、って思ってはいるんですけど
すごい曲数が入っていて(笑)
全部載せるのも、大変、手間もかかり、まだ手をつけられません、、
近いうちに、ピックアップして、載せたいかなあとも思うんですけどネ


さあ、今日も一日、がんばるぞ~~~!!
音楽は、ソウル。
ギターが、思ったまま感じたまま弾ける日を目指して がんばろう!

それでは、また!

2010年3月20日土曜日

音色探し

やっぱり、案の定、具合悪くなりました(笑)
歳のせいか、毎月小風邪を引いてるような気がしますが、、、><
( 前兆があったから気をつけてたのに!! )

具合が悪いとき、本当にダメなときは、何やってもダメなんですが
病は気から、という言葉を信じて
具合が悪い~~と思うと、もっと具合が悪くなりそうなので、何か打ち込めるものに集中してます
それで、集中できなくてやっぱ具合がわるければ、あきらめる! ^^;

そんな感じで、ここ数日はまた練習のために、Cubase で打ち込みしてました
その曲は、昔の曲で、やっぱり大好きなものなのですが
前回の Inner City Blues よりも、いろんな音が入っていまして
何度も何度も原曲を聴きながら、の入力です

でも、実は入力もそうなんですが
それより、なにより、音色探しが、大変。
すごく時間が、それだけで、かかってしまいまして、なかなか、進みません

Cubase に入っている音色だけでも、まだ全然慣れてないため
ある程度聞き込まなければならないし
それに加えて、シンフォニックオーケストラ、という
Cubase に付いている音源も、自分にとっては膨大な音色の数々… ^^;
( その系統の音が必要なので )
それをまた、自分が使いたいものに選り分けても、まだたくさんで
ヒジョーに贅沢なのでしょうけど、迷ったり悩んだりしてます

エフェクト操作で、ある程度の音色が変えられることは、前回やってみて
よくわかったのですけど
やっぱり、それを計算しての音選びができるほど、使いこなせていないため
そんなことは、とうてい出来ませぬ、でして。
素材の音色がまずある程度、自分が欲しい音色であることを前提に探しています

それで、思い出したのは
むか~し、むかしに使っていた、音源。↓↓ なっつかし~~~(笑)


ローランド製の SC-88 Pro。
当時はわりと新しいタイプだったと思いますが
おせちの重箱サイズで、2段重ねにした高さくらいだったと思います
現物、あるはずなんですけど、たぶん、クローゼットの奥深くに眠ってる…(笑)

取説は、全部同じ所に置いてあったので、すぐ見つかりましたけどネ
中を見ると、なんだかやっぱり、当時ってそうだったよね~~…とか思いながら。

↑ コンピュータに接続する説明とか。


ここみると、おわかりの通り、Mac か、IBM 、NEC か、、、。
セレクトスイッチがあったりして
端子も、当時はすべて MIDI 端子での接続が基本で、今と比べたらメンドクサいでしょか
( MIDI端子ケーブルも、高かったような気がする… )

当時は、ソフトとしての音源はなかったかなあ、、、
このときは、Mac を使っていたので、すべて Mac 仕様でした

でも、音源… ソフトみたいに、インストールして使えたらいいのになあ、、と
当時思ってたので 今は、すごいなあ、と。
取説の年月日が、96年、とあるので、98年くらいまで使っていたように思います
( そのあたりで、音楽自体ぜんぶ、止めちゃったから )

この音源と、シーケンスソフトの前は、
すんごくちっちゃいシーケンスソフトと音源が入ったもので、曲を作っていました(笑)
ヤマハ、だったかなあ、、?

ところで、 Cubase の音色、ローズピアノはないんでしょかネ??
なんか、今のところ、見あたらないかも、、、
それらしい音を作るしか、ないのかな、、。

昨日は、早寝して、さっき タロと、はなちゃんにたたき起こされまして(笑)
( おなかがすいたー、って )
こんな時間にチョー早起きですが ^^;
体調が、かなり良くなったので、今日もがんばるぞ!


それでは、また!

2010年3月16日火曜日

調子の良いとき悪いとき

今日は、ホント暖かくて、お散歩ではかな~り汗かきました~~
薄着でいったのになあ・・・

なるべく毎日、時間の長さは気にせず、、ギターに触るようにしていまして
練習、、というよりも、好きな人とか楽曲をとにかくどんどんパソコンに入れまして
アルバムごとに分けて、すぐ曲を流せるよう
プレイリストを作ってます

ホント、今って便利ですよね
昔、というか弾いてた当時なら、一枚一枚、CD を入れ替えたりしなきゃならなくて
けっこう、モタモタと メンドクサかったりしたんですけど
今は、フォルダ整理しておけば、すぐにパソコンから再生できて、すぐ聴けて。
べんりです~~~

そんな中、もっぱら楽しいのは
楽曲をそのときの気分でチョイスして、流しっぱにして、合わせて弾くこと。
歌ものは、以前ならリストには入れてなかったんですけど
今は、歌ものも、すすんで入れて、合わせて弾くようにしています

歌ものだと、コードがたくさん変わっていくものが多いので
最初は、モタモタ~~…っと
どこだ、どこだ、って探しちゃうんですけど ^^;
何回も何回も流してトライしていくうちに、おおっ、ここだ!!…とか
見つけられたりして(笑)
見つけて合わせて弾けたときの、そんな嬉しさも楽しくて(笑)

もっぱら今は、昔とは違って コードから探すんではなく( つまんないから… )
単音で、とにかく音を探しながら、合わせて弾いています
単音で慣れていくうちに、コードが見つかったりして、、
そういう楽しみ方を今はあえてしていたり。
( 楽しいんですヨ、ホントに )

昔とは、完全にやり方が変わってる感じがします
昔は、スケール弾いて、コード探して・・・
なんだか、形を一生懸命、追いかけてた感じ、、今思うと、そんな感じ、でしょうかネ

せっかくまた弾き始めたので
そういう苦しいことは、やめて ^^;
自分が楽しい方法で弾いてまして、、、
でも、好きな事ばっかやってるので、指はヨレヨレなんですけど~…

今日は、とにかく弾いてたら、調子がとっても良くて
ノリノリで、ステージにいる状態みたいに弾いていまして
気がついたら、今日は気温も高いせいか、汗だくだくだくだく、、、、

あわてて、さっきぜーんぶ着替えました…。
実は、お散歩から帰ってきてから、なんだか、風邪の前兆があって
薬飲んだり、厚着したり、ごはん食べたり、していたんですよね~~~
( 風邪ひきませんよーに… )

昨日は、弾いてても、なんだか、、、
指も、気分も乗らなくて、それでも、いろいろ自分で工夫しながら弾いてたんですが
今日は、なんでこんなにひとり、盛り上がってるの、自分!?? …って感じ?
( はなちゃんが、心配そうに珍しく寄って来たのだ… )(笑)

弾かないと、自分の調子ってわからないですよね?
わかる人、いるのかな、、、?
わたしは、いざ、弾いてみないと、ギター弾く調子が良いのか悪いのか
わからないんですけど
本当は、調子の波は、ないに超したことないんですよねえ、、、
自分は、まだ、馴染んでないことも、大きいのかも。
これから、長いスパンで弾き続けて行かないと、ダメなんでしょうね

なんだか、弾き終わって、気分が高揚したまま、慌てて着替えたあとで
すぐこれを書いたので、若干、コーフン気味ですが(笑)
無心で弾くって、なんて気持ち良いんだろう~~
満たされた気持ちでイッパイです~~~

最後に、今日のタロと、はなちゃんのお散歩風景を。

                 今日は暑いよ



      なんだか この草、クサイわよ  くんくんくん


それでは、また!

2010年3月15日月曜日

ギター弾けるとオトク?

土曜、日曜日と晴れて良いお天気でした~~
世の中は、ホワイト・デー、だったようですけど うちはほぼ、無関係(笑)
会社がらみだと、いろんな意味でメンドクサイかも、ですよね~~^^;

日曜日の昨日は、相方さんと 今後の購入予定のキーボードの話とか、してたんですが
音楽ソフトの打ち込みの話を、ふと、思い出して
いろいろ話していました

相方さんは、音楽ソフトは使ったことがないもので
実際にはわからないことだらけ、なんですけど
ここ最近、まあ、前回にも書きましたように
「音」ってなあ、、、、と考えたりしていたもので、

音楽ソフトで打ち込みをしてる人、楽曲をブログなりで公開している人たちの
曲とか、またまた検索などで、いくつか聞いていて思ったんですけれど・・・・

みなさん、ホント、上手いですよねえ~~~
凄いなあ、って感心しきり。
中には、そのまま CD になっても全然イケちゃうようなサウンドなんかもあったりして。
オドロキでした

…が。
個人的に、ちょっと引っかかったのは、ギターの音。
音源にあるギターの音色って、
昔は他の楽器に比べても、かなりショボイ、おもちゃのよーな音しか
なかった記憶があったんですけど ^^;

今現在、ソフトシンセに入っている、ギターの音は聞いてませんが
ギター音の打ち込みって、難しいんだろうなあ、、と、いろんなサウンドを聴いてて思いました、、

自分がギターを弾くので、あまり音源に入っているギターの音色って
そもそも、興味もなければ、聞きもしない、ほどなんですけど
ギターを弾かない人が、曲を作るとき…
どうしてもギターのバッキングが必要になったりするとき
打ち込みで、ギターのバッキングを、
それらしく作るのは、さぞ大変だろうなあ、、、と思ったりしました、、

ある、たまたま見つけた人のサイトに載っていた、楽曲では
サウンド全体が、このままCDに… っていうくらいのレベルだったんですけど
その曲は、ギターの歪んだバッキングがけっこう大きく入っていて
それに気がついて、ギターを聞いていると
なんか、やっぱり、人間が弾いているものと比べて、不自然・・・・。

それでも、ああ、これ、かなり細かく頑張って作ったんだろうなあ、、という
雰囲気も感じて、ギターは、打ち込み、難しいんだなあ、、と。

そういう話を、相方さんとしてたら
ずいぶん前の話なんですが、以前仕事でプロモートしていたミュージシャンがいて(ギタリスト)
当時は健康そのもの…だったそうですが、、

今現在は難病にかかっていて
筋肉がどんどん動かなくなっていく病気らしくて
今は、まばたきと、目を動かすことしか出来なくなってるらしいんだよね、という話を
聞きまして
それでも、今現在も、ご家族の介助もあって音楽ソフトで、曲を作り続けているそうなんです。

…で、わたしが、上記のような
ギターの打ち込みって難しいよね、という話をしていたら

そうか、それで、自分で打ち込んだ曲、ギターだけわざわざ知り合いのギタリストに
頼んで、弾いてもらってたんだ、と言ってました。
( 身体や手足が動かなくても、やればできる証明ですね… )

以前、、、まだ音楽をやっていた頃、
音源に入っている、ギターの音ってどんなだろ?…って思って
ギターの音色聞いたり、試しに打ち込みをしたことがあったんですけど
考えてみたら、どのパートより、難しくて
それらしくも、聞こえなかった記憶がぼ~んやりと、、、。

なので、ギターが弾ける、っていうのは
あくまでも、音楽ソフトでの打ち込み、っていうことでは とてもラッキーなのかも。
そう思ったりしました

打ち込みのギター音、上手く作れる人はたくさんいるかも、なんですが
やっぱり決まったテンポに、グルーヴを与えられるのは
生ギターのバッキングが強い。
( まあ 最近の音楽ソフトは、複雑なノリを出すためのクオンタイズ機能たくさんですけど )

それでも、弾いた方が早いし、生ギターのビミョーな音の揺れ、とか
タッチとか、そこらあたりは、まだまだ今ある音色では難しそうな気もします、、
より、人間的な楽器、でもあるのでしょうかネ…?

とまあ、そんなことを話ながら(笑)
かなり遅い、昼ごはんを食べていました
 
最近、「モヤさま」の影響で( テレビ東京の番組・モヤモヤさまぁ~ず )
モヤ…っとしてる飲食店で、ごはん、たべたーい、、とか思ったりして

良さそうなところが、あったんですけど
そこは残念ながら日曜日、定休日でしたので、
商店街を歩きながら、モヤモヤスポットを探しまして(笑)
店内は、さほどモヤってなかったのですけど
店内にいたお客さんは、多少、モヤってたので、満足でした(笑)^^;


それでは、また!

2010年3月8日月曜日

「音」って ムズかしい

ほえ~~~~~…
お久しぶりでした(笑)

先週(あ、もう先々週か)まで、バンクーバーオリンピック一色でして( わたしだけ? )
家のことも、ギターも、放りっぱなし、、、ーー;
そして、そのツケが、ここ一週間でドッ…と来まして、あっちゃこっちゃと大変でした、、

まあ、とにかく、、時間の使い方がチョーがつくほどヘタくそなことと
( トロイんです… )
ひとつに夢中になっちゃうと、他がどーでもよくなってしまう性格が
今回、凶…と出ました、、、
つ、疲れた、、、

フィギュアスケートファンのみなさまは、お疲れ様でした(笑)
でも、個人的にはフィギュア以外もけっこう見ていたりしてて
どっぷり、ハマりすぎました、、、反省。

そして、ギター、、、昨日、久々に弾きまして、、、^^;
ゆ、ゆび、動かなぁ~~~い!!!
まあ、いいや、しょうがない、練習だあーーー…って
すでにオリンピック前にちょうど良く仕上がっていた、自分で打ち込んだオケを
流しっぱなしにして、テロテロと弾いてたんですが
そのうち、熱中、、、。

ギターのパートは、ちゃんと弾き続けて指が動くようになったら
本チャンで録ろう~~…なーんて思ってたんですけど
録音しながら、どんどんテキトーに弾いているうちに熱くなってきて

それを聞いたら
なんか、指の「 ろれつ 」がまわってないんですけど ^^;
まあ、これが今のわたしのギターだ、とも思いまして
ミスばっかしてるけど、なんか、逆に今はコレがいいのかも、って思ったので
You Tube にアップしちゃいました、、、。

原曲は、マーヴィン・ゲイさんですが、今回はメイシオさんのバージョンを
参考にさせていただいて、自分なりに作ってみました
Inner City Blues ( Cover )

こちらは、ギター、相変わらず、イッパツ録りです

以前も書いたように、Cubase 、まだまだ不慣れなので
打ち込みの勉強として、この曲を選んでみましたが個人的にも大好きな曲です
もちろん、キーボードはないので バーチャルキーボードでの入力です(苦笑)
がんばりました~~~

実は、この曲よりも前に一曲、打ち込みで作っていたものがあったんですけど
コレを思い出して聞いてみたら、こっちの方が良くなって
前に打ち込んでたものは、捨てました、、、
(完成してたんですけど)

バーチャルキーボード、打ちにくかったのは、やはり鍵盤楽器のパート。
オクターブが足りないんです
でも、他のパートは、意外に慣れてくると、さほど苦でもありませんでした
パソコンのキーボード、小さいけど、けっこうイケます
でも、近いうちに、キーボードは購入の予定です~~~(笑)
楽しみだなあ

それにしても、今回、最後まで作ってみて思ったのは
音が、難しいこと、、、
音っていうのは、もちろん、全体もそうなんですけど
今回は、ギターの音が特に。

聞いてもらうとわかるんですけれど
バッキングにしても、ソロの音にしても、、、、
実はわたしの好きなギターの音では、決してない。

今は、デジタルで何かと非常に便利で、ZFX のプラグインでは、弾いた後からでも
音色を自由に変えて、試して聞いたりすることもできるので
プリセットに入っている音をいろいろと変えたりして、
バックに一番、馴染む…というか、溶け込んでいた…と、わたしが思ったのが、この音色、だった、、、
そういう理由で、それぞれ、この音にしました、、、

えっ? ギター音、自分で作ればいいじゃんって?
いや~~~~~~(苦笑)
メンドクサイんですな ^^;
…というか、もともと、ギター音、作るのもヘタ、センスもなし。
どうしても、プロのような音作りができないんです、昔っから。

ええと、、センスがないのは、事実なんですが(笑)
それ以前に、さほどの興味がない、、、たぶん、これが一番大きいと思われます、、、
ギター弾く人には怒られそうなんですけど、事実です、、、
少しでも、覚えたい、という気持ちがあれば、たぶん…のめり込んでいるものと…。

自分が一番、興味を引かれるのは、演奏。 昔も今も、あくまでも弾くこと、、
それから、音楽ソフト。コレも、やっぱりのめり込んでます
ただ、のめり込みも、
あくまでも自分の音楽を聞いてもらうための手段、というのがたぶん前提、、、。
それでも、ただ純粋に、こういう「音楽ソフト」( 今は Cubase )をいじくるのは、
昔から好き、ではあります

…なんだ、けれども、音作りをナメてる訳じゃないんですヨ
サウンドによって、雰囲気がガラッ…と変わってしまうし
ギターのイメージだって、180度変わる。
その人の、ギターのタッチによっても、同じ音色でも、変わってきたりしますよね
なので、音っていうのは、弾くのと同じくらい、大事。

・・・・・でもね~~~~…^^;
やっぱ人間、不得手なものは当然ありまして、ダメなんです、、、、わたしは…。
ギターの人のブログを、テキトーに検索して見てみても
やっぱり、みなさん、こだわりがあって
職人さんだなあ、、、すごいなあ、、、と思うこと、しばし、、、。
今は、弾くことさえ、ままならないもので
とうぶん、音のベンキョは、先延ばしになりそうです

…というわけで(笑)
今回の曲自体の音も、決して良くありませんけど
考え出したら、ミックスダウン、一生できなさそうだったので、もうあきらめた。
でも、知らなかったいろんなエフェクト、試しましたよーん
オモシロイ効果なんかもあって、へぇぇぇ~~~…って思うことがたくさん、でした

おうちにキーボードがないヒトは、少ないかもしれませんけど
バーチャルでも、やれば、できる!!(笑)
がんばります!!

ちなみに、今回の ZFX の音色は
ソロギター May Quean、バッキングが JClean Punch、G Vol Wah Ovd でした
バックなしでソロの音聴いたら、ビックラしました、、、


それでは、また!

PS
Inner City Blues を聴いてくださった方へ
ほんの少しでも、聴いてくださって、とても嬉しいです
興味を持っていただけただけでも、感謝です!