2010年2月10日水曜日

知らなんだ(VSTエクスプレッション)

いや~~~ 昨日は、春が来ましたか!? …っていうくらい
暖かい、というか
動いてると、汗かくほど、でした 20度、超えてましたからね~~~(笑)
2月なのに、、、、???

そして、そして、またも、Cubase の話なんですけど、、、、、^^;

つい、このあいだなんですけど
きっかけは、なんか検索してたんだっけか…??

本当に、たまたま スタインバーグのサイトが出てきまして
こんな動画が載っていて ↓↓↓

おおお~~~~…って、思ったので さっそく自分でも試してみました

VST エクスプレッションの使い方、とか
音をこんなに 生々しく表現できるよー、という内容の動画で

英語で説明してるんですけど…
画面見てると、なんとなく単語や操作は同じなので
なんとなーく、理解できるところが あったりして。

すごい~~~って 驚いた、、、(笑)

なにせ、以前から書いている通り、うち… キーボードないんです、、、。

なので、パソコンのキーを使って 打ち込みをしているんですが
こう、少しでも
やりやすい方法がないかなあ、とは 思っていたので
コレは うってつけ、でした(笑)

ご存じの方は ともかく、、、、

わたしのように、知らなかった人のために
それから、自分でもここに残すことで、覚えておけるように( ← 自分には、コレ重要 )
書いておこうと思います

( スタインバーグの動画も、わかりやすいので ご参考にしてください )

VST エクスプレッション機能とは…
( いや、、、わたしも知らなかったんですけどネ )^^;

生楽器のような、アクセントをつけられる機能らしく
たとえば、音を切りながらダウンさせたり
スタッカートとか、フォルテとか、いろいろあるようで
音色によっても、多少、使える種類は変わってくるようです

( いくつかの音色、試しました )

管楽器、ストリングス、ウッドベース、ギターなどなど
この機能が活かせる音色が、多くはないですけど ありました

スタインバーグの動画では、ストリングスの音色でしたが
今回は、テナーサックスで 試してみました
この音も、ストリングス隊と同じく、違いがわかりやすいかなあ、と 思いまして。


「プロジェクト」 → 「トラックを追加」 → 「インストゥルメント」…で
新規トラックを作りまして

↑ HALion One を選択します
 ( 他の音源でもかまわないんですけど、エクスプレッションが効く音源を。 )


新しいトラックが出来たところで 音色を選びます

上の赤丸が付いている トラック名をクリックすると
ダーッ…とプルダウンして、いろんな表示が出てきまして

「 トラックプリセットなし 」…という、赤丸の部分を クリックすると

音色データが、ダーッ…っと 出まして ↓↓↓

この右の方に、最初は 「ストリングスを検索」…と あると思うんですけど

ここの部分で、文字を入れて検索が出来るので
VST エクスプレッション機能が使える音色を、検索します

この機能が使える音色は、音色名に「 VX 」と付いているものだけらしいので
「 VX 」…と入力してみますと、すぐに探すことができます


↑ わたしの場合は、「 VX 」が付いた中から テナーサックスを選択、、、。


↑ テナーサックスが、表示されてます、、、。


そうしたら、テロテロと適当に入力していきまして、データを入れます、、、


左画面の方にある、「 VST エクスプレッション 」をクリックして


クリックすると、音色が出てくるので テナーサックスのところを、選択、、、


この赤丸部分が、青、になったら 効いている、という
ことなんじゃないかと、思うんだけどなあ、、、 ↓


わたし自身も、手探りなんで 他にも方法があると思うんですけど
自分の場合は、ここをきちんと設定しないと

スコアエディターを出しても、エクスプレッション記号が
表示されません、、、。
なので、ここを青く設定して オン状態にしています

ここが青くマークされたら、スコアエディターを開きまして、、、。

「 MIDI 」 → 「 スコアエディターを開く 」…でも、いいし
「 スコア 」 → 「 選択したファイルを開く 」…でも、同じで、楽譜が出てきます


上の赤丸の部分が、記号の表示、非表示ボタンなので
青い、「 表示 」 に させまして

左ハジには、音符記号とか、強弱記号とか、拍子記号とかと一緒に
「 VST エクスプレッション 」…というのが あるので
( 赤丸のところ )

そこをクリックすると、エクスプレッション機能が 表示されます
テナーサックスだと、こういった記号が使えるみたいです ↓

「 mp 」 「 f 」 「 growl 」 「 legato 」 「 fall 」 …の五種類でした

この記号マークをクリックすると、青色に変わって
楽譜のところにポインタを持って行くと、
そのまま鉛筆ツールになりまして、クリックひとつで じかに書き込めます

わたしは、楽譜も読めないし、記号も 小学校のときに…ぼそぼそぼそ(笑)
…程度なもので、、、

マークをつけて、取りあえず 鳴らして聞いてみないと
どういう効果があるのか、わからない ^^;

ちなみに、「 VX 」…のついているもので、ブラスセクションなんかは

テナーサックスとは、また効果の違った、記号がありました

ここで、気がついたんですけど
エクスプレッション設定で、他の効果音などを自分で追加・削除したり
名前を付けたり、と 管理したりできるようです

( わたしの場合、やってみたんですが
  知らないでいじってたので、元々あった記号、消しちゃいまして…^^;

  元にも戻せず!! うわ~~~…ってなりまして。

  なので、あわてて保存せずに一度閉じまして、再起動させました…(汗) )

※いじる時には、お気を付けくださいませ、、、、。


取りあえず、テナーサックスを試してみよう、、、と
いろいろと 付けてみて 鳴らしてみました


一回目のフレーズは、何も記号をつけずに そのまま。↓↓↓


二回目のフレーズは、テキトーに記号を入れてみました。↓↓↓

「 growl 」…っていうのは、ブーッ…って感じの音になるんですね~~
「 Fall 」は、音が下がる感じ?
へえ~~って感じでした

ちゃんと 記号の使い方を理解している人が使えば
かなり、それらしい雰囲気になるかも、、です

今のところ、わたしは正直 必要不可欠!!…ってほどじゃ、ないんですけど ^^;
それでも、キーボードがないので
こういった効果があると、とっても便利だなあ、と。

キーボードがあれば、たとえば音の強弱も反応してくれたり
ピッチベンダーがついていたり、、、、
何かとそういった効果を
手で弾くときに出すことができるので 便利ではあるんですけれど

ピッチベンドも、トラック上で簡単に付けられるようだし
ベロシティも、手作業ではありますが
少し変化を付けるだけでも、雰囲気が出たり、、、

手間はかかりますが、キーボードがなくても
けっこう、いろいろ出来るんだなあ、ってことを知りました
( まだまだ、慣れてないので 遅いんですけどネ… )

もっと、いろいろ知ってらっしゃる方もいるでしょうね~~~
こう、合理的なやり方なぞ、知っていたら
ぜひ教えてくださいませ

・・・・そういえば

いままで、まったく気にも、とめなかった、パン…。
今、触ったら なんだか、左右に振れない~~~~!!

なんで??? …って感じです

トラックからも、ミキサー画面からも 効きません、、、、。

わたし、何かしたかも…? 設定が間違ってる…?
どなたか、教えてやってもいいよ、という人がいれば…
教えてくださいませ~~~~… > < (泣)


それでは、また、、、、^^;

0 コメント:

コメントを投稿