2009年10月13日火曜日

残念なライブ…

お久しぶりでした
この連休、楽しく過ごされたでしょうか?

東京地方は、天気の崩れもなく爽やかな3連休でした
今日も、青空が広がっています 昨日よりも、暖かいかな?

連休中、またライブを見に行ってきまして。
まあ、わたしの場合… 金銭的な理由もありまして

ホントはいろいろな演奏を聴きたいけれど
毎週、毎週、、、というわけにも行かず ^^;

ですが、この性格のおかげで
ライブを見に行くのに、名前(ネームバリュー)やら、プログラムをまったく気にしないもんで

うわ~~~~!! すっごく良かった!! ・・・・・っていう演奏もあれば

・・・・・・あ~… 残念だったかな・・・・ …ということも
あったりして ^^;

要は、自分にとっての、ですが・・・・アタリ、ハズレがあったりします、、、、

今回、見に行ったライブ、
そもそもは、ジャズバーのマスターに、見に行くべきオススメの人って、いますか?

…と聞いたんですけれど

あるひとの、名前を挙げてくれたのですが
その人のライブスケジュールを見てみたら、年内のスケジュールが出ていましたが

もう、都内近郊は終わっていて
あとは、他県の遠いところでのライブしかない、、、、

ということで、じゃあ、その人と一緒にやっている人のライブを、、、と
紹介された人つながりで、今回は見に行ったのでした

今回は、ライブバーに入るところから、ケチがついていまして ^^;

お店のオープンの時間に合わせて、中に入ろうとドアを開けたら、、、、

「 あ、あっ まだ、まだなんですう、、、もう少ししてから来てください 」…と言われ

時計を見たら、すでにオープンの時間は過ぎていた・・・・
(なんで入れないんだよー っていうか、張り紙でもしとけ!…って感じ)

もう、なんだかなあ、、、、

…と思いましたが、しょうがないので
時間を潰すために、近くのバーに、入りました

そのバー、行き当たりばったりで、入ったお店でしたが
とっても、雰囲気とか、接客とか、なんだか、すごく良い感じでして
もう、最悪、聴くのやめて、ここで飲んでてもいいよねえ~~…っていうほど(笑)

1~2杯飲みながら
オープン時間に、店に入れないってことは、かなり演奏時間押すよね、などと
話しておりまして

実際は、開演時間の15分ほど前に、再度そこに行きまして
席について待っていました

ステージには、もう、いつでも演奏できるように機材がすべてセッティングされていて
いつでも演奏できるような状態になっていました

自分は、開演時間も、かなり押すのではないかと思っていたので
あれ? 意外と5~10分押しくらいで済むかも? …なーんて
思ってたんですが

開演5分前になって
いきなり、誰かステージに出てきて
何するんだろうと見てたら、、、、

ドラムのセット、バラし始めたんです、、、、、 (何度も言うようですが、開演5分前です)

しかも、バラしたバスドラは、セットしましたが
タム類は、放り出したまんま、男性はいなくなりました、、、、

正直、心の中で
こんなやつは、ろくなドラム叩かないだろう、、、と思ってしまいました

結局、開演時間をとうに過ぎ、タラタラとセットを組み直し、演奏が始まったのは
本来の開演時間よりも、ほぼ、30分遅れ、でした、、、

出だしから、気になったのは、ドラム(やっぱりな)でした、、、、
曲が、どんどん進んでいくうちに
ドラムのリズムのズレは、大きく、目立つようになっていき、、、、

音楽的には、ジャズのよーな、フュージョンのよーな、ブルースファンクのよーな
いろんなものが、混ざった感じではありましたが

ピアノや、サックスのソロになると
明らかに、ジャズ、、、、、

ギターソロは、一緒に行った人曰く、スティーブ・ルカサー風(?)
ええ~っと、、速弾き満載、、、

そして、リーダーでもある、サックスがソロを吹き始めると
リズムがね、、、、なんとなーく、迷っちゃうんです、、、、
(ドラムがね)

聴いていて思ったのは

メロディ部隊である、ピアノ、サックス、などのソロでは
リズムの裏で弾いたり、吹いたり
時には、リズムからはずれて、音を出したかったりしてたように思うんですけど

それをやると、正しいリズムがなくなっちゃうので
フレーズの最後の音を伸ばして、最終的にドラムのリズムに合わせてました

それ以降、サックスの人は、小節小節の頭やおしりが分かるような
演奏をしていたように思います
(リズムがズレるから)

ドラムに比べ
サックスの人のリズムは、どんなときも、正確で正しいリズムでした

そして、サックスがなくなってしまうと
(常に吹いている訳じゃないから)

リズムリーダーが、いなくなってしまうのでした、、、、

結局は、大元のリズムである、ドラムに合わせるしかなく、、、
ベースは、自分の音を切ってまで、あわせたりしてました

リズムがファンクっぽい曲も、あったような気がしますが
ドラムが、そんな調子なので、ファンクにはまったく聞こえなかった・・・・

ひとりひとりを聴いてれば、みんな正しいリズムで
音を刻むことができるんです
(ドラム以外はね)

みなさん、もちろんプロでやっていて
さきほど、名前で検索かけたら、いろんなお仕事されているようで
驚きましたが、、、、

ひとりひとりは、たぶん、、実力もあるし、技術的には
当然ながら、さすがプロ、、、という感じでしたが

そういう人たちが、集まって演奏してるのに
バンドになると

キメも、バラバラ、基本的なリズムも所々、かくっ…と来てしまっていて
なんだか、申し訳ないけど
チグハグだなあ・・・・

なんて、思ってガックリでした、、、、

しかも、ここのハコ・・・・

狭いのは、どこも同じでしょうけど
音が、とっても悪いんですヨ ^^;

これ、プロのジャズミュージシャンが演奏するところじゃないよ…って。

アマチュアが、よくやってるようなハコの音、、、、
全体がジャリジャリしてて、低音が、壁や床を伝ってオシリにまで
響いてきます、、、、

演奏しているご本人たちは、楽しそうで
ドラムソロの途中、メンバー本人たちが、デジカメを取り出し
ドラムを撮ってたりとか、、、、
ケータイカメラで、写真撮ってたり、、、、

(いや、別にいいんですよ、何しようと)

その前に、演奏ちゃんとしてくれ…って感じで冷めた目で見てました

いくら、上手い人たちが集まっても
こういう演奏も、あるんだあ、、、って 正直感じました

何より、ドラムが、正しいリズムを刻んでくれないと
上からかぶせるメロディ部隊は、全滅、、、、

上物(ピアノ、サックス、ギター)の方が、リズムがちゃんとしてるんですヨ

このドラムの方、手数も多いのですけど
手数増やす前に、基本的なリズムをきちんとして欲しいかなあ

(この人も、プロでいろんな人のバックでも演奏してるらしい、、、)

ドラムがダメだと
なにもかも、なし崩しになってしまう

そんな感じのライブセッションでした、、、、

2セット、ありましたが
1セット終わるのを待って、そうそうに、そこの店、出ましたよ、、、

たぶん、このお店には2度と来ないでしょう
最初のところから、印象が悪かったです

フォローするとすれば
サックスや、ピアノ、、、、

他のメンバーとか、編成など違っていたら
また、違うちゃんとした演奏が聴けるとも、思いました

ここには、生ピアノさえ置いてなく
シンセで弾いてましたので、ピアノをきちんと聴いてみたいかな、と。

サックスも、たぶん ジャズ、、、
他のメンバー、曲などだったら
ゆっくり、サックスを聴けたのではないかなあ、と

それから、このサックスの人自身も、ご自分の演奏に集中できて
本領を発揮できたんではないかなあ、と思いました。

サックスとピアノに関しては、本来の実力じゃなかったような気がします。
(まあ、この方々、はじめて聞いたんですけれど、そう感じました)

はあ~~~~
今回は、本当に残念な演奏でした、、、、 (まあ、しょうがないですよね)

でも、ミュージックチャージは、けっこう高かったんです ^^;

音楽は、リズムだな、と本当に強く感じた日でもありました



それでは、また!

0 コメント:

コメントを投稿