2009年8月24日月曜日

言葉にできない(吉祥寺SOMETIME)

興奮やらが、少し収まってきました ^^;

今日は(もう昨日だけど)

ライブを見てきて、まだ数時間しか経っていないので
ちょっと眠い目をこすりながらも、コレを書こうと思ってます

今回のプログラム、、、、
ずっと、行きたい、見てみたい・・・と思っていたんですヨ

実は、以前組んでいたバンドの、キーボードのコが、習っていた先生が
今回のライブの、ピアノの人だったんですよネ

続木徹さん・・・と言いまして
当時は、何も知らないままでしたが、チキンシャックというバンドを
やっていたそうです

当時は、バンドメンバーみんなで、一度だけですけど
先生の家に遊びに行ったことも、ありました

でも、きちんとしたステージでの演奏は聴いたことがなく
今頃になって、ちゃんと聴いてみたい…! …という思いが強くなり

続木さんのライブスケジュールを見て
一番、都合や条件が良かった、吉祥寺 SOMETIME に行ってきました
 

吉祥寺駅の中央口(北口)を出ると
サンロード、という、吉祥寺ではお馴染みのアーケード商店街があり

その商店街を入っていって、右手に「 マツモトキヨシ 」が見えてきたら
左に曲がる、狭い通りがありますので、そこを見ると
くっきりと、「 SOMETIME 」…と書いてあります
駅から、遅くても5分以内には、たどり着きます

今回、私はサムタイム、初めてで、名前はとっても有名なので
そういうジャズバーがあることは、知っていたのですけれど、
中に入ったことはありませんでした

中に入ると、少々、お店の奥が面白い作りになっていて
半地下と、中二階…が存在してました

半地下は、出演者方の控え室のような感じになってました
わたしたちは、中二階の席にいったのですが


↑ この席は、中二階の中でも、特等席でしたが予約済み・・・・
バンドメンバー全体が見渡せるんですヨ
(まあ、音響的には、さほど良くないと思うけれど)

演奏前には、お客さんはまばらで、
もしかしたら今日は少ないのかなあ・・・なーんて思っていたら

始まる直前には、もうほとんどの席は埋まっていました

メンバーが、楽器の前に座りだし、、、、
演奏が始まった瞬間・・・・・

いつものジャズとは、違う! …そう感じました


最初こそ、写真撮らなくちゃ…って思ってたんですが
そのうち、引き込まれていって、カメラも
どーでも良くなっちゃって(笑)


本当に、凄かった・・・・・

今回のメンバーは、ドラムの人以外は、皆さん白髪混じりの、
一見…お上品な、おじさまな的な雰囲気の方々ばかりだったのですが


何が凄いって

演奏に対する姿勢、気迫、情熱、魂、、、、
そういうものが、どんどんどんどん吹き出してきて、

ジャズをさほど知らない私でも、音で会話したり
リズムの中を、泳ぐようにピアノやサックスが鳴っていたり

圧倒されて、今日の演奏は、なんて言葉で伝えればいいのか、、、、
今も、実は必死で、単語を考えているんですけど
わからないです・・・・・

本当に、凄くて
今、思うと、、、かなりお恥ずかしいんですけど わたし…

女性として・・・というよりか
まるで6歳くらいのクソガキみたいに演奏終わったあと、泣いてしまった・・・

(演奏聴いて、泣くなんて、今までない)

なんで泣いたのか、考えてみたんですけど、、、、

長い音楽人生が、音に深みを与えたり、自由に気持ちのまま音を出すことが
うらやましく感じた?
今回の演奏のすばらしさに、純粋にショックを受けた?

まだ、答えが出ませんけど
音楽って、、、ホント凄いんだなあ…と。

わたしも、いつか
音楽人生を取り戻したい、、、それは、本気で思いました
人生の中で、音楽が大きな部分を占めるひとたちが、本気でうらやましく感じました

今まで、何度もジャズバーや、ジャズクラブに行って
演奏は、聴いていましたが

正直いいまして、今回のような演奏聴いちゃうと・・・

今まで聴いてきたジャズの演奏が、ダレた、、、
なあなあ…なものに感じてしまった・・・・

それとも、今日聴いた、この演奏がエラく素晴らしいものだったのか?
それとも、これが、普通の演奏なのか?

ジャズ業界にも疎いわたしには、わかりません

でも、今回の吉祥寺サムタイムの演奏は
ジャズなんか知っていようが、知るまいが、そんなレベルではなく

心とか、魂とか、そういうものをぐりんぐりん揺さぶられる、演奏でした

(どこらへんが? …って聞かれても、上手く言えない)

メンバーのみなさん、本当に技術も素晴らしく
音楽経験も、人生経験も豊富だからこそ、、、の「音」なのだと思いますが

すでに、技術なんか、表現の手段でしかなく、、、
自然のまま、思うままに、音が絡み合っていました

演奏を聴いていて
音楽って、こういうものなのだ、、、、と思い知らされた感じです
それは、ジャンルなんか、すっ飛ばしてしまうほどです

本当は、3セットのステージだったのですが
3セット目は、終電の関係で、聴けませんでしたが

個人的には、1セット目もとても良かったのですが
2セット目は、熱い雰囲気が伝わって、もっともっと、良かった!

1セット目が終わったとき、友人方の表情を見たら・・・
もう、言葉にせずとも
自分と同じように感じていることを、悟りました・・・・

実際、自分も含め、食べたり飲んだり、、、というより
ホントに、曲が演奏されてる間、

空いてる席の、見やすい位置に、それぞれ散らばって(笑)
ビール瓶持って、見ていたほど。
演奏中の会話も、一切なく、みんなそれぞれ、引き込まれて聴いていました

1セット、だいたい1時間くらいなのですが
それも、あっ…という間だったんです

今まで、あんまり悪いことは書かないようにしていたんですけれど
今回の演奏聴いたもんで、、、もう、出しちゃえ!


ジャズ人口も多いし、ジャズ業界も、いろいろあると思うんですけど
個人的に思うのは

プロとして、お金をもらっている以上・・・
情熱と気合いで、毎回本気出して演奏すべきです

(そもそも、ジャズやブルース…って、そういうものでしょう?)

抑えてクールに(クールの意味が違ってるよ!)演奏したり、
歌伴奏だから、、、と手を抜くことは
聴いてても、わかるもんです

それから・・・・
楽譜ばっか、追っかけてる人もね!
事前に、リハーサルきちんとすればいいだけのことです
楽譜は、補助的に使うものではないですか?

(今まで、いろいろと演奏みてきて思ったこと言っちゃった!)


今日の演奏、こんなに素晴らしいのに
ミュージックチャージ1800円!! しかも入れ替えなし…だったんですよ!!!

今まで、もっと高いジャズハウスもありましたが
今日みたいな演奏が見られるなら、3000円でも、私なら喜んで行きます

ちなみに、今日のメンバーは・・・・

続木徹 Piano  古野光昭 bass
山口真文 sax  安藤政則 drums  でした!

各かたがた、それぞれオフィシャルサイトがあるようですので
名前をクリックしていただければ、そちらに飛びます


個人的には、ベース、、、とても素晴らしかったです
もちろん、他のメンバーの方も、とっても素晴らしかった!

それから・・・

バラードでの流れるピアノ、激しいプレイは滝のようなピアノ。
とても人柄が出てたような気がしました

ピアノが、全体の調和になったり…バランスであったり
時には、音を止めてみたり
空間を空けるのも、激しいソロも、すべてすべてが素晴らしかった

続木さん、50代だそうですが、いまだに猛練習してるんだそうです

やっぱり、音楽をやる上で、歳を取るっていいことだ…と、ホント思いました

あっ

ちなみに、当然ながら、続木さんは私のことなんか、憶えていませんでしたよ~~~(笑)
当たり前ですよねえ
もう、10年以上前のことで、一度しかお会いしてないんですから! ^^;

でも、やっぱり演奏が素晴らしかったと、一言伝えたくて
話しかけたら、とても穏やかで親切でした

そんな人柄の良さなんかも、今も昔も、全然かわってないなあ、、と思いました


それでは、また!

PS
また、演奏見に行く予定です~~~~

0 コメント:

コメントを投稿