2009年5月30日土曜日

二つの名前を持つ男( Terence Trent Darby )1

実は、この方…最近まで知りませんでした^^;

少し前に、映画チャンネルで
「 ビバリーヒルズコップ 3 」がやっていて
たまたま、それを見ていたら
エンディングで、耳についた曲が流れてまして。

なんか、モータウンぽいリズムとサウンド。
歌声も、誰かに似てるなあ…

それがきっかけで、曲名とアーティスト名を調べたら
テレンス・トレント・ダービーさん、でした。

Terence Trent D' Arby - Right thing,wrong way
1994年、ビバリーヒルズコップ3のサントラ盤より。

すんごくソウルフルで、迫力ある歌声に
耳が惹きつけられてしまいました。
この曲は、サントラ盤にしか収録されていないそう。

んで、テレンス・トレント・ダービーって知ってる??…と
相方さんに聞いてみたんですけれど

相方さん曰く
「あの一発屋、でしょ?」 ← 口が悪いので失礼!

へ? しってんの?? …という感じで、話を聞いたら

当時、周囲の人間でも、好きな人がいて
よくこの人の CD 聴いてた、、、という人が多かったそう。

当時、かなりヒットしたらしく
好きな人も多かったみたいですけど、私はまったく知りませんでした、、、

(知らない方が珍しいのかも)

今回、試しに…と2001年発売のアルバム「 WILD CARD 」と
1987年デビューアルバム「 INTRODUCING THE HARDLINE … 」を
聴いてみました

正直言うと
デビューアルバムの方は、私の好みではなく

コアなファンの方には申し訳ないのですけど…
当時、名前も知らず、
私自身、興味がなかったのも、納得…という感じでは
ありました

「 ワイルドカード 」の方は、曲の好みにバラつきが
ありますけど、好きなタイプの曲がけっこうありました。

この方、名前を改名してらっしゃるようで
デビュー当時は、テレンス・トレント・ダービー。

このアルバム(2001年)の前後あたりから(?)
サナンダ・マイトルーヤ、という名前に変わってます。

理由は、95年頃に見た夢。

その夢の中で、天使たちが
「サナンダ・マイトルーヤ」と呼んでいて

その名前で呼ばれる夢を 3 回見たところで
これが自分の名前なんだ、ということに気がついた… という

なんとも、複雑でアーティスティックな人…みたいです

(こういうタイプの人、意外といますよネ)

法律的にも、本当に改名しちゃったみたいです(!)

彼は、レコード会社とのトラブル、
恋人との間に生まれた子供に会えないこと、
金銭トラブル、人間関係…

デビュー後から
とてもいろいろと、しんどい体験をされているようで
その上、繊細でもあり、
思慮深い性格でもあるようで。

仏教徒になり、ベジタリアンになり…

彼には、チェロキー、インディアン、アイルランド…と
いろんな血が混ざっているみたいです

なので、You Tube などで動画を見ていると
外見が…黒人に見えるときもあれば
白人?何系??…って思うことも、正直ありました。

音楽的にも、
動画やアルバムを聴いていると
難解なサウンドだなあ…と思う曲があったと思えば

ストレートなロックがあったり
ソウルミュージック…、ブルージーな曲、、、。
ブラックコンテンポラリー風…、、、・

ひとつのアルバムの中で、いろんな面が見えてきます

なので、どうしてもアルバム単位では計れなくて
曲単位での感想になってしまいますけど…

すんごく極端なんですよネ

この人の経歴を読んでいて、なんで同じアルバムの中で
こうも曲調が極端なのか、

なんとなく、分かるような気も…

デビューアルバムは、全世界で1000枚以上も売れたそうなので
略しまして

2001年発売、5枚目のアルバム、「 WILD CARD 」の曲紹介を。

ちなみにこのアルバム名も
「 Solar Retum 」という名前から
途中で「 ワイルドカード 」、というタイトルに変わったらしいです

01. O DiVIna
私は、この曲がこのアルバムの中で一番、好きです
O Divina - Sananda Maitreya
明るめで希望に満ちていて
テレンスさんのソウルフルな歌声も際だってます


02. Designated Fool
Tonight Show (2003) "Designated Fool"
Sananda Maitreya aka Terence Trent D'Arby

テレビ番組のライブ動画、です
スタジオ盤は、もっと怪しげな感じ。


03. My Dark Places
これも、個人的にはとても好きな曲調ですけど
残念ながら、見つかりませんでした

04. The Inner Scream
スタジオ盤です
Sananda Maitreya - The Inner Scream


05. SRR-636*
こちらも見つかりませんでした
リズムサウンドは、ロック調ですが
彼らしく…単純でストレートなものではなく
ピコピコ音(?)やら、ちょっとヒネった感じ。


06. Drivin' Me Crazy
こちらも見つかりませんでした
こちらもロック調ですけど
少しリズムをひねってます。ベース音が効いてます

07. Suga Free
興味なし(すみましぇん)

08. Shalom
ちょっと昔風なサウンドと曲展開で
R&B ソウルとコンテンポラリーを混ぜた感じ。
ちょっと抑えた歌い回し、マットなサウンドは、個人的に好みです

09. Ev'rything
曲自体は、興味ないのですけど
テレンスさんの歌声がとても良い感じ。

10. Love Can You Hear Me?
ちょっとまた明るめの雰囲気です
(この人の場合、単純に明るい…という雰囲気ではないけど)(笑)

個人的には、こういうちょっとだけ
のどかな、まったり…とした歌いまわしや
雰囲気は、好き。

11. Sweetness
最初から、1曲目と共に、とても好きな曲です
だって、明るめで柔らかい、から!

歌も、よく聴けばパワフルに歌ってるところもあるんですけど
なんだか、全体の雰囲気は、真綿のふわふわ感が
漂っていて、いい感じでした。タイトル通り(笑)

このソウルリズムの揺れるグルーヴも好き。

12. Reflecting
昔のビートルズとか、そんな雰囲気のリズムと曲。

13. Be Willing
これも、とっても好き。
柔らかい雰囲気で、やさしい曲。

こういう感じ、何曲か入ってますけど
この人の、持っている性質のひとつ…なのかなあ、とも
感じてしまいます

ドゥルドゥルドゥル…と歌詞ないところで
歌っている雰囲気は、とっても好きです
女性は、こういう雰囲気…弱いかな??(笑)

14. Goodbye Diane
また、ロック色に少し戻りますが
こういうタイプは、好みです

ちょっとメロディアス、イントロのユニゾンのリフは
耳に残ります。明るめ。
何となく…ちょっとだけイギリスっぽいかも?

15. ...And They Will Never Know
これも、ギターとベースのユニゾンのリフが
耳に残るロック風。
風…とわざわざ言うのは、単純なロック…とも
分類できないから!(笑)

16. Sayin' About You
Saying About You Terence Trent D'Arby
これは、聴いてるうちに好きになっちゃった曲。
なんか、クセになる曲、この人には多いかも
押さえた歌い方や、サビでのパワフルさもこの人ならでは。


17. Shadows
あんまし、興味なし…

18. Benediction : Sugar Ray
静かなロックバラード。
彼自身の声かな…

このアルバムには、彼の声と幾重にも
重なるようなコーラスが入ってますけど
とても良い、です
ギターのちょっとツェッペリンぽいエレアコ風の音も
耳につきます

19. Testify (ボーナストラック)
ロック、でしょかネ
でも、激しい雰囲気はイントロだけ。

この人の曲、ロックかと思って聴いてると
メロディのところでは、ガラッと雰囲気が変わったりするので
単純…ではないんですよネ

ちょっと、まだ耳が聞こえにくくて
うっすら入ってる、何気ない音の聞き分けが
しにくかったんですけど

雰囲気は、もちろん分かるので、今回レビュー挑戦してみました

動画がない曲は、ザッと探しても見つからなかったので
あしからず…

今回、アルバムや動画を見て思ったのは
彼の、歌はもちろん評価されているところでしょうけど

技術的なものも含めて
表現力も、素晴らしいなあ、と改めて感じました。

次回は、私好みの曲を歌っている
彼のソウルフルな面…も書きたいかなあ、、、と思います


それでは、また!

2 コメント:

タツ さんのコメント...

こんばんは〜。
テレンス・トレント・ダービー、そんな風に変わっちゃったんですか。
ぜんぜん知らなかったな〜。
ファーストが最高だったので、これまで一発屋なんて思っていなかったのですよ。
考えると僕も知ってるアルバムはこれ一枚だから、おかしいですね。
DJ時代『WISHING WELL』が大好きで、良くかけました。
MTVで最初でガツンと、インディアン(バイク)のキックを
蹴りおろして、
鋲打ちの革のサドルバッグがちらり見えるところが印象的だったな〜と、
今まで疑問にも思っていませんでしたが、
それは間違い、『Sign Your Name』の方だったのですね。
途中からキックでインディアンが目覚め、出まくります。
そんなんで好きだったの?と笑われてしまいそうですが、
確かに今でも好きなのです♪

Tackerne さんのコメント...

こんにちは!
テレンスさんのWishing Well、Sign Your Well、
どちらも動画たくさん出てきますよネ

ファースト、好きだったという人は未だに多いみたいです。
なので、タツさんが好き、というのも、とってもよくわかります~~

こんなに知っている人が多いのも
私はしりませんでした…^^;
1000万枚以上売れてれば、そりゃそうですよネ(笑)

でも、今回聴かせてもらって
本当に歌声、ソウルフルで良かった。
なので、今回書こう…と思いました。
私も、歌声、大好きになりました!

読んで下さって、ありがとうございました!
また、ご自由に好きなだけ、お暇なときにでも
書き込んでいってくださいね!

コメントを投稿