2009年5月7日木曜日

忌野清志郎さん


ちょっと書き遅れましたけど…

忌野清志郎さんが、58歳という若さで
お亡くなりになったという
ニュースを聞いたときには

けっこう衝撃でした…

復活ライブをした…というところまでは
ニュースか何かで
やっていたと思うのですけど

がんが、再発されていたとは知りませんでした。

実は20代、随分前の話ですけど
楽器屋さんのアンテナショップで
働いていたとき

忌野清志郎さんが、お店に見えたことを思い出しました。

たった、5分弱…ほどですけど
接客…というか、説明などをして
ぽつぽつ、でしたが、お話をしたことがありました。

打楽器の小物をいろいろ興味深げに
触ったり、見たりしていました。

そのときの清志郎さんは
ちょっと人見知り…というか

はにかんだような…
しゃべり下手、といいますか

決して悪気があるわけではなく
ちょっと、居心地が悪そうな…といいますか。

そんな感じ、でした。

ステージやテレビで見る清志郎さんは、
すっごく大きく見えるんですけど

実際の清志郎さんは、背も小さめで
私と変わらない感じで、線も細くて、とても小柄な方でした

(私は身長160センチ)

若かりし頃聴いてた、数少ない、邦楽のバンドのひとつでした。

亡くなったから、という訳ではなく
この方の個性は、天性のものかなあ、と感じます。

この人の歌声は
何の曲だか知らなくても
声を聴けば、「 忌野清志郎 」 とわかるから、です。

私はこの人の
全部の曲を知っているわけではありませんが

とても、曲も、歌も特徴があるので
凄い人だなあ、と。

この方も、誰も真似できない人のひとりだと
思います。

心から、ご冥福をお祈りします


今日の東京は、曇っていて雨が降ったり止んだりデス
じめ~~~っとした感じで、湿気が多いかなあ

小さな苗がやっと花をつけ始めました


こちらも。


タロも、お散歩に行けないので、まった~りです

それでは、また!

0 コメント:

コメントを投稿