2009年4月16日木曜日

JACO PASTORIUS


日本語タイトルだと
「 ジャコ・パストリアスの肖像 」(?) というのでしょうか
これを、久々に聴きました。

ウェザーリポートも、少し前に聴き直したところです。
(やっとサムクックさんから抜けられた)(笑)

これは、なんで持っているか…というと
当時のベースをやっている方々が、
口々に ジャコパス、ジャコ、ジャコ…って(笑)
どこかしらから、必ず名前が出てくる。

なので、それならどういう人なのか、聴いてみようと
思いまして。
それがキッカケ、でした。

当時は、自分が音楽的には
とても中途半端な時期でもありまして

だから、当時の、この人の印象は、
なんだか…複雑なベースを弾く人なんだなあ…という程度でした。

今、オババになって(笑)
あらためて聴き直してみると、また違った印象もありました。

フレットレスの独特の音、ウッドベースみたいな音色、ハーモニクス音。
とっても音が伸びやかだなあ、と。

(こう、ただ伸びてるだけではなくて、もちっとした感じ)
(この人の、グルーヴリズムでもあるように聞こえる)

幻想的な曲調もあり、流れるような感じです。
きっと弾いてるとき、
身体がすごく揺らいで弾いてるんだろうな、とか。

ハーモニクスのきっかけは
彼が10代の頃に、ギタリストが
チューニングするのに、ハーモニクスで音を合わせたりするのを見て、
演奏に取り入れ始めたそうです。

(ギター弾く方は、誰でもやりますよね)

ハーモニクス奏法なんですけど
普通、ベースやギターなどの弦楽器は
左手で、弦を指板に押さえて、音を出すんですが、

ハーモニクス音は、左手で弦は押さえずに、弦に軽く触れて
ポーン、という音を出す奏法のことデス

使い方によっては
とっても幻想的な雰囲気も出せます


私は、この「 JACO PASTORIUS 」(1976年・ソロアルバム)と
「 HEAVY WEATHER 」(1977年・ウェザーリポート)しか
残念ながら、聴いたことがありません。

で、今…きちんと聴き直して見たんですけれど
曲は、ウエザーリポートの方は
ほとんどちゃんと覚えていまして。

ソロアルバムの方、
ソロフレーズや、音色を聴いて
ああ…こんな雰囲気の人だった、と意外にも覚えていまして。

(私のこの方の印象は、ソロアルバムの3曲目、
 CONTINUUM という曲のイメージが強いんです)

(この COTINUUM という曲は、彼が19歳の時の作品!だそうです)

You Tube で、動いてるジャコパスさん、初めて見ました(笑)

エフェクト、奏法、ベース本体を
これだけ複雑にいじりながら、ベースを弾いていたのですね~~

アルバムのベース音や、奏法も、かなり凝った感じでしたけど
ライブで実際に見ると、すんごいな~~…という感じです。
(関係ないんですけど、なんだか、歩き方も独特…)


ソロアルバムの2曲目「 COME ON, COME OVER 」です。
(こういうタイプの曲、
 彼が10代後半の頃によくバンドで演奏していたそうデス)
Jaco Pastorius "Come On, Come Over"
これはソロアルバムに入っている曲ですけど
全然、忘れてました!!(笑) ごみんなさいいぃ
ソウルファンク好きの私としては、とっても好みデス!



ソロアルバムでのメンバーは

サム&デイブ(Vo)
ハービーハンコック(Key)
ブレッカー兄弟(Sax,Trumpet)
デビッドサンボーン(as)
ドンアライラス(Perc)
ウエインショーター(ss)

他にもいろんな方が演奏されています。


これはウェザーリポートの3曲目です
Weather Report - Teen Town

スタジオ盤は、幻想的…怪しげな雰囲気も漂っている感じですけど
ライブ動画では、より疾走感があって!
こっちバージョン、個人的にかなり好きです~~


ライナーと、ウィキペディアによると

1951年12月1日ペンシルベニア州ノリスタウン生まれ。
7歳で、フロリダに移住。
初めはドラムを叩いていたそうなんですけど
腕の骨折のため、15歳でベースに転向したそうです。

小さい頃からカリプソ、キューバミュージック、ジェームスブラウン
チャーリーパーカー、マイルスデイビス、ジミヘンドリックスなどなど…
様々な音楽を聴いてこられたようです。

(カリプソ、キューバ音楽はフロリダならでは…ですよネ)

プレイスタイルも、ベースにあるのはジャズスタイルかなあ、とも
感じたんですけれど
この人のアルバムは、「 何々風 」…っていうのは
あんまり当てはまらないかも…

この方も、1987年に亡くなっているんですよね

直接の死因は
クラブでの乱闘が原因で、強く頭を打ち付けたことによる、
脳挫傷…だそうです
35歳という短い生涯でした。

私が驚いたのは
彼が、躁鬱病にかかっていた…ということ。
(知らなかった)

なんで精神を病んだのか、
直接の原因はよく分からないらしいんですけど

ウエザーリポート脱退、離婚などのあとに
ひどくなっていったそうです。

それに伴って
お酒とドラッグも絡まって
そういう精神状態と、身体の状態から、乱闘…ということみたいです。
(詳しくは、ウイキペディアへ)

私が持っているアルバムは、多分絶頂期の頃のものだと
いうこともあり

個人的にはあまり、そういう雰囲気…
演奏からは、まったく感じられません。
とっても伸びやかでイキイキした感じです。

もう少し、長生きされてたらなあ…
なんで、こう、ミュージシャンの方、短命が多いのかな
う~~ん…

早熟だったから、短命だったのか
短命という運命だったから、早熟だったのか

答えは、出ませんね

-------------------

ここまで読んで下さって、ありがとうございます。
ジャコさんは、早弾きもされますけれど
個人的には、あまり気にならないんです。

(私は、早弾き、あんまり好きじゃないんですけど)

やっぱり、曲や曲の展開に合わせて弾いている…ということと
早弾きするための、早弾きではないから、だと
思います。

今は、こういうスタイルも
そんなには珍しくはないのでしょうが
曲のためのライン…ということを
忘れないで演奏することは、とても大事なことのように思います。


今日の東京は晴れてます~~
最高気温は、24度。これから夜にかけて雨の予報になってます


今日の公園の森は、むしむし…っとした湿気が多い感じで
じと~~~っと汗、かきました


だいぶ、緑が多くなってきて、うっそうとした感じになってきました。

それでは、また!

3 コメント:

一条 さんのコメント...

こちらでは、初めまして。
こちらでの初カキコミで、ちょっとドキドキ。

自分の知らない音楽の世界の事を色々教えて頂いて、違う世界を覗いた感覚が楽しかったのですが・・・コミュニティエパーツの弊害に疲れたので、外してしまいました。
こちらは、お気に入り登録しましたので、これからもこっそりお邪魔させて頂いけたら幸いです。

一条 さんのコメント...

追記:
すみません。
先程のコメント・・・
『コミュニティエパーツ』→『コミュニティパーツ』です。

Tackerne さんのコメント...

こんにちは~~
コメントありがとうございます!

こっそりと言わず(笑)
お好きなときに来ていただいて、お好きにコメント入れて
下さいませ~~~
コミュニティーパーツのことは、拝見させていただいて
いました。
いろいろと、大変ですよネ
また、ブログも拝見させていただきますネ!

普段はコメント残さない一条さんが、コメントくれたので
とっても嬉しいデス!!
ありがとうございました~~~~~~~

コメントを投稿