2009年4月25日土曜日

CHUCK BROWN


前回の続きになりますが

さっそく、チャックブラウンさんの CD を探して
見たんですけれど
1枚、しかなかった… (ガクッ…)

この方は、前回書いたゴーゴーの創始者的存在だそうで
特にワシントンD.C. では
神様のように、今も崇拝されているそうです。

前回紹介した、トラブルファンクは
チャックブラウンの前座も、つとめたことがあるそうです。

私が持っていた
チャックブラウンさんのアルバムは、
ジャズの要素がけっこう入っているアルバムで
完全なゴーゴーサウンドではありませんでした。

全体的には、ソウルやファンク、
ジャジーな雰囲気の強い、感じです。

個人的には、こういうの割と好きな雰囲気なんですけど(笑)

チャックブラウン=ゴーゴー&ファンク!…というイメージが
強い人には、向かないかも。

ただ、ゴーゴーの匂いがする曲も、いくつかありまして
「 HAH MAN 」(1995年)というアルバムです。

このアルバムはチャックブラウンさん自身の曲は
9曲中、2曲のみ。
あとは、全部カバー曲です。

マイファニーヴァレンタインや、
ジャズバラードの曲などもありまして

この人のアルバム、You Tube でいろいろ聴いていたんですけど

アルバムや、年代によってやってる音楽が
かなり違っているので(!)

ジャズの要素が強いアルバムがあったり
ゴーゴー…というよりも、
すごく身体の揺れる、ファンクアルバムがあったり…

個人的には、
The Soul Searchers (ザ・ソウル・サーチャーズ)の
初期の頃のアルバム曲が、とっても良かった!!
私的には大好きです~~

同じファンクでも
カッチリした、キメキメなファンクではなく

どちらかというと、ユル~いリズムなんだけれど
身体が揺れるような
うねりの深いグルーヴ感が、個人的にすごく好みでした!

(これ、ゴーゴーではないよなあ…って思ったりもしたけど…)
(ゴーゴーは、この後なんでしょうネ)

Chuck-Brown & Soul-Searcher - Ashley's Roachclip
これは、ちょっと…どファンクからは、離れかけてますけど(笑)
個人的に、こういうタイプや雰囲気の曲調は
すんご~く好みなんです!! 演奏したら絶対気持ちイイ!!

1974年のセカンド「 SALT OF THE EARTH 」に入ってるみたいですヨ!

Soul Searchers - Blow Your Whistle
こちらも同じくセカンドから。


The Soul Searchers "We The People"
1972年、ファースト「 WE THE PEOPLE 」から。これも個人的に大好き~~
中盤のフルート、効いてますよん!!攻撃的~~~



1979年、「 BUSTIN' LOOSE 」から。
この頃になると、リズムやサウンドが多少変わってきている感じデス
でも、粘る揺れるグルーヴは、変わらず!
Chuck Brown & The Soul Searchers
If It Ain't Funky (1979)




同じく、「 BUSTIN' LOOSE 」から、 BUSTIN' LOOSE という曲。
CHUCK BROWN & THE SOUL SEARCHERS, BUSTIN' LOOSE


この BUSTIN' LOOSE という曲、
当時のソウルチャート1位に輝いた曲なんだそうです。

これがきっかけになって
ゴーゴーの存在が、徐々に広がっていって
大流行につながっていった、らしいですヨ

ライナーによると
チャックブラウンさんは、1935年ノースカロライナ州ガストンの生まれ。
現在も、現役みたいです!
( You Tube にもライブ動画ありました)

ジャズが大好きなんだそうで、
「 THE OTHER SIDE 」というスタンダードばかり集めた
ジャズ・ブルーズアルバムも出しています。

(彼が一番気に入っているアルバムなんだそうです)

モダンジャズギターの元祖でもある
チャーリークリスチャン、
B.B.キング、ジョージベンソンが好きなんだそう。

でも、ゴーゴーもジャズも、大好きだから
演奏し続けて行く、と
ライナーのインタビューには、書いてありました。

個人的には、ファースト、セカンド、 BUSTIN' LOOSE 。
この3枚のアルバムが聴きたい~~…と
思いまして

ネット通販見てみたら…

この BUSTIN' LOOSE 、
CD なのに、9400円(!!!!)もするんですヨ!!(笑)

なんで??? って感じです~~…
出てない、からなの?
出てないなら、早くどこかから、ちゃんと発売して欲しいんですけど…

とても高くて、手が出ません…


今回はチャックブラウンさんについて書きましたけれど、
そもそもの始まりは、
謎の CD 、…トラブルファンク?
なんだっけか…

から、スタートした訳ですが(笑)

ゴーゴー…がどうのこうの、というよりも
個人的に、ソウルサーチャーズの曲調やグルーヴが
とても好みで、良かったので

アルバム欲しい、聴きたい!!(笑)

-----------

今日もここまで読んで下さってありがとうございます!

ちなみに、彼は今でも
「ゴッド・ファーザー・オブ・ゴー・ゴー」と言われているんだそうです!

こういう知らなかったことも
ブログを通して、お勉強したり(笑)
記憶にとどめておくことが、できるので(多分…)

これからも
積極的にいろいろと調べたり、ライナーを見直そうかなあ、と
思います~~~

今回は、特に背景、知らないことが多かった!


それでは、また!

2009年4月24日金曜日

GO GO FUNK(トラブルファンク)


今回、また覚えてない CD が出てきまして…。

ジャケットは、見覚えがある。
しかし、中身はさっぱり覚えてない…。 ← まただよ

試しに、と聴いてみたんですけど
雰囲気は、覚えていて、当時のうっすらとした記憶も
甦ってきました。

当時、私が聴きたかったものとは違う…というか、
音楽としてやりたいものとは
ちょっと違っていたので
あまり、聴かずにそのままになっていた、 CD でした。

トラブルファンクのファースト「 DROP THE BOMB 」(1982年)です。


Trouble Funk - Drop The Bomb (1982)


久々に聴いてみて、耳についたのは
強烈なベースとドラムにパーカッション。

どっしりとした重低音に
様々なパーカッションや、複数の肉声が、それに色をつけていて
パワー全開、ホントにエネルギッシュでした。

いわゆる、ディスコサウンドのような、
80年代特有のシンセの音、という雰囲気もありました。

それだけではなくて

今の、ヒップホップやラップの原型…のようにも
個人的には、聴こえました。

1980年代
まだこの頃は、多分、ヒップホップやラップなどの
音楽ジャンルとして
今ほど、あまり明確には、別れていない時代だと思うので

こういうゴーゴーファンクやソウルなどの
ブラックミュージックから、派生してきたんだなあ…と

本当にあらためて、
黒人音楽の流れの一部ですけど、歴史を感じたりもしました。


このアルバムには、いわゆるきちんとしたファンク、
(きちんとした…というのもおかしいけど)

少し落ち着いたソウルフルなバラード曲も入っています。

実は、ライナー見るまで、まったく知らなかったのですが
こういう音楽を「 GO GO 」と言うんだそうです。

ゴーゴーファンク、ゴーゴースウィングとも。

ゴーゴーの定義、って何??
聴いてる限り、今までのファンクとの違いが分からない…と
正直私は、思ったのですけれど

音楽的には
ゆったりしたテンポ(早いテンポは一切ない)と
粘りのあるグルーヴ、

16分のハネたリズム(スウィング)、
バスドラのシンコペーションを活かしたリズム、

延々と続けられる演奏(30分以上は軽くらしい…)
コール&レスポンス
(演奏する側と、観客との掛け合い)

ゴーゴーサウンドとは、こういった特徴があるそうです。

ただ、ゴーゴーの本領発揮は、やっぱり上記を考えると
レコード向きではないのかも知れません。

ゴーゴーとはそもそも、ワシントン D.C. から派生した
地元黒人の、地元黒人の人たちによる
ローカルミュージックだったそうで。

(別名、チョコレートシティ 意味はだいたい分かりますよネ)
(ジョージクリントン? P ファンク?
 まさにこのタイトルのアルバム出てましたよね)

ワシントン D.C. と言うと
普通は、アメリカの首都、もしくは政治の中心地というイメージが
強いのですけれど

実は、この都市は調べてみたら
昔から、黒人が50%を超えるのだそうで

比率としては今も全米一、なんだそうです。
今は、減少傾向にあるんだとか。

60~70年代あたりから、ゴーゴースタイルの音楽が
存在していて

チャックブラウン、トラブルファンクによって
火がついて、全国的に広がっていったそうです。

当時、こういったゴーゴースタイルの人気が高かったのは
本国よりも、イギリスや日本、だったそうですヨ

Trouble Funk - Let's Get Hot
ディスコサウンドの雰囲気漂ってます~~
でも、このグルーヴはさすが黒人ならではの独特なねっとりリズム感。


Trouble funk-roll whit it
今回紹介したアルバム DROP THE BOMB とは違うアルバムですが
リズム隊が強烈、です。個人的には好きなリズムです


Trouble Funk - Let's Get Small (1982)
こういう曲を聴くと、ラップやヒッピホップ、ディスコ、ファンクが
全部混ざっているのが、よくわかるなあ、という感じがします~~



ゴーゴーは、一時的に流行したものの
今現在では、マイナーなものになっているようですけれど

地元音楽、ということで
世間的には衰退…してしまった感もあるのですが
今も地元では根強く残っている、とのことです。

----------

今回もここまで読んで下さってありがとうございました。

私自身、こういう歴史を知らなかったので
ライナーを読み返したり、調べたりして
少しだけですが、音楽の歴史が見えたような気分です。

ちなみにトラブルファンクというバンドの編成は10人!

その時々によって、
多少人数や人は変わっていたようですが
主要メンバーは、変わらずだったそう。

Vocals - Troble Funk
Keyboard 1 - Robert Read
Keyboard 2 - James Avery
Bass - Tony Fisher
Lead Guitar - Chester Davis
Perc 1 - Timothy David
Perc 2 - Mark Carey
Drums - Emmett Nixon
Trumpets - Taylor Read
Sax - David Rudd
Trombone - Gerald Read & Robert Read

You Tube 見てたら、最近の動画もあったので
今も活動されているみたいですネ!

ゴーゴーを調べたり、ライナー見てたら
チャックブラウンの名前もチラホラ…

アルバム確か持ってるので、これから聴き返してみようと
思います~~


今日の東京は、曇り。最高気温は16,4度。
あじさいの花のつぼみが見えてきました


たんぽぽも、ここはたくさん咲いている場所なのですけれど
写真では、緑と黄色のきれいな所、上手く撮れなかったので
ここだけ(笑) これも実は群生していてすごくキレイなんですヨ


今日は少し、もや~~って感じに。
新芽の緑は、やっぱりきれい!ですね~~


今日は、陸上のパーン!…というピストル音を
はなちゃんが怖がって、公園を大回りして歩くのが
精一杯…でした


それでは、また!

2009年4月22日水曜日

四つ葉のクローバー


今日お散歩に行って、草がたくさん生えてきたなあ~、と
思いまして

なんとなしに、クローバーも大きくなってきてるなあ、と。

いつも来る公園の草は、シロツメクサがたくさん群生していて
見てると、探したくなるんですよねえ
四つ葉のクローバー(笑)

探してみました。
いつもは、ほとんど見つからないまま終わることも
多いのですが

今日は!!
ほれほれ!!
見つけちゃった~~~


おお~~っ!…と思って
他にもあるかなあ、な~んて見てたら
ここにも!


すごいぞ~~…と我ながら、ちょっとウキウキしてたら
なんとその隣も、またその横にも…


3連発!!(笑)
すっごーい

それで横みたら、もうイッコ!!(笑)


…なんだか、すごいですよねええ
四つ葉の四連発…でした

なんだか、三つ葉のクローバー自体が
古代ケルト人の幸運のお守りだったそうですよん

キリスト教を広めるために
アイルランドに渡った聖パトリックが、

異教信仰との融和をはかるために
この三つ葉のクローバーを信仰、希望、愛に例えて
広めたそうです。

そういえば、ちょっと前に飲みに行ったバーには
緑のギネス?ハイネケン?…のロゴが入った、
(忘れちゃったよー)
(ハイネケンは、オランダみたいなので、多分ギネス…)

四つ葉のクローバーの
デザインのものが、たくさん飾られていました。

前々回のアメリカンアイドルでは
オープニング冒頭で
四つ葉のクローバーのデザインのグラフィックを
大スクリーンに出して

「聖パトリックデー、おめでとう!!」…ってやってました。

(それで、何となく意味がつながったぞ~~)

アイルランドでは、クローバーを国の象徴としているそうです。

三つ葉のクローバーにも
幸運の力があるとされてきたそうですけど

珍しい四つ葉には、より強い力があるとされているとか。

葉には、名声、富、愛、健康(幸運という説も) という意味が
あるとか、だそうです。

これを見た皆様にも、幸福が訪れますように!

あっ、ちなみに
見つけた四つ葉は、摘まずにそのままにしておきました。
(なんとなく…そうしておいた方がいいかなあ、と)(笑)

今日の東京は、曇り。最初は晴れてたんですけど。
今日の最高気温は、25.5度。

もう、どんどん緑が増えてきてますよん


桜も終わって、今度はツツジや、やまぶきの花が満開。
あじさいも、もうすぐです


それでは、また!

2009年4月20日月曜日

バー紹介( ZAPP )


今回は、また池袋でございまして(笑)
老舗の(だそうです) ソウルバーです~~

ここは、わりと池袋では
名前が知られている、ところらしいです
(常連さんも、結構多いらしい)

池袋西口を出て、西一番街、という
アーチを抜けて行きまして、この通り沿いにあります。


注意して見てないと、通り過ぎちゃうような…
お店の入り口が
ちょっとわかりにくい感じかなあ

(ちゃんと、看板もでてるんですけどネ
 他のお店に、埋もれちゃってる感じデス)

こんな感じで出ています~~~


ソウルバーと言いますと
どちらかというと…

ディスコ系統のお店といいますか
ディスコバー… そういうイメージとか
そういう曲を中心に、かけている所も
少なくないと思うんですけど

ここは、そういうディスコ系もありますが
けっこうソウルミュージック全体…として
もっと幅がある感じ、です。

ここは、2回ほど行ったことがあるのですけど
モータウンがかかっていたり
メイシオパーカーがかかったり。
リクエストも受けてくれます。

1回目に行ったときは
ものすごく音が大きくて、話し声が聞こえない感じで
ちょっとなあ…って、
正直思ってたんですけど

2回目に行ったときには
音量は、それほどでもなく。

ここも地下への階段を下りていくのですが(笑)


(なんだか、目が動いてそうでコワイんですけど)

入ると、ちょっとすえた匂いがして
(結構長く続いているから、かな?)

中は、さほど広くありません。

カウンターは5~6席くらい、かなあ
丸いテーブル席は、2つ。3人くらいは座れると思います。
あとは、壁沿いに、テーブル席が4~5席くらいかな?

1~3人くらいで来るのが、適当かもしれませんネ

いつ来ても、けっこう混んでいるので
ゴールデンタイムや 金・土などの、
みんなが飲みに出そうな、曜日や時間帯は
大人数だと入れないかも。

お値段は、全体的に普通な感じだと思います~~
ドリンクは、種類も豊富で、まず心配いらないと(笑)

フードは、おつまみ系中心ですが
がっつりのメニューもあります。

お腹が空いてるときには
他でちょっと食べてきた方が良いかも(笑)

客層は…
どうなんでしょか
私が行ったとき、限定…で言えば
わりと、20~30代前半… あたりかなあ?
意外と若い感じの人、多かった~~

ここは、ディスコ的なソウルバーとは違うので
ゆっくり、ソウルミュージックを聴きながら
話したりできる飲み屋さん、デス

---------------

今日もここまで読んで下さってありがとうございます。

また、いろんな所へ行ったらご紹介したいと
勝手に思っておりますが

気に入ったところは、何回も足を運んでしまうので
新規のお店に行くこともだんだん少なくなっていますが(笑)

実際に行って
あんまり良くなかった所は、書けないし…(苦笑)
まあ、適当に(笑)

最近では、時々ライブハウスにも足を運んで
いろんなジャンルの音楽を聴きにも行くようになりました


今日の東京は、曇り。時々太陽が出たりしてましたが
全体的には、雲の多いはっきりしないお天気でした~~

まだ、桜が残っていました~~


緑も、どんどん、うっそうとしてきてます


最高気温は、19.5度。
寒くもなく、さほど暑くもなく。お散歩にはとっても良い感じ。


それでは、また!

2009年4月17日金曜日

雨の日なので


今日は、雨空の東京です~~
なんだか、寒いですね~~
(最高気温は14.5度… さ、さむいヨ)

お散歩は、中止になりまして
家でのほほん… とみんな寝ております。
私も、チョイチョイ家のことなど。

合間に撮ったもの、なんですけど
ワンや、にゃんこのブログを見ていて
「かっわいいなあ~~」なんて思ったので

普段、うちのワンたち
あんまり自分のブログにも載せていないので
ちょっとだけ、真似してみました


ふだん、こんな家の中のあなぐらで寝ることが多い、はなちゃん。
(あなぐら、大好き)

せっかく寝てたんですけど
私がカメラを(しつこく)向けていたら、仕方がない…と
起きてきまして



ぶっさいくな顔で、あくびをひとつ ← ぶっさいくも、また魅力



カメラがキライなので
目は合わせようとしません



なんとしても、合わせようとしてくれましぇん…

なんか、イヤなの

それでも
私が居座り続けるもんで
仕方なく、大きく伸び~~をして出てきてくれましたが

他のワンたちのように
きちんと止まってくれないので

フレームアウトしてしまいました…


サイナラ


がくっ… はぁぁぁ
動物撮るのって、難しい~~~

--------------

今日も、ここまで読んで下さって、ありがとうございました。
昨日音楽…って思ったら
今日は、ワンコかい!…って感じですけど

他の方々のワンコや、にゃんこが可愛くて!!
なんか、私もやってみたい~~~… とか
思ったりしたんですが

むずかしい!

はなちゃんの足は、しゃもじ…みたい(笑)なんですけど
時々、「チョキ」…っていう足にもなります~~~

(豚さんの足みたいに)

小さい頃は、「うり坊」とか、「子豚」みたいでした
(今もあんまし、変わらない)(笑)

写真撮ってると
「超ぶっさいく」なときと「超カワイイ」時の落差が
激しい、はなちゃんでした(笑)

それでは、また!

2009年4月16日木曜日

JACO PASTORIUS


日本語タイトルだと
「 ジャコ・パストリアスの肖像 」(?) というのでしょうか
これを、久々に聴きました。

ウェザーリポートも、少し前に聴き直したところです。
(やっとサムクックさんから抜けられた)(笑)

これは、なんで持っているか…というと
当時のベースをやっている方々が、
口々に ジャコパス、ジャコ、ジャコ…って(笑)
どこかしらから、必ず名前が出てくる。

なので、それならどういう人なのか、聴いてみようと
思いまして。
それがキッカケ、でした。

当時は、自分が音楽的には
とても中途半端な時期でもありまして

だから、当時の、この人の印象は、
なんだか…複雑なベースを弾く人なんだなあ…という程度でした。

今、オババになって(笑)
あらためて聴き直してみると、また違った印象もありました。

フレットレスの独特の音、ウッドベースみたいな音色、ハーモニクス音。
とっても音が伸びやかだなあ、と。

(こう、ただ伸びてるだけではなくて、もちっとした感じ)
(この人の、グルーヴリズムでもあるように聞こえる)

幻想的な曲調もあり、流れるような感じです。
きっと弾いてるとき、
身体がすごく揺らいで弾いてるんだろうな、とか。

ハーモニクスのきっかけは
彼が10代の頃に、ギタリストが
チューニングするのに、ハーモニクスで音を合わせたりするのを見て、
演奏に取り入れ始めたそうです。

(ギター弾く方は、誰でもやりますよね)

ハーモニクス奏法なんですけど
普通、ベースやギターなどの弦楽器は
左手で、弦を指板に押さえて、音を出すんですが、

ハーモニクス音は、左手で弦は押さえずに、弦に軽く触れて
ポーン、という音を出す奏法のことデス

使い方によっては
とっても幻想的な雰囲気も出せます


私は、この「 JACO PASTORIUS 」(1976年・ソロアルバム)と
「 HEAVY WEATHER 」(1977年・ウェザーリポート)しか
残念ながら、聴いたことがありません。

で、今…きちんと聴き直して見たんですけれど
曲は、ウエザーリポートの方は
ほとんどちゃんと覚えていまして。

ソロアルバムの方、
ソロフレーズや、音色を聴いて
ああ…こんな雰囲気の人だった、と意外にも覚えていまして。

(私のこの方の印象は、ソロアルバムの3曲目、
 CONTINUUM という曲のイメージが強いんです)

(この COTINUUM という曲は、彼が19歳の時の作品!だそうです)

You Tube で、動いてるジャコパスさん、初めて見ました(笑)

エフェクト、奏法、ベース本体を
これだけ複雑にいじりながら、ベースを弾いていたのですね~~

アルバムのベース音や、奏法も、かなり凝った感じでしたけど
ライブで実際に見ると、すんごいな~~…という感じです。
(関係ないんですけど、なんだか、歩き方も独特…)


ソロアルバムの2曲目「 COME ON, COME OVER 」です。
(こういうタイプの曲、
 彼が10代後半の頃によくバンドで演奏していたそうデス)
Jaco Pastorius "Come On, Come Over"
これはソロアルバムに入っている曲ですけど
全然、忘れてました!!(笑) ごみんなさいいぃ
ソウルファンク好きの私としては、とっても好みデス!



ソロアルバムでのメンバーは

サム&デイブ(Vo)
ハービーハンコック(Key)
ブレッカー兄弟(Sax,Trumpet)
デビッドサンボーン(as)
ドンアライラス(Perc)
ウエインショーター(ss)

他にもいろんな方が演奏されています。


これはウェザーリポートの3曲目です
Weather Report - Teen Town

スタジオ盤は、幻想的…怪しげな雰囲気も漂っている感じですけど
ライブ動画では、より疾走感があって!
こっちバージョン、個人的にかなり好きです~~


ライナーと、ウィキペディアによると

1951年12月1日ペンシルベニア州ノリスタウン生まれ。
7歳で、フロリダに移住。
初めはドラムを叩いていたそうなんですけど
腕の骨折のため、15歳でベースに転向したそうです。

小さい頃からカリプソ、キューバミュージック、ジェームスブラウン
チャーリーパーカー、マイルスデイビス、ジミヘンドリックスなどなど…
様々な音楽を聴いてこられたようです。

(カリプソ、キューバ音楽はフロリダならでは…ですよネ)

プレイスタイルも、ベースにあるのはジャズスタイルかなあ、とも
感じたんですけれど
この人のアルバムは、「 何々風 」…っていうのは
あんまり当てはまらないかも…

この方も、1987年に亡くなっているんですよね

直接の死因は
クラブでの乱闘が原因で、強く頭を打ち付けたことによる、
脳挫傷…だそうです
35歳という短い生涯でした。

私が驚いたのは
彼が、躁鬱病にかかっていた…ということ。
(知らなかった)

なんで精神を病んだのか、
直接の原因はよく分からないらしいんですけど

ウエザーリポート脱退、離婚などのあとに
ひどくなっていったそうです。

それに伴って
お酒とドラッグも絡まって
そういう精神状態と、身体の状態から、乱闘…ということみたいです。
(詳しくは、ウイキペディアへ)

私が持っているアルバムは、多分絶頂期の頃のものだと
いうこともあり

個人的にはあまり、そういう雰囲気…
演奏からは、まったく感じられません。
とっても伸びやかでイキイキした感じです。

もう少し、長生きされてたらなあ…
なんで、こう、ミュージシャンの方、短命が多いのかな
う~~ん…

早熟だったから、短命だったのか
短命という運命だったから、早熟だったのか

答えは、出ませんね

-------------------

ここまで読んで下さって、ありがとうございます。
ジャコさんは、早弾きもされますけれど
個人的には、あまり気にならないんです。

(私は、早弾き、あんまり好きじゃないんですけど)

やっぱり、曲や曲の展開に合わせて弾いている…ということと
早弾きするための、早弾きではないから、だと
思います。

今は、こういうスタイルも
そんなには珍しくはないのでしょうが
曲のためのライン…ということを
忘れないで演奏することは、とても大事なことのように思います。


今日の東京は晴れてます~~
最高気温は、24度。これから夜にかけて雨の予報になってます


今日の公園の森は、むしむし…っとした湿気が多い感じで
じと~~~っと汗、かきました


だいぶ、緑が多くなってきて、うっそうとした感じになってきました。

それでは、また!

2009年4月14日火曜日

植え替えと植え付け


こう見えても、緑とか、けっこう好きでして(笑)
森、だとか、草花とか。

この時期は、いろいろと植物たちの植え付けやら、
植え替えの時期なんですけれども

けっこう去年の前半までは、いろいろな花とか野菜とか
観葉植物とか、好きで世話したりしていたのですけれど

昨年後半から、ボケえぇぇ~~~~~~っとしてしまったこともあり…

きちんと世話をしなかったせいで
枯れさせてしまったり、実がつかなかったり…
放りっぱなしでした (すんごく反省…)

そのせいで
今年は、ベランダの植物も、家の中の観葉植物たちも
数が減ってしまって寂しいなあ… と思っていたので
ホームセンターへ、
ホントに久しぶりに花を見に行ってきたんですが

またこれが、今の時期は、野菜の苗とか、花とか
とにかくたくさんの種類がありまして
とっても魅力的…すぎまして(笑)

野菜は、今年は買わないつもりだったのに、ラベルに惹かれて
買ってしまった!!(笑)

だって、こんなラベルなんですヨ!!

すんごく我慢してたのに… でも我慢して1株だけ(エライ!!)

今まで、シチューかカレーなのか分からないけど
こんなに美味しそうなラベル、見たことないよ!!(笑)

しかも、加熱するとさらに甘みが増す…とか書いてありまして~~~
(トマト大好きなのデス)

誘惑に負けて…買ってしまいまして。

そいでもって、植え付けてみました~~~


これから、ちゃんと育ってくれるのだろうか…
がんばろう~~~

あとは、観葉植物も、だいたいのものは植え替え、
今の時期がいいみたいなので
エイヤ…っと、ついでに
植え替えが必要なものだけ、植え替えまして。


これは、昨日購入した観葉植物。植え替えました。なんていう名前かは…
書いてあったけれど忘れちゃった
(音楽に限らず、私はみんなこうなんです)

でも、葉っぱが以前育てていたものに似ている感じなので
様子をみながら育てて行けそうかなあ、と。


これは、随分前に一度、購入したことがあったんですけど
失敗…した観葉植物。これもポピュラーですよネ

今回は、リベンジです。
まだ根があんまり張った感じではなかったので、
そのまま鉢カバーに入れてあります~~


これも、ポピュラーなヤツですけれど
実は、昔から何度も育てたことがあって

高さが30センチくらいまで、ワッサワッサ…と
いったことがあるんですけど
必ず、水やりと水はけで失敗して腐らせてしまうんです~~~…

これは、もう1年か1年半くらいは経ってるかなあ?
あ、これは今回、植え替えてません~~
(来年か、そのあたりがいいかもなあ、って感じデス)

基本的に、あんまり育った観葉植物は買わないんです
(値段がイッキに高くなるから)

高さ10センチ以内の小さなウォータープランツのものを買ってきて
土に植え替えて、何年もかけて、大きく育てます~~
(小さいものなら、100円台で買えるから)(笑)

このヤシさん、何度も失敗して思ったことは
水はけを良くするために、土に砂を混ぜるか
砂だけでもオッケーかな…って。

その方が、なんだか元気で良く育つんですヨ

それで、冬は、水はほとんどあげない方が成功する!!(笑)
(葉水は、定期的にあげた方が良いみたいですね~~)

乾燥…しすぎてるよう~~…ってくらいでちょうどいいかも
(私は、冬に失敗してた…)

私がボケ~~~っと世話を怠っていたことが、逆に良かった??(笑)
とりあえずはまた、大きく育ってくれますように!


これは、今回植え替えたものです
だって鉢の底から、野太い根っこが思いっきり出ていたから(笑)

今回は一回り大きな鉢に植え替えました。
これは、ドラセナ系なのかなあ?(忘れた)

これも実は、もとは小さなウォータープランツでした。
(両手にすっぽり収まるくらいの小さな苗)

これも2年目くらいだと思うんですが、世話を怠っていたのに
ちゃんと生きててくれました。

去年は、春、なんと小さな白い花が咲いたんですヨ!!
(花が咲くなんて知らなかったから、すんごくビックリした)

今年は、植え替えて、伸びていた根っこも切っちゃったから
無理だろうなあ… 来年に期待!

今年の春、すごく嬉しかったのが一昨年かな?
12月に購入した、キンモクセイ。

去年の話なんですけど

去年は新芽どころか、植え替えたらとたんに元気がなくなっちゃって
大丈夫かな…って思ってたんですけど
春になって、あらためて見てみたら…

なんだか枝が白くなってるぞ、と。
どうやら、カイガラムシみたいで(泣)

植え替えの影響もあってか、弱っていたところに虫…だったので
当然ながら
春になって、公園のキンモクセイが一斉に新芽を出していても

ウチのキンモクセイは、まったく芽を出さず…
当然、秋に花をつけることなど全くなく…

こりゃ、本当にだめなのかも…

それでも、あきらめきれないので、
どこかで見た、手作りの「 強烈虫除けスプレー 」を作って
霧吹きで定期的に吹き付けたりして

(威力すんごいです ワンコも逃げ出す…)

そのおかげかな?環境に慣れてきたのか
今年はきれいな新芽が、たくさん出てきました~~~


もっと、去年の今頃は、寂しい葉っぱ加減だったのですヨ(笑)
やっと慣れてきてくれたかなあ(嬉)

8年越しの紫の菊の花もあるし、
4年越しのかすみ草も、順調に花咲いて、育ってくれているので
今年こそは、ちゃんとお世話しないと!

はなちゃんの、先ほどのショット(笑)
彼女は、頭をちゃんと枕にあてて、寝るんです~~
あと、お座りするときも
ちょっとした段差があると、そこに腰掛けて座ったりする
面白いクセを持ったコなのですヨ


------------

今回も、ここまで読んで下さってありがとうございました。
音楽とはまったく関係ないんですけど(笑)
ここに記しておくと
来年、どれ植え替えたかなあ、とか分かるので(笑)
書いておこうと思いまして。

それでは、また!

2009年4月13日月曜日

ハーレムスクエア1963( SAM COOKE )


今まで、サムクックさんは、実は私…

ベスト盤でしか聴いたことがなく
最近聴き直してみた、アルバムの中に
実は、サムクックさんもありまして。

あ~~、これこれ、こんな感じだった…懐かしいなあ…と
思いながらも
そのアルバムを聴く限りでは

とってもソフトな声と歌で、曲調もオールディーズみたいな感じで
(…というか、英語の意味通りでいけばそのままオールディーズなんですけどネ)

浜辺で聴いたら、気持ちいいだろうなあ…って
思いながら、懐かしく聴いていたのですけれど

最近、少しずつですが、いろんな人のアルバムを
購入するようになりまして

そういえば、サムクックさんって… 
ベスト盤しか持ってないけど、ライブ盤って、出てるのかなあ…
な~んて
軽~い気持ちで探してみたら、

ちょうど
「 ハーレム・スクエア・クラブ1963 」というライブアルバムが
あったので、購入してみまして。

音楽を聴くようになって
いろんなミュージシャンのインタビュー、音楽記事に
サムクックさんの名前が、チラチラ挙がる…というのも
理由のひとつ、でした。

何週間もかかってや~っと、サムクックさんのライブ盤が
最近やっと届きまして
聴いてみたら…

ええっ???
これ、ホントにサムクック?!

…というくらい、今までの印象と違っていまして…

(…ていうか… ぜんぜん、スタジオ盤とは別人のようですヨ!)

なんていうか
しょっぱなから、もうすごい熱気と迫力で。

しかも、聴いてると、「 汗 」とか「 つば 」とかが
スピーカーを通して、飛び散ってくる感じなんです。

(本当に、飛び散ってくるかと思った)

激しくて、オーラが出まくってる感じ。
とにかく、観客もそうですけれど、彼らが全開全力で演奏してる、と。
もう、音が全てを伝えている…といいますか。

しかも、年代見てまたビックリ…で。
1963年のもの、なんです。このライブ。
全然、古くない…というか、古く感じない。

リマスターのせいではなく、このライブ全体が古さを感じさせないものです。
びっくり…しました。

サムクックさんって、本当はこんな人だったのね…と
初めて知りました。

(うう…またまた 知らなくてすみませんでした…)

これは、なんといいますか
こんな知らない私が言うのも、なんですけれども

サムクックさんのスタジオ盤買うなら
まず、このライブ盤を聴かれた方が、いいかもしれません。
それくらい、本当に良かった。

サムクックさん…という方も、やっぱり何も知らなかったので
今回は、日本語レビューがついているものを買ったのですが
私にとっては正解、でした。

このアルバムは、問題作、衝撃作、名盤… と
当時から、いろいろ言われてきたアルバムのようで

サムクックさんは、好きな方も多いし、有名な方なので
細かいことは、割愛しますが

私は、何の予備知識もなく、このアルバムを聴いたので
とにかく、凄いアルバムだな、とビックリでした。

(買って聴いて、良かった!!)

1985年に発売されたそうですが、2005年にリマスター盤が
新しく出たみたいで、今回購入したのはそっちみたいです。

このアルバムは
ロック、ブルース、ソウル、ジャズなど…ジャンル関係なく、
音楽が好きな人であれば、一度は聴いてみるべきアルバムだったのか…と
(私が言うのも、なんですが)

本当に、そう思いました。
(もっと、早くに聴くべきだった…)

個人的には、全10曲、どれもすんごくたまらないのですけど(笑)

6曲目「 Twistin' The Night Away 」のイントロで
強制的に、耳がスピーカーに、戻されてしまう!!
どうしても、耳に残るんです、この曲とイントロ。

1963年に録音されたものなのに
1985年に初めて発売。

時代がまた、もう少し違っていたら
もうちょっと長生きされていたら

もしかしたら、いろいろなサムクックさんが聴けたのかもしれません。

SAM COOKE NOTHING CAN CHANGE THIS LOVE LIVE!!!
このアルバムの9曲目です。


Sam Cooke ,feel it live
このアルバムの2曲目です

本当は、6曲目も聴いて欲しかったけど、見つからなかった… (残念!)
-------------------

ここまで、今回も読んで下さった方、ありがとうございました。

本当にこのアルバムは、ビックリ…でした。
怒濤のようにあっという間に、聴き終わってしまったアルバムで
何回も、飽きることなく、今もループして聴いています(笑)

本当に、まだまだ
知らない、素晴らしいアルバムがあるのだ、と
痛感させられた、1枚でした。

聴いている方も多いと思うのですけど
もし、聴いていない方がいらっしゃったら、ぜひ聴いてみて欲しいなあ、と(笑)

理屈ではなく、五官すべてで感じることができるアルバムでした。
名盤、と言われているのも、納得…です!

今日の東京は、またまた晴れててイイ天気、です~~~
公園の桜は、やっぱりほとんど散ってしまっていましたが
ここだけ、少し残っていましたので。


最高気温は25.4度。
今度は、桜のかわりに緑の新芽がたくさん出てきています~~~


他の花も、こんなにキレイに咲いています~~
あじさいも、葉が大きくなってきていました



それでは、また!

2009年4月10日金曜日

ガマンとジレンマ


最近、なんだか刺激が多くなってきてまして(笑)
(そりゃ、当たり前ですよねえ)
(音楽に触れるようになってるんですから)

え~っと おわかりの通り、「 刺激 」と言いましても
主に音楽…なんですけれど

昔の音楽仲間が、デビューに向けて
レコーディングをしているようです。

ずいぶん、苦労や犠牲を払ってきた…のではないかなあ、と
個人的には思っていたので
本当に、やっと報われてきたかなあ…と。

以前もブログで書いた通り
「 継続は、チカラなり 」なんです。

私も含め、若い頃は好きなことを好きなだけ。

ある程度、好き勝手にいろんなことにチャレンジすることが
できると思うのですけど

ある年齢に達してくると
様々な事情で、続けられなくなったり
夢と現実でさまよったりして

人によっても、いろいろと難関な時が
あるんじゃないかなあ…と思ったりします。

音楽で食べていくこと自体が
とても大変で、難しいことだと。

それでも
自分の好きな音楽を続けて行くことは
日本では、特に難しいことだと感じます。

あくまでも、好きで…、趣味で…というなら
話は別ですが

本当にプロとして、お金をもらっていくことを目指しながら
生活していくことは
現実は、いろんなものを犠牲にしなければならなくて
世間の風当たりもあり
本当に、大変なことだと。

なので

今までの苦労が、ちゃんと報われるといいな、と
心から思ってます。

(がんばってほしい!!)


私は途中で止まってしまいましたが

音楽に詳しい人からの話や、音楽仲間との話、
音楽を続けている方々のブログや
当時は、聴いてなかった、新しい音楽を聴いていると

ちょっとジレンマみたいなものが
こみ上げてきます(笑)

でも、今まで好き勝手やりたいことを、即実行で
やってきたことで
周囲の人々に迷惑をかけたり
中には、傷つけてしまった人もいるもので

そのツケが
今、回ってきてるかな…という感じがしています。

我慢とか忍耐…ということが、どんなに大事でキツイことなのか(苦笑)
まあ、今まで本当にそれを理解せずに
来てしまったこともあり

ここは、わたしのふんばりどころ、デス

ただ、最近
ギターをリペアに出すことを相談したりしていまして(笑)

えっと…

お恥ずかしながら、かなり弾かない期間が
長かったもので
ちょっといろいろと、ガタがきていて
実践で弾くのは、ちょっと難しい状態です。

(家…とか、遊び…とかなら、全然問題なし)
(楽器は、定期的に触らないと、どうやっても痛むものです)

相方さんとも話し合ったのですが
信頼のおけるところでないと、難しいので
今は、いろいろと考えて話し合っているところ。

ちなみに
ギターをリペアに出したいことを
相方さんに話したら…

ピン と来たようで(笑)
きちんとワンコたちの面倒を今まで通り見ること
(要は、忘れないで…と言いたかったらしい)

…と釘をさされました…

(さすが、長年の付き合い…わたしを分かっている)

あっ、彼が心配してるのは世間一般的な、いわゆる…意味ではなく

以前にも書いたのですが
いったん、何かを始めると
見境がなくなり、周りが一切見えなくなるので(苦笑)

(それが普通レベルではないことも、相方さんは理解している)
(自分ではコントロール不能…)

なので
私が、ギターを始めることに
ちょっと警戒感を示していたりして(笑)
怖い…みたいです

わたしも、そうなると自分でもちょっと怖いので
(懲りた)

リペアしてきて、またギターを触るようになったら
気をつけないといけないなあ…と
本気で思っています。

はあ~~~(笑)

音楽っていいなあ…って、また実感できるようになりたい!

それから、今も音楽を続けていらっしゃる、世の、中年男性、女性方。
ずっと、じじばばになるまで、頑張って続けていって欲しいな、と。

----------

今日もここまで読んで下さってありがとうございました。

結局、またブログをはけ口にしてしまった訳ですが(笑)
やっぱり、吐き出すことで
すこうし、楽になるかなあ?

多くの人に見てもらえるブログでないことは確か…
でしょうねえ~~~(笑)

いや~~吐き出しました
ブログ、さまさま(笑)

今日の東京は、晴れ晴れ!!25.8度も上がりまして~~
これ、キレイでしょう? 何の花か分からないんですけど


ちょうどピンクとピンクの花が重なってて!ピンク&ピンク!!
きゃわいい~~~
毎年、色を考えて植えたのか…? と思ったりしながら
通り過ぎています


桜は、もう葉っぱが目立つようになって
すっかり散ってしまった感じです


それでも、まだ少し遅咲きの桜が残っていたので
撮ってみました


今年は、今週末くらいでこの公園の桜は見納めかなあ


今日は、気温が高かったので、ダレダレしていたタロ(笑)
歩いた後だったので、木陰での~んびり、してました



それでは、また!

2009年4月8日水曜日

ハイレコードつながりで( ANN PEEBLES )


ハイレコードつながりで、アンピーブルズさんを。
この方は、少し前に聴き返して懐かしいなあ…
な~んて思っていた人です。

この人も、何となしにジャケット見てたら
すっごくかわいい笑顔の女性が写っていて、かわいいなあ…って
思って買ってしまった人。

よく聴いていたのは、セカンドアルバムの
「 PART TIME LOVE 」(1970年発売)でした。

特に3曲目の「 I STILL LOVE YOU 」はとても印象が強くて
聴き返したときも、懐かしい…って。

以前も曲紹介したことがありますけれど、とりあえず。
Ann Peebles - I STILL LOVE YOU


この時、アンピーブルズさんは23歳。
ライナーによると、1947年4月27日生まれ、もうすぐ62歳ですネ
今も、現役だそうですヨ。

(You Tube にも、お元気そうな姿が見られます~~)

ファーストアルバムは、セカンドと6曲もダブっているため
あんまり出回っていないそうです。
なので、実質的にはセカンドが、ファースト…ということになるのでしょうか

アンピーブルズさんも、やっぱり幼い頃から教会音楽、
ゴスペルグループで歌っていたそうです。

一時、子育てやレコード会社などの事情で、第一線からは
退いていたそうなのですが、
教会などで歌を歌い続けていたそうです。
(1989年に復帰されています)

You Tube を見ていると、
4作目の「I CAN'T STAND THE RAIN 」からの曲が、圧倒的に多いので、
こちらの方が有名なのでしょうネ

個人的な印象は、
2作目「 PART TIME LOVE 」は初々しくて、
一生懸命さがよく伝わってくる…という感じ。
曲調も、挑戦的なものとか、明るい感じのものが多い気がします。

3作目「 STRAIGHT FROM THE HEART 」は、
力強さが増している、というか強調されてる、というか。
曲調もバラエティに富んできているというか。

え~…っとごめんなさい、写真はセカンドからの流用デス
(めんどくさかった)
3作目の中から、特に力強い!…と感じたものを。

HOW STRONG IS A WOMAN



4作目1973年の「I CAN'T STAND THE RAIN 」になると
かなり洗練されてきてるなあ…という印象です。
歌も、曲調も、流れるよう…というか。

Ann Peebles - Until You Came Into My Life
4作目から。
こういう、流れるような、優しさがうかがえるような歌い方に
変わってきています。
曲調も優しい雰囲気と懐かしさを感じます


Keep me hangin on - Ann Peebles
こちらも、4作目から。
全体的に、アルバムを通して歌の力強さはそのままに、
肩の力が抜けて柔らかさが出ている感じです。


こちらは、復帰後のアンピーブルズさん。
もっと、新しい映像もありましたが、とりあえず~~
Ann Peebles w/ Paul Brown feat; Malcolm Cullen on Guitar


こうやって、復帰して、また音楽活動を続けていけるって
本当に、良いですよね。

最近の動画も見ましたけれど、表情がとても柔和になっていて
本当に楽しそうに歌っている姿を、嬉しく感じながら
見ていました。

これからも、バリバリで活躍して欲しい~~~

-----------------

今日もここまで読んで下さって、ありがとうございました。
アンピーブルズさん、ちゃんと書いてなかったなあ…と
思いまして(笑)

…とはいっても、あまり参考になることは
相変わらず書いてません(笑)

私は、当時2作目~4作目までしか聴いたことないのですけど
そのわずか数年で、歌も曲調も、すごく進化してるなあ…という
印象を受けました。

今日の東京、またまた晴れてます~~
今週は、比較的お天気が安定してますね~~


昨日よりも、桜吹雪がすごかった~~


今日は薄着で出かけたんですけれど、暑かった!最高気温22.4度。
おにぎりでも、持って行けば良かったかなあ(笑)



それでは、また!

2009年4月7日火曜日

バー紹介( ROCKIN' CHAIR )


今回は、新宿です~~~
歌舞伎町の、さくら通り沿いにあるバーです。
「 ロッキンチェアー 」といいます~~

今回、なぜ新宿なのか…といいますと

実はわたしが20代の頃、よく通っていたお店で、1か月ほど前に
フ…っと思い出しまして(笑)

当時は新宿で働いていたので
歌舞伎町や2丁目、3丁目などを中心にして、
みんなで仕事後に飲みに行ってた場所のひとつ、でもありました。

まだ、あのお店、残ってるのかなあ…な~んて
すんごい軽い気持ちで検索してみたら… あった!!!(笑)

すごいですよね~~
だって、もう15~16年か、それ以上経ってるのに
不景気も何のその!
まだちゃ~んと、続いているんですから~~~

今は、こんな看板になっています。
なんか当時は、木材の看板でつり下げられていたような気がするなあ
ロゴも、面影はあるんですが
ちょっと変わってるように感じます~~


しかも、いつのまにか姉妹店が!(笑)
ロッキンチェアーは、B2ですけど
その上のB1には、ソウルバーが出来てました…
シャッフルビート、と言うんですネ


今回は、両方とっても魅力だったんですけど
やっぱし、懐かしや~~…のロッキンチェアーへ行きました。


入り口前に、中の様子がわかるように写真が飾られてます
ここ、よく見ると… 創業32年…と何気に書いてあることに
気がつきまして!

中に入ったら…
すえた匂い、薄暗い明かりの雰囲気は、当時のまま!

カウンターとは別に、
大きなテーブルを菱形にレイアウトしたカウンターみたいな席が
あるんですけど

それも、そのまんまで(笑)
(よくその席に座っていたんです)

奥は一段、床が高くなってる作りも相変わらずで
懐かしかった~~

カウンターは、菱形テーブルも入れて15~18席くらいかなあ、
テーブル席も6席くらいはある感じで
割と席には余裕があるので
お一人様でも、4人くらいで来ても大丈夫な感じです。

入り口付近のカウンター席。

ここは、いつも混んでいるイメージがあったのですが
今回は、やっぱり時間が早かったため、空いていました。

でも、やはり夜遅くになればなるほど混むのは
今も相変わらず…だそうです
(相方さん・談)

朝5時までやってるので、終電逃したら、ここで粘って
始発で帰るか、仕事場に泊まる… んで、またそのまま仕事する…
なんてことを毎日、ヘーキでやってました(笑)

(ロッキンチェアーに限らず、なんですけどネ)
(若いから、何でもできちゃうのだ)(笑)

でも、当時はロッキンチェアー、薄給の私たちには
毎回、飲みに行くことができるほど、安いお店ではなかったので(笑)

お給料が出たら…とか、
ちょっと小金が入ったら…とかいう時に、行ってた記憶があります。

メニュー見たら、お酒の値段が、多分…ですけれど
当時と金額、あまり変わってない気がしました。
種類には、困りませんので大丈夫です(笑)

全体的にはごくごく普通のお値段で、飲むことができると思います。

チェーン店の居酒屋さんほどは安くないけれど
バーとしては、ごくごく普通の、良心的なお値段。

フードも、わりと種類があるので、1軒目に行ってもいいし
夜遅くまでやっているので、2軒目、3軒目に行っても良いのでは。


テーブル席の横の壁。いろんなラベルやステッカーがびっしりデス

各テーブル、カウンター席には、写真にもありますけど
リクエストカードがありまして

ドリンクメニュー、フードメニューの他に
ミュージシャンメニューもあります(笑)

その書いてある名前の中から、リクエストして音楽をかけてもらう
システムになってます。
ちょっと忘れてしまいましたが
ロックやポップス、ソウルミュージックなどがありました。
わりと有名どころは、ちゃんと押さえられてます~~

私の当時のイメージはジャズとか、ジャニスジョプリンとか
いろんなジャンル、かかっていたような気がします~~

今回は、とにかく懐かしくって
いろんなことを思い出したりしてました。
(ホント、懐かしかった)

今度は、B1にあるお店も入ってみたいなあ(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
にほんブログ村

今日も、ここまで読んで下さって、ありがとうございました!
なんだか、一番何も考えずに、
楽しいときを過ごした時期でもあるので
いろいろと思い出深いこと、たくさんでした。

昔は、ホントに場末のバー…みたいな(笑)
隠れ家っぽい雰囲気の、お店でもありましたが
今は、かかっている音楽も、ちょっと洗練された感じでした(笑)

(場末のバー…って、もちろん良い意味ですヨ!!)(笑)

今日の東京は、またまた見ての通り、イイ天気!


今日は、ちょっと暑いくらいの最高気温22度!
桜は、すでに散り始めています~~


今日は、お散歩中、あまりにも気持ちよくて(笑)
でろ~~んとダレながら、木陰で2匹と1人、お花見しながら
はなちゃんが、落ちてたカケラをガム代わりに遊んでいたのを
ボヘ~~っと見てなごんでおりました(笑)


それでは、また!