2009年3月13日金曜日

BLUFUNK( ブルーファンク )


最近なのですけれど
よく拝見させていただくブログの方のライブ音源を
拝聴しまして。

フッ…と、キザイアジョーンズさんを思い出しました。

(懐かし~~~)

彼はわたしがまだバンドをやっていた頃に
デビューしまして
確か…音楽雑誌か何かに、彼のデビューアルバムの
レビューが載っていて

そのコメントが良かったので
試しに買ってみたヒトだった、と思います。

アコースティックギター…というイメージが
とても強く記憶に残っています。
当時から、とっても印象が強くて、よく聴いていた一枚でした。

ちなみにキザイアジョーンズさん
アコースティックギターを弾きながら、歌います。

(もちろん、エレキも弾きますけど
 アコースティックの印象がどうしても強い)

最近、改めて聴き直しているのですが

この人のギターのリズムグルーヴ、
やっぱり今聴いても凄いですネ。

KEZIAH JONES - FRINIGRO INTERSTELLAR
ファーストの中の1曲。サッと見つからなかったので
自分でアップしちゃいました(笑)
攻撃的な曲、こういうの大好きです~~


デビュー当時から、ギターの技術がすごくて
話題になっていた人でもありました。

ギターが「 リズム 」なんですヨ~~

(わかりにくいよ)

ギターの音も、リズムになっちゃって
ミュート音や、カッティング音なんかも
とっても効果的なんです。

ギターのボディさえ叩いて
リズム楽器としても、使ってしまいます~~

ギターの音も
限りなく生音に近くて、
個人的にとっても好きな音色でもあります。

(生音が消えちゃうほど、音をひずませるのは無粋だと思ってる)

この人の音楽は、本来は明るい曲じゃないかなあ、と
感じるものでも

なんとなく、「 憂い 」というか
いつも、曇りとか、雨…というか
音楽だけ聴いて思う、私の勝手なイメージなんですが(笑)

複雑な性格のヒトなのかなあ…
精神性みたいな…
音楽聴いていると、そういうものを強く感じます。

(うまく言えないけど)

ノーテンキに
「 今日も酒とオンナだぜ~~~! 」

…という雰囲気の曲は、イッコもないんですけど(笑)

(うっ…今、初めて歌詞の訳詞みたら
 恋愛のことなんてイッコもない…
 やっぱりなあ… そんな感じします)

訳詞みてると
なんだか、やっぱり…
哲学的、というか、けっこうどれもシリアス…

音楽自体は
リズムで聴かせる!…という感じデス。

いわゆる「 ファンク! 」というものとは
ひと味、違いますけど

リズムは、このファーストアルバムに関しては
ファンクのリズムで、すごくハネたリズムです。
レゲエの匂いもします。

ギターやっているヒトなら、興味津々なのでは。
(ギターの技術、
 個人的にはすごく参考になると思ってます~~)

ちなみに
You Tube でキザイアジョーンズさんの動画を探してたら
たくさんのアマチュアの方々が
キザイアさんのギターをコピーしている動画
出てきましたよん(笑)

ドラムやベースもすごくこの人のギターと合っています。

KEZIAH JONES - RUNAWAY
こちらもファーストから。ハードですがかっちょいい曲です!
私の好みです~~スリルがあるから!(笑)

ライナーによると
もともと彼は、ナイジェリア出身で
部族の族長(!)たる、由緒正しき家柄で
お父さんは、大会社の社長さん…だそうです。

他のお金持ちのおうちと同じく(笑)
8歳で、イギリスのパブリックスクールへ。

学校にあったピアノがきっかけで、音楽人生が
始まったようです。

ロンドンには、大道芸人(バスカー、っていうの?)が
多いのだそうですけど

彼も、学校を飛び出して
路上や地下鉄、道ばた、たま~にクラブなどで
自分の作った曲を、しょっちゅう演奏していたみたいです。

(一族からは、跡取りだったので、当然ながら
 「 掟 」を破った…として、反発があったらしいですヨ…)

ブログのタイトル「 BLUFUNK 」(ブルーファンク)とは
キザイアジョーンズさんが、つけた造語で
ブルースとファンクを合わせ持つ…ということらしいです。

リズムがキツいくらい、
すごくしっかりグルーヴしているので
聴いてる方も、身体が自然と揺れてきます。

ファーストアルバムのタイトルは
「 BLUFUNK IS A FACT ! 」、1992年発売だと。

わたしは、残念ながら、これしか持ってないのですが
動画をいろいろ見たりしてると

ファーストアルバムの時よりも、
今のキザイアジョーンズさんは
もっといろんな分野に広がっているようでした。

(ギターもさらに上手くなってマス!)

Keziah Jones-Rythm is love
(live @ French TV-acoustic)
これも、実はファーストアルバムに入ってる曲デス。
ギター1本で、歌っています。最近のキザイアさんだそうです。


こういうリズムで、ギターは弾きたいですよネ~~~
ギター、本当にすんごく上手いと思います。
間の取り方とか、タメ具合とか。
身体が揺さぶられる訳です!

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ

今日もここまで読んで下さってありがとうございました!
やっとまた
音楽ブログに戻ってきたような(笑)

なんだか、3月に入ってから
マトモに音楽の話、書いてない~~~

今日の東京は少し晴れたりもしていましたが
雲が多くなってまして、これから雨の予報になってます~~


今日も、風が強くて~~ 最高気温は13.4度。


それでは、また!

2 コメント:

OTOZO さんのコメント...

心地よいですねぇ~。
タック&パティーやフライドプライドも格好いいですが、やっぱり一人で弾き歌うリズムの一体感やグルーブ感にはかないませんね。
僕も人の歌伴してるより、自分で歌ってる方が気持ちいいですから。勿論気持ちいいだけの話で、人様に聴かせられるシロモノじゃありません(笑)。もっと歌が上手かったら、自分で歌うんですけど…。
RUNAWAY、一度バンドでやってみようかなぁ。

Tackerne さんのコメント...

RUNAWAY、気に入っていただいて嬉しいです~~
ぜひぜひ!バンドでこの曲やったら凄くかっちょいいと思います。
歌詞はYou Tubeの方に載せてありますけど
すごく短い歌詞だったと(笑)
ちなみに、OTOZOさんのアコースティックの音源を聴いて
キザイアさんを思い出したのですよん(笑)

コメント、ありがとうございました!

コメントを投稿