2009年3月16日月曜日

メイシオ・グルーヴ


DVD より先に届いた、Maceo Parker のアルバムを
何度も聴いていたりしていたのですけど

知らないうちに
身体や足で、リズムとってたりしてまして(笑)

たいていは
何かしながら、聴いてることが多いのですが
(パソコンしながら、が一番多いかなあ)

足首とか、首とか、腰とか(苦笑)
疲れるんですヨ~~~~

完全に無意識なんですけど
気がつくと、揺れているので
身体がグッタリ…とかなってマス…。

(運動不足か)

あんまりにも疲れるので
(しかも今、気がついたらまた身体揺れてるし)

仕方なく
違うヒトのアルバムに変えたりしてます(苦笑)

メイシオパーカーのDVD には
メイシオさんの生い立ちにも軽く触れられていまして

メイシオさんは12歳のときにサックスを、
メルヴィンさんは11歳でドラム、
ケリスさんには12歳でトロンボーンを与えられたそうです。

(3兄弟なのね)

昼夜かまわずみんなで練習していたそうで
おかげで
近所のヒトは、夜、寝られなかったみたいで(笑)

だから、近所のヒトは、メイシオに
自分の息子が大きくなったら
パーカー家のドアの前で
思いっきりドラムを叩かせて、仕返ししてやる!…と(笑)

笑い話になってました。

でも…子供ながらも、みんな真剣だったようで
「時には、ひたすら練習しなければならなかった」…とも
言っていました。

音楽は、楽しんでばかりでは、できない…と思います。

「練習しなければならない」時期を乗り越えて
初めて楽しめる世界が、ひらけてくると
個人的には思っています。

実際、このビデオでも言っていましたが
毎日毎日、かなりの練習をしていたようです。

(初めから上手いヒトなんていないんだなあ、と
 改めて思った)

この DVD には
ファンクの本質のことを言ってる言葉が多いです。

JB's だったジョン”ジャボ ”スタークスさんは
「多くの音を演奏するなら、誰でもできる」

メルヴィンさんは
「ファンクには、演奏しない部分も必要。 その部分が大切なんだ」

ブラスバンドの少年たちは
「メイシオは、たくさん演奏しない」
「たくさん…って言うのは
 サックス奏者は、吹きたがりでサックスを吹きまくる」

(わたしも以前ブログで似たようなこと書いた記憶が)

「メイシオは、リズムの多い演奏の時でも1音だけの時がある」

少年たちが、もうこんなこと言ってるんですヨ!(笑)
その歳で、気がついてるなんて…って感じです。

これはもう、育った環境と、素養が違いすぎるんですヨ。

(だからこそ日本人はリズム、ホントに頑張らないと)

ちなみに
メイシオの地元の(だと思うんですけど)
ブラバンが、メイシオさんと競演していますが

いざ、メイシオさんが吹き出すと
やっぱりメイシオのリズムに、つられまくっていますよネ(笑)

でも、ブラバンもすごく上手いんですヨ!

そして
みんなが感じたり
言ってることは、全部同じ、なんですよネ

それから
またまた驚いたのは
メイシオバンドのメンバー、みんな歌が上手い!(笑)

歌がメインではないにも関わらず
メインボーカル並に、歌がスゴイんです~~

ホーン3人衆(ウェズリー・メイシオ・エリス)だけではなく
ベースの方も
マーヴィンゲイの曲では、歌いまくっていました。
Maceo Parker plays Marvin Gaye "Let's Get It On"


わたしはJB's をすっ飛ばして(笑)
ここ最近のメイシオさんのアルバムとか DVD を
聴いているのですが
(1990年代~2000年代)
(まだ聴いてない CD があるんですけどネ)

リズムは、ジェームスブラウンよりも
チョイゆるめな感じがしました。

ゆるくすることで、間がもっと空いて
もっともっと深いグルーヴを出してる、というか。

(なんだか知らないけど、私の身体の揺れ具合も大きい)(笑)

個人的には
ゆるくなっている理由として
歌やホーンのリズムによるところが、
大きいのではないかなあ、な~んて思ったりもしました。

それから
ギターは、完全にリズム隊として
重要な役割を果たしてました。

ギターは、このバンドには無くてはならない存在に
なってます。
キーボードもリズム、
けっこう細かく刻んでますけど
やっぱり音として、ギターがリズムを締めている…

そんな気がしました。

好みなので、良い悪いではないんですけど

個人的には
メイシオさんのグルーヴは、たまらなく好きで(笑)
バンドとしても
サックスや歌のリズムだけ取っても
本当に、たまらないのです~~~

この DVD にちょっと不満が残ったのは
いろんな人のインタビューは
曲中には、挟み込まないで欲しかったなあ…って(笑)

(曲が始まったと思ったら…インタビューに切り替わってる)

曲が終わってから、とか
始まる前に入れればいいのに、って。

編集には、ちょっと文句ありました~~

そういや、この DVD のライナー書いてる方!
1曲、1曲に、エピソードやバックグラウンドを
とても親切に書いてくれてます~~

なので、私のようにメイシオさんの
時系列やメンバー名、バックグラウンドを
知らないヒトにとっては
とっても有り難いライナーでした。

あっ… 書くの忘れてました(笑)

この DVD 「 My First name is Maceo 」というものデス~~
日本版なのに、アメリカだか、どこかからの空輸便…

なんでだろうか…(笑)
ま、安かったから、いっか~
You Tube でも動画、けっこうアップされてますヨ

当分、違うヒトのアルバム挟みながら
メイシオさんも、またループだなあ(笑)

(今も DVD 流しっぱなしデス)(笑)
(ああ~ また身体が揺れてるよ 助けてえ)

JB'S も買わないとなあ(笑)
(他で節約しなきゃ)

にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ

今日もここまで読んで下さって
本当にありがとうございました。

メイシオさんの DVD や CD 、1曲ずつ私が解説したいくらい(笑)
本当に大好きなグルーヴです。

バンドでは、メイシオさんが全て合図や指示を
アクションや音で、みんなに飛ばしてました。

ここ!…というところのギリギリで
けっこう合図を出してるので
かなり真剣な時もありますが

それに対して、のらりくらりとマイペースなのが
フレッドさん(笑)
(ホントにこの人面白い)

フレッドさんの歌の入りが、ドラムとかみ合わなくて
笑っていたり
所々で、笑って吹き出してたりしていたのがエリスさん(笑)
(笑顔がとってもイイんですヨ)

なんだか、音も性格も、
3人衆は、皆それぞれなんだなあ…な~んて(笑)

ライナー見直したら
同じ音源のものが、他にも出ているそうです~~~

(やっぱ、ちゃんと見てない)

今日の東京は、見ての通りイイ天気です~~


今日は16度超えています!春って感じですネ


綿みたいなつぼみの白い花が、咲き始めました~~


それでは、また!

0 コメント:

コメントを投稿